お花見と心地よい場所のこと

最近、ブログの更新が滞っております……。

滞ると、「なんかいいこと書かないと」というプレッシャーで、さらに滞ります(笑)

なので、今後はもっと、軽いエッセイ的な感覚で、身近なことなども、気軽に書いていこうかと。

で、土曜日にした「お花見」の話。

まだソメイヨシノは、「まったく」と言っていいほど咲いていませんでしたし、最高気温11度という予報で、どうなることかと思いましたが、日差しは温かく、大好きなメンバーとのお花見、とても楽しめました!

 

ファンの集い?

今回は30人ほどの大所帯での花見でしたが、この花見、どんなメンバーの集まりなのかというと、森沢明夫さんという小説家のファンの集いです。

ただ、本気で小説に惚れ込んで、本人のブログを読んで、地方からはるばる来られた方もいれば、友人に誘われて来たら、なんとなく居心地が良くて、「実はあまり森沢さんの本は読んでいないんだけれど……」と内心思いながら来ている人もいる、という不思議な会。

もう10年ほど前に始まり、基本的には年末、たまにスピンオフ的に(?)花見もするという感じの集まりで、通称「もりちゃんを囲む会」。

始まった当初は、森沢さんもまだ初めての小説を出してすぐくらいで、みんなも気軽に「もりちゃん」と読んでいましたが、今では様々な本が続々映画化される「大先生」です。

でも、森沢さんは変わらないし(冗談で「もりちゃん」でも「先生」でもなくて「大先生」だから」と言われたりはしていますが)、集まるメンバーも、ちょっと遠ざかってしまう人がいたり、新しく来る人がいたり、久しぶりに再訪してくれる人がいたり、メンバーは微妙に入れ替わりながらも、ほのぼのムードは変わらないところが、素敵です(森沢さんの人柄が素敵な人を引き寄せている!)

私は基本、人見知りで、人と仲良くなるまでに時間がかかるのですが、10年間、稀に欠席しつつも、通い続けているうちに、他の常連仲間とは、気兼ねなく話せるようになり、気づくと新しく来た人に声を掛け、フォローするような立場になっていました(ま、大したフォローなんてできませんけどね)。

世の中には、「一発で相手の心をつかむ」という感じの本や、名刺交換の極意や、計算して人に好意を持ってもらう手法を説く人もいますが、心地よい人間関係や、心地よい居場所は、そんなことで手に入るものなのかな……などと思います。

人見知りは、ゆっくり「友達」や、「居心地のいい場所」を作っていかれればいいかと。

その方が、長続きするように思います。

ただ、人の心もうつろい、環境も変わるもの。「続ける」ことにもこだわりを持ちすぎず、あくまで、心地よく、お互いがお互いのプラスになれるあいだ、その人とつきあっていく、という心の柔らかさも大切かな、と。

そして今回、思ったこと。

素敵な仲間の存在を感じられると、
「素敵な仲間がいる」→「私もそのなかに入れている」→「私も素敵な人間にちょっとはなれているかも」と思えるな、と。

昔、高校時代の先生が、「自分が良い友達に恵まれているのは、自分がいい人間だからだなどとはうぬぼれないように」というようなことを話していたことがありましたが、でも、そうたまにはうぬぼれ、でも、たまには、「そうじゃないかも」と身を引き締め……いいバランスでいきたいと思います。

★プレゼント中!★
今、メルマガ登録頂いた方に、
「しあわせに生き、しあわせに働くための 10のステップ」プレゼント中!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
ライター・作家

東京出身・千葉県市川市在住

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

文章を書くのが仕事であり、趣味。純粋な趣味として、花や風景の写真を撮っています。

写真と「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」になる文章を合わせた本を来年あたり出版したいと思っています。

小説も書いています。文学賞受賞歴も多数あります。

>> 詳しいプロフィール
>> 遊部香のインタビューを受けたい方はこちら
>> 「しあわせに生き、しあわせに働くための10のステップ」プレゼント!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です