【実践ワークつき】「自分はダメだ」と感じたときの対処法

人と比べて、「自分は全然ダメだ」と落ち込んだり、「今の状態は問題だらけ、いいことなんてなんにもない」という気分になったり……

もう、自分のすべてがダメ! 自分のすべてが嫌!

という状況になること、ありませんか?

そんな状況が1か月も続いたら、うつ病など、心の病気の可能性が高いですが、たまに1日、2日落ち込むというのは、きっと普通のことだと思います。

そんな、落ち込みから一歩、踏み出すための考え方を今日はご紹介したいと思います。

即効性のある心理学手法です。

まずはどれくらい「自分はダメ」なのか客観的に考えよう

今日ご紹介するのは、「問題」ではなく「解決」に焦点を充てる、新しいカウンセリング手法の「ソリューション・フォーカス」と言われる手法です。

従来のカウンセリングは、過去のつらかった出来事をほじくり返していき、「原因」を見つけることから始めるため、解決までに時間がかかりましたが、「過去はどうでもいい。大事なのは、今と未来」という思考から生まれたのが、「ソリューション・フォーカス」」の技法です。

ですのでこの手法の一番の利点は、「結果が出るのが早いこと」です。

今日はその手法のエッセンス部分をご紹介したいと思います。
今、落ち込んでいる方は、ちょっとやってみてくださいね。

ワーク

【1】まず、今、「ダメだ」と思っていること、「問題だ」と思っていることが解決された、一番理想の状態を思い浮かべてください。

 

【2】思い浮かべたら、その状態を「10」としてください。
そして、まったくダメ、問題だらけで全然いいことがない、という状態を「0」としてください。

 

【3】改めて、今の現状を客観的に考えてみてください。
今は、「0」~「10」のうち、どの段階ですか?

 

【4】「1」や「2」、もっと上の数字を挙げた方、いい感じです!

「0」だった方へ。
本当に「0」ですか? なにかちょっとだけ「0」より進んでいることはありませんか?
例えば私は、運動神経がむちゃくちゃ悪いです。どんなスポーツをやっても、人の10倍以上、時間をかけないと上達しません。
でも、自分の運動神経は0ではないと思っています。子どもを見ていたら、「歩く」ということがどれだけ大変で、運動神経を使うことか分かるからです。
そんなふうに、自分が今「それくらいできて当たり前」「それくらいあって当たり前」と思えるところから疑って、どうにか「1」にならないか、考えてみてください!

 

【5】では全員、「1」以上になったとして……

なぜ今、その段階なのですか? 「0」ではなく、「1」や「2」や「3」だったのは、どうしてですか?
それを考えるだけで、まずちょっとだけ視野が広がり、ふっと楽になるはずです。

 

次に、「自分はダメだ」から一歩抜け出す方法を考えましょう

 

【6】次に、「1」だった人は「2」に、「2」だった人は「3」にするためには、何が必要か、考えてみてください。

そして同時に、そのために使える資源は何かないか考えてみてください。
資源というのは、自分を助けてくれる人だったり、使えるお金だったり、使える道具だったり、たとえば頭の良さであったり、読んだ本だったり、今までの経験であったり、様々だと思いますが、本当に何でもいいです。

考えてみましたか?

自分には使える「資源」が意外とあると思えると、またそこでほっとできるのではないかと思います。

 

まとめ:「自分はダメだ」を解決するステップ

「自分はダメだ」と落ち込んでいるとき、人は根拠なく、今の状態を「0」だと思い込んでいます。

そして、「1」や「2」ではなく、急に「10」を見て、「あぁ、自分とはかけ離れている」とさらに落ち込みます。

そんなときには、「0」から少しでも上がってきている自分と、「2」や「3」という手の届く目標を設定することが大切です。

そして、今ある「資源」というものに意識を向けることも、マイナスの方に向いている思考を転換させるのに役立つはずです。

是非、落ち込んだときには、この手法を思い出してみてくださいね。

 

★更新情報はメルマガで!★
しあわせに生き、しあわせに働くヒントを、メルマガでもお届けしています。
今なら素敵な仕事人から学んだ「しあわせに働くヒント集」を無料プレゼント!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
インタビューライター


千葉県市川市を拠点に「インタビュー記事作成」「WEB文章設計・ライティング」などをしております。

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

文章を書くのが仕事であり、趣味。純粋な趣味として、花や風景の写真を撮っています。

写真と「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」になる文章を合わせた本や、素敵な仕事人の名言を集めた本を出版したいと思っています! 出版社とつなげてくれる方がいたら大歓迎♪

>> 詳しいプロフィール
>> オフィス言の葉のサイト
>> 遊部香のインタビューを受けたい方はこちら



1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です