弱いところは鍛えようとすると逆にリバウンドがくる

昨日、「弱みは強み」という記事を書きました。

これは自分の欠点や短所も考え方によっては、自分の人生にプラスに働くという性格や経歴など「内面的」なことについてでした。

今日は、その話を今度は、体の話に広げてみたいと思います。

 

弱いところは鍛えるのではなく……

先日、詩人の谷川俊太郎さんと厚生労働省認定ヘルスケア・トレーナーであり、産業カウンセラーの加藤俊郎さんの対談本「呼吸の本」なるものを買ってしまいました。

「2」まで出ていて、「1」は2010年に発売されたもののようです。

丹田を鍛える呼吸法などをCDつきで解説してくれている本で、この中身についてはまた、書いていきたいと思っていますが、このなかの加藤さんの言葉が一つ、気に入ったのでご紹介したいと思います。

それは、肛門についての話なのですが、肛門というのは、人間の体の中でも弱い部分なのだそうです。

でも、「肛門は生命力の要。丹田はエネルギーの出入りする場所。丹田と肛門は兄弟です」と書かれているように、とても大切な場所です。

そう言われると、「弱いなら、鍛えないと」と思ってしまいがちですが、加藤さんはこう言われています。

弱いところをきたえたらリバウンドがくるよ。
弱いところは休ませることが大切です。
生き方の参考になります。

なるほど。

この考え方は普通の考え方と違っていて、一瞬「え?」と思いますが、よく考えると、しごくまっとうなようにも感じます。

他の本にもこんな言葉がありました。

「自分を貴重品のように扱えば、自分は強くなる」

自分を厳しい環境において鍛えることよりも、自分自身を大切にすることの方が、自分を強くさせられるということだそうです。

逆接的に聞こえるかもしれませんが、実はこちらの考え方の方が正しいのかもしれない、と最近は思います。

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表・起業家支援ライター

仕事では主に、起業して間もない人、これから起業しようと思っている人に対する文章支援を行っています。「ライターが作るホームページ」サービスも人気です。

>> 詳しいプロフィールはこちら


【無料】素敵な仕事人紹介ブログからプレゼント!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です