遊部香プロフィール

プロフィール

遊部 香(あそべ かおり)

1975年東京生まれ。千葉県市川市在住。
1998年早稲田大学第一文学部文芸専修卒。

学習塾勤務、開業社労士、人事コンサル会社勤務を経て、今に至る。

現在は、企業のメルマガを書くなどのライター活動もしながら、小説を書いている。

◇2015年、学業だけではない生きることに大切なことを後の世代に伝える活動として、この「しあわせに生き、しあわせに働くヒント集」を開始。

最初は「自分らしさで社会とつながる素敵な仕事人」にインタビューし、「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらっていたが、2017年8月に「しあわせに生きるために本当に必要な答えは自分の内にある」と気づき、ブログの方向性を大きく変える。

◇同時期に、エイブラハムの『引き寄せの法則』とも出会い直し、それが自分の価値観・生き方を大きく変えるきっかけになる。

行動量を減らし、自分と向き合うことを重視した結果、改めて、自分にとって小説を書くことが重要だと気づき、2018年秋から、小説一本で食べていくことを目標に生活を組みなおす。

結局、「内側(心の状態、意識)」が「外側(自分が体験する現実)」に反映されるだけでしかないという信念のもと、今はどれだけ心を整え、良いエネルギーが載った作品を作れるか、そこに集中している。

※ブログは本当に書きたいと思ったときにしか書かないので、更新頻度低いですが、それでも良ければ、たまに覗いてください。

 

ライター系執筆実績

・サービス・商品宣伝文100種類以上
・起業家インタビュー60人以上
・メルマガ5社・1000通以上
・携わったサイト案件(新規・リニューアル含め)20サイト
・士業やカウンセラーを中心にした多くの起業家のプロフィール文作成
・「リストラ・解雇・倒産に備える裏表防衛マニュアル」(日本実業出版社・共著)
・産経新聞「知っ得! 年金・健保・仕事」コーナーで複数回執筆。
・「月刊総務」「会社の知恵袋」などでも複数回執筆。
・WEBサイト「人事Gate」に「遊部香の職場のコミュニケーション術」を連載(51回)

 

小説関連実績

★受賞歴★

◇「九州さが大衆文学賞」大賞(本の購入はこちら
◇「坊ちゃん文学賞」佳作(本の購入はこちら
◇「さいたま市スポーツ文学賞」大賞(「帰郷」 本の購入はこちら
◇「伊豆文学賞」佳作(「彫り目」 本の購入はこちら

 

公開中の小説

★小説投稿サイトで読める作品★ ※画像クリックでサイトに飛びます

【小説すばる新人賞一次選考通過作品】
「祈りの島」

~沖縄の島を舞台に、3つの祭りの季節に生まれた3つの物語~

瑠璃は大学時代、夏休み限定のアルバイトとして沖縄の離島のホテルで働きはじめる。

そこで、32歳の若さでホテルのオーナーをしている宮内さん、元プロサーファーというマリンショップの店長・当間さん、東京での引きこもり状態から当間さんの元に急に現れ“置いてください”と頼んだ色白の信恩寺さんなど、たくさんの個性的な人たちと出会う。

失恋の傷から、人との距離のとりかたが分からなくなっていた瑠璃は、もう一度、人ときちんと向き合っていこうと思う。

「エイサー」「ハーリー」「結願祭」という3つの祭りの季節を舞台に生まれた、瑠璃の出会った3つの物語。

「星からの手紙」

~もしかしたら世界は、僕たちが思っているよりも優しいのかもしれない~

社会人6年目の智之の元に、ある日、不思議な手紙が届き始める。毎回、違った封筒と便箋で、なかには「短歌か!」と突っ込みたくなるような短い言葉だけが、墨と筆を使った個性的な文字で書かれている。差出人名はなく、短い言葉の最後には、「★」マークが記されていた。

【オール読物一次選考通過作品】
「白鳥」

~あの人はなぜ、私の元からいなくなってしまったのだろう~

咲は、ふらりと立ち寄ったギャラリーで翔に出会う。フィルムのカメラにこだわり、自分で現像までする翔の写真には、誠実さと丁寧さがあり、咲は惹きつけられ、作品を買う。それと同時に、大学時代、同じサークルにいた湊の存在を思い出す。

翔と同じように誠実に写真に向き合いながらも、「写真家になる」という野望で自らの目指す方向を見失い、唐突に咲の目の前から消えた湊。咲は翔に近づくことで、あの頃の湊の気持ちにも近づけるような気がする。

【すばる文学賞2次選考通過作】
「透過光」

~窓に貼りつけられた蝶は、美しいけれど、死んでいた~

介護用品の販売営業をしている僕と、お客さんとして出会った少し年上の女性とのねじれた物語。

あなたは僕に嘘をついていませんか?

 

★Kindleで読める作品★

下記2作が収録されています。

【「坊っちゃん文学賞」佳作】
「星々」

大学の修士課程で天文学の研究をしている内気な性格の慧は、研究室の先輩から、慧に似た人をウィンドサーフィンの雑誌で見たと言われる。

慧は双子で産まれたものの、弟は一歳で亡くなったと親には言われている。それでも、よく見る夢から、弟は生きているのではないかと感じている慧は、真実を知るために、行動を起こす。

【「ちよだ文学賞」最終選考作品】
「さくらの季節」

国家公務員として、「まっとうな」人生を送っている遠藤は、地方裁判所の前で、カメラを構えて取材をする映画サークルの元同期・吉田と再会する。

裁判を追い、ドキュメンタリーを作っていたのは、サークル同期のなかで唯一成功し、プロの映画監督になっている如月のはずだった。

なぜ今、吉田が裁判を追っているのか? もう一人の同期、愛里香が大学時代、フェスティバルに出品する予定のフィルムを自ら切り刻んだのはどうしてだったのか? すべての謎が解けたとき、遠藤の止まっていた時間が動き出す。

 

★選考委員の先生から頂いた言葉★

この作者は小説、特に短編の書き方を知っていると感じた。起承転結があり、人が描かれている。小説としてシンプルで、メッセージがある。
(北方 謙三 先生)

小説を書き慣れた人だと思う。
瑕瑾がなく、後味よく、さわやかな印象だ。
(森村 誠一 先生)

『星々』は、天文学の研究をしている大学生とプロウィンドサーファーという分かれて育った双子のDNAを問題にしたお話です。
星の世界の軽やかさとサーフィンの横へ滑っていく感じが交差しながら、大変きれいにまとめられた作品でした。
(中沢 新一 先生)

なかに出てくる彫刻論に知的な追及力を感じ、面白かった。
(三木 卓 先生)

サッカー仲間の友情を扱っていて、すがすがしい印象を与えてくれる。秋田県を舞台にしているが、自然に郷土への愛情も漂っていて、応募作諸篇を通じて、選考委員の満票を得ている。
(伊藤 佳一 先生)

 

それ以外の情報(趣味など)

  • 旦那と、2014年4月生まれの男の子の3人家族
  • 趣味は写真。特にマクロレンズで季節の花の写真を撮ること(このサイトの花の写真は、自分で撮影したもの)
  • 2015年、40歳になってから、ランニングの面白さに目覚める (ただまだ最高で10キロしか走れない)
  • 好きな小説家はたくさんいるけれど、「この人の作品はいつもいいな」と思えるのは、吉田修一さんと角田光代さん。エンターテイメントの要素もありながら、しっかり「文学」を感じられるテイストが好き。道尾秀介さん、伊坂幸太郎さん、本多孝好さん、窪美澄さんなどもよく読んでいる。

 

ブログの更新情報はfacebookページとtwitterで、趣味の花・風景の写真&ミニエッセイはInstagramで主に発信していますので、良ければつながってください♪