意外と自分のことって分かっていない

前回の「自分の意見と人の意見をきちんと区別している?」という記事で、自分の意見と人の意見を分ける重要性を書いたのだけれど、

そもそも「自分の意見」とか「自分」のことをはっきり分かっている人って少ないな

と思う。

 

上記の記事では、
「人からちょっと距離を置いて、精神的に引きこもる期間も大事」
と書いたけれど、

「自分」が明確になるまでは、「人」との違いを感じるのも役には立つ。

 

問題は、「人」の意見をそのまま自分の中に取り入れてしまうことで、「人」の意見や話を聴くこと自体が問題じゃない。

大事なのは、「人」の意見を取り入れる前に、「判断」すること。

これは自分の中に入れていいものか、入れないほうがいいものか。

その「判断」がちゃんとできるなら、「人」の意見は、「自分」の輪郭を明確にするために役立つ。

 

たとえば、
「私は山が好き」
という意見を聴いて、「なんか違うな」と思ったら、
自分は、「海」が好きなのかもしれない。

でも「海が好き」と言ってみて、違うようなら、
「草原」とか「都会」とかまた違うものが好きなのかもしれない。

 

「人」の意見と触れると、
「山じゃない」ということまでは分かる。

でも、「山」じゃなくて、「海」なのか「草原」なのか「森」なのか「都会」なのか、本当はどれなのかっていうことは、けっこう真剣に自分と向き合わないと分からない。

それくらいわかるよ、って思うかもしれないけれど、「分かったつもり」のことも多いよ。

 

私も、自分はずっと「海が好き」って思っていたけれど、最近、海を見ていてもあまり癒されないな、と気づいた(笑)

それより、木々の中にいる方が落ち着く。でも、山登りはなんか違う。あぁ、「森」とか「高原」みたいなところが好きなんだ、と。

大学時代からずっと「海派」だと思っていたんだけど、20年経って、「あれ?」と(笑)

振り返ってみると、大学時代から「なんか小動物っぽいよね」とか「森にいそう(なキャラ)」とか言われていたんだけど、自分では「海!」と信じていたから、聞く耳を持たなかった。

 

そうやって、自分の本音って、実はかなり深いところに眠っていることが多いなと思う。

好きなことをやるんだと仕事を辞めたり、転職したけれど、それでもうまく行かなかったという人は、自分の根性とか、能力を疑う前に、「本当に自分のことを分かっているか」を疑った方がいい。

 

本当に好きなこと、向くことなら、根性がなくたって、続けられちゃうし、応援してくれる人が現れるし、なんか流れに乗ってうまくいっちゃうから。

そこまでいかずに頓挫しちゃうことは、「なにか違う」んだと思う。

 

最近はネットやメディアが発達して、一人で家にこもっていたって、本当に自分自身と対話できる時間って少ない。

でもだからこそ、徹底的に自分と向き合う時間を定期的に持っている人は、人より頭一つ飛び出すことが簡単にできる世の中だなって思う。

 

たまにはテレビを消して、携帯やパソコンと離れて、目をつむって、自分の内側と対話してみよう。

静かに目をつむって自分を見つめると、まず自分の体が色々なことを教えてくれる。

 

お腹空いたと思っていても、体と対話すると、「空腹」だと思っていたものが、ただの「ストレス」だったり「眠気」だったりすることもある。

体の声をちゃんと聴くと、次は心も色々教えてくれる。ふとしたひらめきが来るときもある。

そういう静かな自分との対話時間、大事。

 

自分との対話でしか、結局、自分自身のことは分からない。

でも、自分自身のことが分かると、自分を喜ばせる方法が以前よりずっと簡単に分かるようになるし、しあわせを感じる頻度も高くなるよ。

自分と対話し、自分とつながるだけで、その時間はしあわせを感じるはずだしね。

だから、そういう時間、大事にしてみて欲しい。

 

★プレゼント中!★
このブログのエッセンスをぎゅっと凝縮した
「しあわせに生き、しあわせに働くための 10のステップ」プレゼント中!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
ライター・小説家

東京出身・千葉県市川市在住
早稲田大学第一文学部卒

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

★小説家としては「九州さが大衆文学賞」「坊っちゃん文学賞(佳作)」などの受賞歴、佐賀新聞連載・小説NON掲載などの実績があります。

★ライターとしては、社会保険労務士の知識を活かし、産経新聞や人事系雑誌に執筆、共著出版などの実績があります。

>> 詳しいプロフィール
>> 「しあわせに生き、しあわせに働くための10のステップ」プレゼント中!