新年の目標の立て方 目標には2種類あることを意識する

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします!

このブログの今年の抱負は、「去年よりもっと更新すること」と、前回の記事(プロブロガーに学ぶ ブログをマメに長く書き続ける12の方法」にも書いたのですが、それプラス、今年も平均週1人くらいの「素敵な仕事人インタビュー」をしていきたいな、と思っています。

つまり、50人くらいにインタビューして、今年の終わりには75人くらいの記事ができていたらいいな、と。

あなたももう、今年の目標を立てましたか?

自分の力だけで達成できる目標とそうでない目標

私は毎年、今年の目標を立てるのですが、以前は「○○文学賞受賞」などが主な目標でした。

でも、そういう目標のほとんどは達成できませんでした。

で、目標を立てても、なかなか達成できるものじゃないな……なんて思っていたのですが、最近になってようやく、自分の間違いに気づきました。

私が過去に立てていた目標というのは、ほとんど「自分の力だけで達成できないもの」だったから、達成できなかったのだ、と。

でも、目標の中には、自分の頑張りだけで達成できるものもたくさんあるのです。

たとえば……

自分の力だけで達成できる目標

  • 1年に原稿用紙100枚程度の小説を10作書く
  • ブログの記事を1年で356以上書く
  • 毎月1回は自分で集客してセミナーやイベントを開催する
  • 毎月100キロ走る
  • 毎月部下全員と面談の時間を30分以上作る
  • 毎月既存のお客さん3社以上に新しいサービスの提案をする
  • 毎週配偶者に1回は「いつもありがとう」と伝える

などなど、公私とも、いろいろ考えられます。

ただ逆に、努力+外部要因が必要な目標もあるんですよね。つまり、自分がどう頑張っても、結果は自分以外のものにゆだねるしかないようなもの。

自分の努力だけでは達成できない目標

  • ○○文学賞を受賞する
  • ブログの1か月のアクセスを1万PV以上にする
  • 自主開催するイベントに毎回50人以上集客する
  • ハーフマラソンに出場して、上位10%以内に入る
  • 部署の業績を昨年比10%増しにする
  • 新規案件を毎月3件以上獲得する
  • 毎月配偶者から感謝の言葉をもらう

後者の目標が悪いわけではありませんが、自分の力だけで達成できない目標ばかりだと、「どうせ頑張っても、無理だから」というあきらめモードに陥ってしまうこともあります。

自分ができることをコツコツやっていたら、結果はプレゼントされる

目標の立て方それで最近の私が思うのは、「自分ができることをコツコツやっていたら、結果はプレゼントのようにやってくる。(だから、気にしすぎなくていい)」ということ。

素敵な仕事人インタビューをしていって去年、自分がたどり着いた結論の一つが……

目の前の1つ1つのこと、目の前にいる一人一人のことを考え、日々コツコツ努力を積み重ねていったら、道は勝手に拓ける

ということでした。

だから、今年の私は、今までみたいに「○○文学賞を獲る」とか「本を出版する」とか、そんな目標はひとつも立てませんでした。

立てたのはただ、素敵な仕事人50人にインタビューするとか、週1冊は本を読むとか、1キロ6分ペースで走れるように練習するとか、そんなこと。

「道は勝手に拓ける」といっても、コツコツ努力するための具体的な目標が全然ないと、それはそれでたるんでしまってダメだと思うので、これが自分がたどり着いた、「良い目標の立て方」でした。

まとめ

ということで……遊部香がお勧めする目標の立て方

  • 自分の努力だけで達成できる(できるだけ数値化できる)目標を立てる
  • それをコツコツ頑張っていれば、結果はついてくると信じ、結果を追いかけすぎない

目標の立て方は人それぞれだと思いますが、参考になれば、嬉しいです。

ということで、今年は去年よりも多く、年150記事ほどを目標に更新していこうと思っています。

今年もよろしくお願いします。

あなたにとっても、この1年が素敵な年になりますように♪

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表・起業家支援ライター

仕事では主に、起業して間もない人、これから起業しようと思っている人に対する文章支援を行っています。「ライターが作るホームページ」サービスも人気です。

>> 詳しいプロフィールはこちら


【無料】素敵な仕事人紹介ブログからプレゼント!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です