人の悪口を聞いたとき、それを生産的な会話に変える方法

昨日の記事で、人の悪口に同調しているだけだと、自分まで巻き込まれるだけで、何の解決にもならないですよ、ということを書きました。

今日は、Aさんに
「Bさんって、いつも仕事を抱えてしまうし、単独行動が多くて、一緒に仕事、しづらいんだよね」
と言われたときの解決策について考えてみましょう。

これは、Aさんという部下に同僚であるBさんについて相談された「上司」の設定でも使える手法です。

 

まずはAさんとの信頼関係を築く

最終的なゴールは、
「AさんにBさんの良さにも気づいてもらい、Bさんと一緒に気持ちよく仕事をしてもらうこと」
とします。

でも、はじめからAさんに
「でも、そうは言っても、Bさんにもいいところはあるよ。たとえば……」
などと話をしても、あまり効果は期待できないでしょう。

すぐ「でも」と考えを否定されたAさんは、あなたに心を開かなくなってしまうはずです。

ですので、まずは具体的にどんな出来事があったのか、どんな点に不満をもっているのか、Aさんに話をしてもらうことが大切です。

Aさんがいくつか具体例を挙げたあと、
「他にもあるの?」
「それ以外に気になることは?」
など、あなたの方から聞いていってあげるてもいいですね。

そうすると案外、Aさんも途中から「言いすぎたかな」という気分になって自分から、
「あ、でも、Bさんも●●してくれたこともあるし、いいところもあるかも」
と、Bさんを認めるような発言をしてくれるかもしれません。

(そうなったらラッキーですが、ならなくても大丈夫です)

次のステップ:冷静に問題を分析してもらう

そうやってAさんとの信頼関係が築けたら、

「Bさんの単独行動のなかで一番困るのはどんなこと?」と、聞いてみます。

“単独行動”といっても、色々な種類がありますから、分かりやすくテーマを絞るのです。

そこで
「お客さんからの電話があったとき、部の全体に関係のある話でも、一人で解決しようとして、抱えてしまうことかな」
とAさんが言ったら、それをテーマにします。

テーマが決まったら、次に、
「じゃあ、お客さんからの電話でのBさんの単独行動が全然なくなって、理想的な状態になったのを10、全然情報共有してくれていない状態を“0”とすると、今はいくつくらい?」
と訊いてみます。

以前の「落ち込みから抜け出し、1歩踏み出すための考え方」を読んでくださっている方は、「あれ、あの技法?」と思うかもしれませんが、そうです。これも「ソリューション・フォーカス」です。

この考え方は、自分自身のことにも使えますが、人の問題にも使えるのです。

「2くらいかな……」
と言ってもらえれば、こっちのものです。

「なんで0でなくて、2なの?」
と、すかさず尋ねます。そうすると、

「まぁ……このあいだ、大きなクレームの電話のことを教えてくれなかったのには腹が立ったけど、私宛の電話は当然回してくれるし、絶対電話を受けたことを教えてくれないというわけではないから」

と、Aさんの視線が、Bさんの「できているところ」に少しずつ向いていくのです。

Aさんも自分で「2」くらいはできていると言ってしまったので、どうにかその根拠を見つけないとと思うから、積極的にBさんのいいところを探すわけですね。

これは、こちらから
「でもBさんにもいいところはあるんじゃない?」とか
「でも、Bさんもちゃんとやってくれること、あるよね?」
などと言ってしまっていては出てこなかった台詞です。

ラストステップ:生産的な解決方法を聞き出す

「2」など、0でない数字と、とその理由を聞き出したら、
「じゃあ、“2”が“3”になるためには、どうしたらいいのかな?」
と訊いてみましょう。

「とりあえず自分が受けた電話について、時間と相手と簡単な用件を共有してもらえればいいかな。メモのフォーマットを渡しておいて、電話を受けたら、それに書いて、部の皆が見える場所に貼っておいてもらえたら、気になる人がBさんに詳しいことを訊けばいいわけだし」
と、Aさんが解決に向けて一歩踏み出したようでしたら、大成功です。

もしあなたがAさんのただの同僚ではなく、上司や先輩の立場だったら、
「私もBさんの電話には注意しておくね」とか、「私も気になったことがあったら、Bさんに注意してみるからね」と、一言付け加えれば、Aさんも心強く感じられていいですね。

★更新情報はメルマガで!★
しあわせに生き、しあわせに働くヒントを、メルマガでもお届けしています。
今なら素敵な仕事人から学んだ「しあわせに働くヒント集」を無料プレゼント!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
インタビューライター


千葉県市川市を拠点に「インタビュー記事作成」「WEB文章設計・ライティング」などをしております。

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

文章を書くのが仕事であり、趣味。純粋な趣味として、花や風景の写真を撮っています。

写真と「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」になる文章を合わせた本や、素敵な仕事人の名言を集めた本を出版したいと思っています! 出版社とつなげてくれる方がいたら大歓迎♪

>> 詳しいプロフィール
>> オフィス言の葉のサイト
>> 遊部香のインタビューを受けたい方はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です