富士山に登ると、人生変わりますか?

日曜日、台風一過のあと、久しぶりの仲間と飲み会。

そのメンバーのなかに最近初めて富士山に登った人がいて、しばらくは

「富士山に登るのはどれくらい大変か?」

という話題で持ちきりに。

結論から言うと、富士山に登るのはかなり大変らしい(ま、皆さんお分かりのことかと思いますが(笑))。

ただ、やっぱり大変な分、達成感が違うとのこと。

「登るなら、一歳でも若い方がいいと思った」

ということなので

(でもその人、57歳で、普段から登山をしているわけでもないのに、すごい! 「週3回ジムで鍛えているから、体力に自信はある方」だそうだけど)、

登りたい方は、是非、おはやめに!(笑)

 

で、そんな話をしていたときに、一緒のテーブルにいた女性がしきりに、

「富士山に登ると、人生が変わるって言うけど、本当ですか?」

と聞いていた。

 

結構切実な口調だったから、かなり深刻に人生を変えたいのだろう。

 

でも、その質問を聞いていて思ったんだけど……

人生を変えるのは、「何をするか」という行動じゃないんだよね。

その前に「意識」というか「考え方」を変えないと、人生は変わらない。

 

ま、「体験」は「意識」を変える。

たとえば、大きな災害に遭ったり、大きな病気になって、自分の人生を見つめなおした結果、

「あ、今までの自分の価値観は間違っていた」

と気づくこともある。

 

だから、富士山に登ることが、意識を変えないとは言えないんだけど

(そもそも私は登ったことがないから、偉そうなこと言える立場じゃないしね(^^;))

でも、切実に「人生を変えたい」と思っていて、

そのために「しんどい思いをしてでも、富士山に登りたい」と思っているんだったら、

それは「欠如感」から生まれた行動だから、何もプラスのものは産まないんじゃないかな、

なんて思っちゃった。

 

人生を変えるには、

もっと手軽に、日常でできることがある。

 

それは結局「視点」を変えること。

マイナスじゃなくて、プラスを見る習慣を身に着けること。

 

「人生を変えたい」って思う人って、結局、

「今」がダメだと思っている人ってことでしょう?

つまり、「今」にプラスよりずっと多くのマイナスを見つけている。

 

その視点が、あなたを苦しめているだけだよ、と。

 

視点を変えれば、環境が変わらなくても、

人生って結構変わるものだよ、って言いたかった。

 

年に一回フルマラソンを走るより、

毎日2,3キロでも走る方が体力アップにつながるように、

日々の習慣作りほど強力なことはない。

 

しんどいことがあったとき、

厳しい環境にいるとき、

いいことを探すって、かなり難しくて、

心の筋力がいる。

でも、それが心の筋トレになって、

気づいたら、その筋肉が、「うわぁ」って人生を大逆転させちゃうんだと思うんだ。

 

もちろん、「富士山に是非登りたい!」という人は、

是非是非登ってください!と思うんだけど、

特に登りたいわけじゃないのに、

「人生変えたいから」と登るんだったら、

登らなくていいんじゃない? と思っちゃったので書いてみました。

 

何かの参考になれば、嬉しいです。

★プレゼント中!★
このブログのエッセンスをぎゅっと凝縮した
「しあわせに生き、しあわせに働くための 10のステップ」プレゼント中!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

ライター・小説家
東京生まれ。千葉県市川市在住
早稲田大学第一文学部文芸専修卒

「九州さが大衆文学賞」大賞(小説「NON」に掲載。佐賀新聞に連載)・「坊っちゃん文学賞」佳作・「さいたま市スポーツ文学賞」大賞・「伊豆文学賞」佳作など

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

>> 詳しいプロフィール