弱いところは鍛えようとすると逆にリバウンドがくる

昨日、「弱みは強み」という記事を書きました。

これは自分の欠点や短所も考え方によっては、自分の人生にプラスに働くという性格や経歴など「内面的」なことについてでした。

今日は、その話を今度は、体の話に広げてみたいと思います。

弱いところは鍛えるのではなく……

先日、詩人の谷川俊太郎さんと厚生労働省認定ヘルスケア・トレーナーであり、産業カウンセラーの加藤俊郎さんの対談本「呼吸の本」を買いました。

「2」まで出ていて、「1」は2010年に発売されたもののようです。

丹田を鍛える呼吸法などをCDつきで解説してくれている本で、このなかの加藤さんの言葉が一つ、気に入ったのでご紹介したいと思います。

それは、肛門についての話なのですが、肛門というのは、人間の体の中でも弱い部分なのだそうです。

でも、「肛門は生命力の要。丹田はエネルギーの出入りする場所。丹田と肛門は兄弟です」と書かれているように、とても大切な場所です。

そう言われると、「弱いなら、鍛えないと」と思ってしまいがちですが、加藤さんはこう言われています。

弱いところをきたえたらリバウンドがくるよ。
弱いところは休ませることが大切です。
生き方の参考になります。

なるほど。

この考え方は普通の考え方と違っていて、一瞬「え?」と思いますが、よく考えると、しごくまっとうなようにも感じます。

他の本にもこんな言葉がありました。

「自分を貴重品のように扱えば、自分は強くなる」

自分を厳しい環境において鍛えることよりも、自分自身を大切にすることの方が、自分を強くさせられるということだそうです。

逆接的に聞こえるかもしれませんが、実はこちらの考え方の方が正しいのかもしれない、と最近は思います。

★プレゼント中!★
このブログのエッセンスをぎゅっと凝縮した
「しあわせに生き、しあわせに働くための 10のステップ」プレゼント中!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

ライター・小説家
東京生まれ。千葉県市川市在住
早稲田大学第一文学部文芸専修卒

「九州さが大衆文学賞」大賞(小説「NON」に掲載。佐賀新聞に連載)・「坊っちゃん文学賞」佳作・「さいたま市スポーツ文学賞」大賞・「伊豆文学賞」佳作など

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

>> 詳しいプロフィール