本当に正しいことを教えてくれる「自分の体と心の声」を聴く

昨日は、インプットを敢えて減らしてみるということを書きましたが、外から入ってくる情報を減らすことは、自分の思考力を鍛えるためになるだけではなく、自分の体や心の声を聴くのにも役立ちます。

瞑想というのも、外からの情報をシャットアウトすることで、自分の内面を見つめる行為ですが、瞑想までいかなくても、外からの情報を減らすことで、自分の内面に心は向かいやすくなります。

 

女性の方が長生きする理由

一般的に、男性より女性の方が長生きしますが、その理由として、こんなことを言う人がいました。

料理をするのは女性の方が多い。そして、料理をする人は、自分が今、食べたいものを選ぶことが多い。今、食べたいものというのは、体が欲しているものだから、そういう体が欲しているものをタイムリーに体に入れられる女性の方が長生きするのだ。

それだけが理由ではないと思いますが、私はこの説に深く納得しました。

一番いい食事とは?

食事については、本当に色々な本が出ています。

そのため、朝食を食べた方がいいという人がいるかと思えば、食べないほうがいいという人もいる。炭水化物は減らした方がいいという人がいれば、炭水化物も重要だという人もいる。……といった感じで、いったい誰のどの考え方を信じていいのか、分かりません。

でもそんななかで、私はひとつ、「これはいいな」と思える考え方に出会いました。それは、

「食べてから30分ほど経って、自分の体にエネルギーが湧いてくる気がしたら、それはあなたにとって良い食べ物です」

という言葉。

人によって必要な物は違いますし、状況によっても違います。
自分に必要な物は、人ではなく、自分の体が教えてくれるわけです。

本当に正しいことは、自分の心と体の声が教えてくれる

そんなふうに、本当は自分の体や心が一番正しいことを教えてくれているのに、周りの人の意見を聞きすぎているために、自分の体や心の声が聞こえなくなってしまっているということも、実は多いものです。

私は多分、日本人の平均よりも本を読む方ですし、本の情報を結構信じてしまう方ですが、やっぱりたまには外部の情報をシャットアウトして、自分と向き合うことも、心と体の健康には大切だなと感じます。

是非、外からの刺激をシャットアウトする時間や、できるだけ外からの刺激から遠ざかる日などを作ってみてはいかがでしょうか。

★プレゼント中!★
このブログのエッセンスをぎゅっと凝縮した
「しあわせに生き、しあわせに働くための 10のステップ」プレゼント中!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
ライター・小説家

東京出身・千葉県市川市在住
早稲田大学第一文学部卒

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

★小説家としては「九州さが大衆文学賞」「坊っちゃん文学賞(佳作)」などの受賞歴、佐賀新聞連載・小説NON掲載などの実績があります。

★ライターとしては、社会保険労務士の知識を活かし、産経新聞や人事系雑誌に執筆、共著出版などの実績があります。

>> 詳しいプロフィール
>> 「しあわせに生き、しあわせに働くための10のステップ」プレゼント中!



1 個のコメント