街を作るのは建物ではなく、人の交流:なかなか小町オーナー 横川貞夫さん

今日は素敵な仕事人として、横川貞夫さんをご紹介します。

横川さんは、私も住む妙典(千葉県市川市。東京メトロ東西線)に広い土地を所有されている方なのですが、その土地を活用して収益をあげるだけでなく、「街づくり」を意識して仕事をされています。

その活動は、市川市からも評価され、2007年と2015年に市川市景観賞をもらったほど。

建物を建てるだけでは、街にはならない。街になるためには、挨拶から始まる人との交流が必要。

という信念をお持ちの横川さんの活動は、ぶれず、一貫していて、格好いいものでした。

私を含め、「活用できるような土地なんてないよ……」という人が読者の大部分かとは思いますが、土地を持っていない人間であっても、横川さんから学べることはたくさんあるはずです。

是非、インタビュー、お読みいただけたら。

続きを読む

良いプロフィール文を作る3つのメリット

文章の書き方についての記事を過去に4つほど書きましたが、これからは私が仕事で力を入れている「プロフィール文の書き方」についての記事も少しずつ増やしていこうかと思っています。

で、初めにプロフィール文の書き方の基礎的な内容を書こうかとも思ったのですが(プロフィール文には定型があって、自己紹介文とは違うよ、みたいなこと)、それは次に譲って、まずは、「なんでプロフィール文を書く必要があるのか?」について、じっくり考えたいと思います。

その目的が明確になっているかどうかで、作るプロフィール文の質が変わりますので。

※私がこのブログで書く「プロフィール文」は、ビジネス用のものです。

続きを読む

できないというのは思い込み。できると決めて、1つずつやるだけ:人生丸ごと応援家 土井義広さん

今日は素敵な仕事人として、なんちゃって行政書士であり、本人いわく「人生丸ごと応援家」「雑談コンサルタント」である土井義広さんを紹介します。

土井さんは、多数の素敵な仕事人を紹介してくれているカウンセラー・さわとんや前回の素敵な仕事人・小松紗矢香さんのメンター的な存在であり、そろそろ還暦の人生の大先輩です。

でも、気軽に「どいちゃんって呼んでね。かおりんって呼ぶから」と言ってくれたので、遠慮なく、記事でも「どいちゃん」と書かせてもらいます。

今まで、行政書士としても、「人生丸ごと応援家」「雑談コンサルタント」としても、多くの起業家を支援してきた、どいちゃんの話からは、仕事で「成功」するヒントが満載でした。

是非、インタビュー、お読みください!

続きを読む

想いがあれば、誰でも起業できる。大切なのは「豊かさ」を循環させること:ライフコーチ 小松紗矢香さん

今日は素敵な仕事人として、株式会社ぷれしゃすらいふ代表でライフコーチの小松紗矢香さんをご紹介します。

紗矢香さんは、会社を辞めて独立してからはまだ2年ほどですが、会社員の頃からドリームプランプレゼンテーション(ドリプラ)に出場したり、多くのセミナーを主催したりして、「デス・エデュケーション(終わりを意識して生きることを学ぶ)」を広める活動をされていました。

今も、「どう生き、どう死ぬか」をしっかりと見つめ、その人らしい人生を生きられる人が増えたらという想いで、女性の起業支援や、コーチングをされています。

紗矢香さんのお話からは、働くことを含めた生き方について、非常に考えさせられました。

インタビュー、是非、お読みいただけたら!

続きを読む

悲しみや怒りなど「ネガティブな感情」から抜け出す方法5選

どんなに明るい人でも、「悲しい」「悔しい」「腹が立つ」「つらい」「不安だ」など、ネガティブな感情も持っています。

ただ人によって、感情の振り幅は違いますし、感情との付き合い方も違います。

男性より女性の方が「不安」などは感じやすいそうですし、気質として、どうしようもない部分もあります。

ただ、感情との「付き合い方」は、年齢を重ねるごとに上手になっていくのではないかな、と思います。経験による部分もありますし、感情との付き合い方について色々なヒントを外から得ていくこともできますから。

私も多くの本に、感情との上手な付き合い方を教えてもらってきた気がします。

この記事は、まだまだ感情との付き合い方が下手だな、と思う方のヒントになればと考え、書いてみました。

マイナスの感情に支配されて、動けないのなら、それはマイナス感情の奴隷になってしまっているということですからね。抜け出しましょう!

続きを読む