心の栄養をとる(1) 自分の心を元気にする時間を作る

日本に住んでいれば、まず滅多に、栄養失調で倒れたり、亡くなることはありません。

大抵の人は、3食、大体決められた時間に食べ、普段3食の人が2食になったり、2食の人が1食になったら、「お腹が空いた」と感じるものです。

ただ、そういう体を動かすエネルギーには皆、意識をしっかり向けていますが、心の栄養やエネルギーには無頓着な人も多いように感じます。

今日はそんな「心の栄養」のとりかたについて書いてみようと思います。

心の栄養をとる2つの方法

でも、体を動かすのにエネルギーがいるように、心を動かすにも栄養やエネルギーがいります。

この心の栄養は、自分で自分を好きだと思えるかどうかにも、影響してきます。

栄養を採る方法には、大きく2つあり、

1つ目は、自分や人からのポジティブな言葉などで心を満たす方法

2つ目は、自分の心を元気にしてくれることを、きちんと定期的にするという方法

だと私は思っています。

(広く2番目をとらえると、2番目のなかに1番目が入ってしまうともいえますが)

自分の心を元気にしてくれること

今日は2つ目の方法を掘り下げて考えてみたいと思います。

「自分の心を元気にしてくれること」と一言でいっても、これは人によって様々です。

私にとっては、あまり混んでいないスタバでコーヒーを飲みながら、将来のことを楽しく空想することだったり、川や海のそばに行って、水の流れをぼんやり見ていることだったり、美しい花をファインダー越しに覗いてみることだったり、好きな映画や美術を見ることだったり……します。

でも他の人にとっては、たとえばプロレスを見ることだったり、バイクで走ることだったり、友達と電話で話すことだったり、ダンスをすることだったりするかもしれません。

ですので、2番目の「心の栄養をとる」ために、まず必要なことは、「自分の栄養源を知る」ことです。

心の栄養源は、普段から意識している人にとっては、すぐに浮かぶものですが、忙しい生活の中で、「どうせ、自分の時間なんて作れないから」と思うことが続くと、すぐには分からなくなってしまいます。

心の栄養源がすぐに思い浮かばない状態になってしまったら、心の栄養が足りてないと思った方がいいでしょう。

そういう場合は、時間のあった学生時代などには、自分は何をすることが好きだったのか、改めて思い出してみてもいいかもしれません。

そして、栄養源が分かったら、それを実行することも重要です。






 

心の栄養をとることに価値を置く

つまり、心の栄養をとる手順を3つのポイントで見ると、下記のようになります。

1.心の栄養をとることに価値を置く

2.自分の栄養源を明確にする

3.定期的に、「2」の行動を計画に入れて、実行する

上記は、以前受けたコーチングの研修で教えてもらった手順です。

「2」と「3」は分かりますが、まず「1」として、「心の栄養をとることに価値を置く」とあるのが好きです。

結局、人間、「価値」をそこに置かないと、その行動に時間もお金もエネルギーも注ぎませんからね。

是非、体の栄養を考えるだけではなく、心の栄養にも意識を向け、積極的に摂取するようにしましょう。

心の栄養をとる(2)」に続く

インタビュー記事作成 プロフィール文作成キット

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)



【無料】素敵な仕事人紹介ブログからプレゼント!


4 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です