行動力が必要ないなら、「必要最低限の行動」って何?

少し前に、「自分には「行動力がないな」と思っている人に伝えたいこと」という記事も書いたけれど、「大量行動」は必要ないと私は思っている。

 

営業職とか、「数打ちゃ当たる」的な仕事も世の中にはあるのだろうし、「大量行動」が性格として向く人はいるだろう。

でもそういう人は「自分には行動力がないな」とか「もっと行動しないといけないんじゃないか」なんて悩まないだろうからね。

 

だから、「行動しないと」と、「行動」を負担に感じている人には、「必要最低限の行動でいいよ」と伝えたいなと思う。

 

で、今日はその「必要最低限の行動」って何? ということを書いてみたい。

 

必要最低限の行動 その1 : 現実を変える最後の一手として

 

私はエイブラハムの説が好きなので、「行動の前に思考をまず整えることが大事」と思っている。

エイブラハムの教えの重要ポイントまとめ:『引き寄せの法則』4冊&DVDの要約!

2018.01.05

理想の未来に向かうような思考を抱いた上で行動しないと、「火消し作業」みたいなつまらない行動で人生が終わってしまったり、行動することでかえって状況が悪化してしまうことすらあるから。

 

ただ、「思考」だけでは、現実が変わらないのも確か。

 

思考の力は強力で、自分がいい気分でいるだけで、確かに良い仕事の話がきたり、楽しい誘いが来たりはする。

これはこの1年くらい本当にたくさん体験してきた。私も。

 

でもね、そういういい話が来るところまでは、「思考」だけでどうにかなっても、いい話がきたときに「あ、それやりたいです!」と言って、実際にやる、というのは「行動」。

 

そして、その行動が、現実を動かす。収入を増やしたり、楽しい時間を増やしたり、人との関係を強化したり、ね。

 

必要最低限の行動 その2 : 人の「説」を自分の「信念」に変えるため

 

それから、行動が大事だと思うのは、やっぱり自分でやってみないと「体感」が湧かないな、と思うから。

 

私もこのブログで、「『やらなきゃいけないかなぁ』と思っていることはやらなくても、案外大丈夫」とか良く書いているけれど、本当に「大丈夫なんだ」と分かるためには、「やらない」という決意&行動が必要になる。

(「やらない」行動 というのは、やや矛盾した言葉だけれど)

 

また、「やりたい」と思ったことは、小さなことからやってみると心が満たされる、ということも書いているけれど、それも、そういう文章を読んで「確かに、そうだろうな」と思うのと、実際にやってみて、体感するのとでは全然違う。

 

実際にやってみると、「あぁ、こんなにしあわせな気持ちになるんだ」とか「あれ、これはそれほどでもないんだな」とか、分かる。

 

だから、やってみる前と後では、自分の納得感は雲泥の差。

 

本やブログを読んで、人の「説」を取り入れるのもいいけれど、自分で体験して、「本当にそうだ」と思うまで、それは「人の意見」に過ぎない。

 

だから、なにか気になる文章に出会ったら(このブログでであっても、他の人の本やブログのなかであっても)、実際に小さなチャレンジをしてみてもらいたいな、と思う。

 

「こんな考え方が本当だったらいいな」と思えることを、実行してみて、「あぁ、本当にそうだ」と納得できたら、それは「確かかもしれない人の説」ではなく、自分がよりどころにして生きる「信念」や「信条」にさえなるから。

そういう意味では、恐れず、行動してもらいたいな。

 

「これが本当だったらいいな」と思える考え方を、「これは本当なんだ!」と体感出来たら、世界はまたひとつ、あなたに優しくなる。

 

★プレゼント中!★
このブログのエッセンスをぎゅっと凝縮した
「しあわせに生き、しあわせに働くための 10のステップ」プレゼント中!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
ライター・小説家

東京出身・千葉県市川市在住
早稲田大学第一文学部卒

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

★小説家としては「九州さが大衆文学賞」「坊っちゃん文学賞(佳作)」などの受賞歴、佐賀新聞連載・小説NON掲載などの実績があります。

★ライターとしては、社会保険労務士の知識を活かし、産経新聞や人事系雑誌に執筆、共著出版などの実績があります。

>> 詳しいプロフィール
>> 「しあわせに生き、しあわせに働くための10のステップ」プレゼント中!



コメントを残す