ブログ執筆の想い

「素敵な仕事人紹介ブログ」執筆の想い

このブログは「自分らしさで社会とつながる“素敵な仕事人”から、しあわせに生き、しあわせに働くヒントをもらおう」というコンセプトで運営しています。

紆余曲折あった半生

私自身のプロフィールは、格好良くまとめると、「プロフィール」ページのようになりますが、実際は紆余曲折ありまくりの、つまづきが多い人生でした。

  • 子どものころから文章を書くのが好きだったが、文章を書くことが仕事になるとは思えず、新卒では学習塾を運営する会社に入社
  • 長く続けられる仕事がしたいと退職し、職業訓練校へ(WEBデザイン)
  • WEBの就職先が見つからず、結婚して、専業主婦に
  • 知り合いのWEBだけ細々と作るが、事業と呼べるものでは到底ない(でも個人事業主のWEBを作る中で、「個人事業主として働く」という選択肢が見えたのは大きかった)
  • 子がいない専業主婦の暇さに耐えられず、家でZ会の通信添削→近くの個別指導塾でアルバイト
  • このまま「主婦という隠れ蓑をかぶった“フリーター”」状態ではいけないと、一念発起して、社会保険労使資格を取得
  • 開業するも、お客さんが獲れず……
  • 開業塾を運営している会社の社長に「暇だったら、うちで修行しないか?」と誘われる
  • 社労士の修行をしに行ったはずが、なぜかセミナーの告知文やメルマガ執筆に才能を見出される
  • その会社で「文章の書ける人間」の存在は重宝され、1年間の修行のはずが、気づくと正社員になっている
  • やっていた仕事の半分くらいを「業務委託」の形でもらい、ライターとしてフリーになる
  • その後、妊娠・出産。大変な育児期間に、自分のペースで働ける幸せをかみしめる

簡単にまとめても、こんな感じ……。

そこから分かったこと

こんな紆余曲折あった、人から見たら「失敗だらけ」かもしれない人生を送ってきて分かったのは、

  • 自分が「これが世界」と思っている世界は、ものすごく狭い。本当の世界はもっともっと広い
  • 独立する、起業するというのは、一部の人の特権的な働き方ではなく、すべての人の人生を広げられる可能性がある生き方である
  • 履歴書だけ見たら、絶対に落とされてしまうような経歴であっても、就職できるルートもある
    (私が2度目に正社員になったのは、前の会社を辞めてから6年以上ブランクを空けてからだった)
  • 好きなことが仕事になると思っていなくても、やり続けていると、そのスキルに価値を見出してくれる人と出会えることもある

→つまり、「〇〇したら、もうおしまいだ」なんて、人生、そう簡単におしまいにはならない。

ということでした。
私は自分のインタビュー記事のタイトルも「見えている選択肢の数が人生の質を左右する。だから多くの可能性を伝えたい」としていますが、私がこのブログで様々な人のインタビューを紹介している核には、この想いがあります。

世の中は可能性の宝庫

本当に、世の中にはたくさんの可能性があります。
でも、「他にも可能性があるかも」と思えないと、近くにある可能性にも気づけないのです。

そして、「この会社を辞めたら、もう終わりだ」と、うつになっても、最悪過労死しても、ひとつの会社にしがみついてしまう……。

起業してやっていくのが簡単だとは言いません。独立したら、社員の方が楽だったと思うこともいっぱいあります。

でも、その大変さを分かっている人は、もし起業に失敗して、次の就職先を探すことになっても、経営者の大変さが分かり、「普通の社員」とは別次元に立てるはずです。

可能性は1つではないし、2つでも3つでもなく、もっともっとあります。

そんなことに気づいてもらえるブログになったら、と思っています。

あなたの心が弱ったとき、日々の生活の大変さに視野が狭まったとき、希望や勇気を少しでも与えられるブログになったらいいな、と思います。

★素敵な仕事人インタビュー一覧はこちら↓↓

素敵な仕事人の定義と一覧

★起業に向けた小さな一歩を模索している人へのサービスも行っています。↓↓

起業支援執筆コース

【無料】素敵な仕事人紹介ブログからプレゼント!