嫉妬をもっと有効活用しよう

 

人に嫉妬するとか、人と比べて「自分は……」と落ち込むとか、そんな経験は誰にでもあるはず。

そして、嫉妬とか、そういう自己卑下の感情は心地よくないから、そこから逃げたくなる。

で、そういう感情を掻き立てる人から離れたり、そういう人のSNSのフォローを外したり、そんなこともしがち。

 

ただ最近、思ったんだよね。

嫉妬するって、「自分だって」と心の奥では思っているからするんだって。

明らかに別格と認めている人には嫉妬の感情なんて湧かないし、「それと比べて自分は……」なんて思わない。

つまり、嫉妬の感情が湧くっていうことは、自分も同じことができるし、同じものを手に入れられる範疇(はんちゅう)にいるということ。本当は。

 

私は20代後半の頃、オンラインの小説サークルみたいなものに入っていた。

そのなかの一人が、地方の文学賞をバンバン獲っているような人で、その人の作品をすごいとは認めながらも、「なんでこの人だけ」と、心の中で思っていた。

その想いは、次第に「この人にできるなら、私にだって」に変わっていった。

で、変わると、『引き寄せの法則』じゃないけど、自分の内側の思考が現実化するわけで、実際に自分も獲れるようになった。

 

この頃は、そういう意識のからくりに気づいていなかったから、他の誰かが自分より先にプロデビューするんじゃないかと恐れていた。

でも、今になって思うのは、同じサークルの上手かった人たちが次々デビューを決めていたら、私もその流れに乗って、多分すんなりプロになっていたんじゃないかな、ということ。

「自分だってできる」と一度思えちゃえば、結構、なんでもできちゃうのが人生。

 

ちょっとわき道に逸れたけど、人に嫉妬したり、「なんでこの人だけこんなに恵まれているの?」みたいに思うときは、その気持ちを大事にしたほうがいい。そんな気持ちにさせてくれる相手の存在も。

自分の感情、思考さえうまくコントロールできれば、その「羨ましい。きーっ」みたいな感情は、「よっしゃ、私だって!」になる。

そして、一度そう思えちゃえば、時間差はあったとしても、必ず叶うよ。

 

ま、心がすごい疲れているときは、自分の心をざわめかせる人の投稿なんて読まなくていいし、そういう人の話も聞かなくていい。

でも、未来を変えたい!という元気があるとき、この話をちょっと思い出してみてくれたりしたら、嬉しいな。

 

★プレゼント中!★
このブログのエッセンスをぎゅっと凝縮した
「しあわせに生き、しあわせに働くための 10のステップ」プレゼント中!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

ライター・小説家
東京生まれ。千葉県市川市在住
早稲田大学第一文学部文芸専修卒

「九州さが大衆文学賞」大賞(小説「NON」に掲載。佐賀新聞に連載)・「坊っちゃん文学賞」佳作・「さいたま市スポーツ文学賞」大賞・「伊豆文学賞」佳作など

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

>> 詳しいプロフィール