世界はあなたに優しいですか? 『星からの手紙』

世界は優しいと思えば、本当に優しい世界になる。

そんな優しい世界に住むためには、どうしたらいいのか?

そのヒントになるように

しあわせに生きるための10のステップ

という小冊子を一年半ほど前に作りました。

 

実はその頃、同じことをテーマにした小説も書いていました。

「世界は本当に優しいのか?」

色々なことにつまづき、あがきながらも、自ら明るい道を探して生きる主人公たちを書きながら、そんなテーマが伝わればいいな、と思って。

 

自分としては、かなり思い入れのある作品なのですが、残念ながら、文学賞の選考では落ちてしまいました。

それで、久しぶりに、ネット上で小説も公開してみようかなという気分になりました。

 

文学賞受賞を目指していた時期が長く、気づくと「選考委員」とか「編集者」の目ばかり気にするようになっていましたが、

自分はやっぱり「読者」と明るい光とか希望に満ちたエネルギーを交換するような体験がしたいのだ、と最近特に感じ始めました。

それを大切にするための、実験の一歩でもあります。

 

最後まで無料で読めますので、時間のある時にでも、良ければ読んでください!

 

『星からの手紙』 プロローグ

 

9月も半分を過ぎ、うだるような暑さがちょっとずつ影をひそめてきた頃、不思議な手紙が一通、僕の元に届いた。

いや、僕の元に届いたのかさえ、よく分からない。その手紙の宛先は、「東京都江戸川区葛西通2-4 みどりシャポー202様」であって、僕ではなかったから。

僕はこのアパートに越してきて2年ほどになるけれど、このような手紙を受け取るのは初めてだった。だから、この手紙は、僕宛とも、前に住んでいた人宛てとも、どちらとも言いきれなかった。

差出人の情報は何もなかった。封筒は非常にシンプルな、淡いオレンジ色の無地のもので、「東京都江戸川区葛西通2-4 みどりシャポー202様」という宛名は、パソコンで打ち出した紙を糊で貼りつけている形だ。つまり、封筒だけ見ると、あまり存在を主張しない手紙だった。

ダイレクトメールかなにかだろうかと深く考えることもせず、僕は数枚のチラシと一緒にそれを1Kの自分の家に持ち帰った。

封筒の端をハサミで切り、中に入っていた一枚の便箋を取り出して、驚いた。出てきたのは、筆で書かれた「書」みたいなものだった。乾いた文字は、一見、印刷されたようにも見えたが、封筒のなかに閉じ込められていたからか、まだ微かに墨の匂いが香った。誰かが、確かに筆を持って書いたものだと証明しているような香り。

「言葉は想いを運ぶのか。届かなかった想いはどこへ行くのか」

書かれているのは、それだけの短い言葉だった。でも、それを読み取るのに一分近く要するほど、その筆で書かれた文字は、個性的で、圧倒的なインパクトのあるものだった。習字の授業で見たお手本の文字とも、行書や草書といわれる流れるような文字とも違う。ただもう、その人にしか書けそうもない、ごつごつとした、力が込められている文字。書かれている言葉の内容より、文字が心に残る手紙は初めてだった。

「言葉は想いを運ぶのか。届かなかった想いはどこへ行くのか」という文字が便箋からふわりと浮き出て、その文字自体が声を出して、言葉を伝えてくるかのようなインパクト。映画では、絵に描かれた龍がリアルに飛び出てきたりするけれど、そんなふうに、ただの記号でしかない文字が、意味のある形として目の前に現れそうだった。

言葉の最後には、筆で書かれた「★」のマークがあった。ちょっと歪んだ、これまた個性あふれる「★」のマーク。これは「星」を意味していることに間違いないだろう。僕は「星野」「星川」「鈴木星」……と、星がつく名前の知り合いを頭に浮かべてみた。誰もそう親しい人ではなく、2年前に越してきたこのアパートの住所を知っているはずはなかった。

書かれている内容は、取り方によってはラブレターのように思えなくもない。でも、「~のか」という言葉の選び方も、ごつごつとした書体も、女性のものとは思えない。

そのせいかもしれない。この手紙は、そのあと何度も届くようになるのだけれど、一通目のときには、「何かの間違いかな」「そんなことも長く生きていれば、あるものなのかもな」程度の気持ちで、一体誰が、どんな意図でこんな手紙を送ってきたのか、深刻に考えることもなかった。

 

続きは……

「エブリスタ」というサイトで続きが読めます。

→ https://estar.jp/novels/25487982

良ければ、読んでいただけると嬉しいです。

感想やコメントを頂けると、さらに喜びます!(笑)

※感想は、エブリスタのコメントか、こちらのブログの「お問合せ」からどうぞ。

★プレゼント中!★
このブログのエッセンスをぎゅっと凝縮した
「しあわせに生き、しあわせに働くための 10のステップ」プレゼント中!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

ライター・小説家
東京出身・千葉県市川市在住
早稲田大学第一文学部卒

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

★小説家としては「九州さが大衆文学賞」「坊っちゃん文学賞(佳作)」などの受賞歴、佐賀新聞連載・小説NON掲載などの実績があります。

★ライターとしては、社会保険労務士の知識を活かした記事、書籍執筆の他、企業のメルマガ・サイトの文章執筆、インタビュー記事作成などをしています。

>> 詳しいプロフィール
>> 「しあわせに生き、しあわせに働くための10のステップ」プレゼント中!
>> 無料で読める小説『星からの手紙』はこちら