「だるい」「やる気が出ない」「しんどい」……春先の不調の乗り切り方

春は色々な花が咲きだし、良い季節ですが、流れにうまく乗れないと、厳しい時期でもありますよね?

今日は、そんな春先、特に3月の「だるい」「やる気が出ない」「しんどい」の原因と、その対策について書いてみます。

春先に不調になるわけ その1

春は英語でSpring。英語では「バネ」と同じ言葉になると学生時代に習ったけれど、確かに冬の間に蓄えていたエネルギーが、うわぁっとはじけるような季節。

冬のあいだから、花が花芽や葉の芽をじわじわ準備させていたことを考えても、それは、とても分かる。

人も同じように、冬のうちに蓄えた力を、うわぁっと発揮して、動き出したいと心の底では思っている。でも、現代人は冬だからって、じっと力を蓄えていたわけじゃなくて、年末年始ほど忙しかったり、年度末も超忙しい(個人事業主は確定申告もあるしね)。

だから、「うわぁっ」って弾けさせるエネルギーは残っていなくて、春の流れに乗れず、「なんかだるい」ってなっちゃう。

 

それプラス。私もそうだけど、花粉症でダウンしがちな人も多いし、暖かくなったかと思ったら、急にまた寒くなったり、気候の変化、気圧の変化も激しい。

 

つまり、「やる気が出ないな」と、精神的な問題だと思っても、じつは肉体的な問題だっていうことが、結構ある

 

気持ちの上では、「春だから、ジャンプしたい!」って思うけれど、ジャンプする前の「ぐっとかがむ部分」がないから、気持ちだけ焦って、飛べなくて、それで、もやもや……みたいな。

 

春先に不調になるわけ その2

もちろん、精神的な問題も否定できない。

年度の切り替わりの時期は、別れと出会いが多い。

 

今年は私の周りにも、すごい変化があって、「こんなに色々変わるのか!」と驚くほど。

そのなかには、良いことももちろんあるのだけれど、長年やってきた仕事が終わりになったり、長く関わりのあった人との別れがあったりすると、やっぱり、動揺もする。

 

春先の不調の乗り切り方

上記2つの原因を踏まえたうえで、できる対処法は3つ。

  1. 3月はそんなものだと割り切る
  2. 自律神経の乱れに敏感になる
  3. もやもやとはちゃんと向き合う

 

春先の不調の乗り切り方 その1 3月はそんなものだと割り切る

「3月はそんなものだと割り切る」というのは、身もふたもないけれど、これが実は一番大事。

「やる気が出ない。おかしいな」と思うのは、「本来、春は元気はつらつで、新しいことにチャレンジできるはずなのに、内側からそのエネルギーが湧いてこない。おかしいな」ということ。

でも、内側にエネルギーが残っていないのは、冬のあいだも冬眠せずに頑張ってきた証。

 

「春だからって、急にエネルギーが湧いてくるわけはないよな。春は元気はつらつ、なんて、原始時代の幻想」

と思うことが、意外と心を軽くしてくれ、逆に力をくれる。

 

それ以外にも、「3月は花粉症があるから」「3月は気候の変化が激しいから、毎年、体がキツイんだよね」と、割り切っちゃうことも大事。

私は、10年くらい前までは、今よりもっと花粉症がひどかったから、「3月はいつもの半分くらいのパフォーマンス」とあらかじめ計算して、予定を立てたりしていた。

そう、春だからって、頑張らなくていい。

むしろ、春先は体がしんどくなって当然だから、できる限り、やることをセーブする!(と決めたって、年度末は忙しくなるんだから(笑))

 

春先の不調の乗り切り方 その2 自律神経の乱れに敏感になる

あと、私は4月生まれなので、4月頃健康診断を受けるのだけれど、その時期になると「私、貧血なんじゃないか?」と感じることが多い。でもお医者さんには「血液上の数値も、血圧も低すぎないですけどね……」と言われ、なんでだ?!と思っていた。

その謎が、最近解けた。

あ、自律神経が乱れているんだ、と。

 

なんかくらくらする、なんか理由なくだるい、なんか眠い、なんか胃腸の調子が悪い……

そういうのは、気候や気圧の変化に適応できないために起こる、自律神経の乱れのことが多いのだって。

 

だから、ぬるめのお風呂にゆっくりつかったり、睡眠時間を増やしたり、体をちゃんといたわってあげることが大事。

 

春先の不調の乗り切り方 その3 もやもやとはちゃんと向き合う

3月は別れも多い季節だけれど、あまりに変化が激しいと、不安を覚えたりする。

私は自営業なので、長くやってきた仕事が急になくなっちゃったりすると、「大丈夫か?」って気持ちが大なり小なり湧く。

自分で選んだ変化でも、「本当にこの選択で良かったんだろうか」と、すっきりしない気持ちを引きずることもある。

 

そういうとき、「全部、良い変化だ」と無理やりポジティブにとらえることもできるけれど、不安を感じているなら、ちゃんと不安と、もやもやを感じているのなら、ちゃんともやもやと向き合うことも大事。

 

これはまた今度書きたいと思うのだけれど、最近かなり「もやもや」することがあって、数日引きずっていたのだけれど、徹底的にその原因を考えていったら、ふっと抜けた。

「あ、私はこういうことに、もやもやしていたんだ」と分かったから。

それが分かると、「あぁ、この出来事は、私にこういうことを教えようとしてくれていたんだ」と納得でき、腑に落ちる。

そうするともう、「もやもや」もなくなっている。

 

つまり、「もやもや」があるうちは、その出来事から学ぶべきことを、また学べていないということでもあるから、無理にポジティブシンキングで「大丈夫さっ」と先に進むのではなく、「なんで自分はもやもやしているんだろう」とちゃんと考えてみることも大事。

 

まとめ:春先の不調の乗り切り方

ということで、春はみんな元気なもの、なんて幻想だから、次の3つを意識して、是非、無理せず乗り切りましょう!

  1. 3月はそんなものだと割り切る
  2. 自律神経の乱れに敏感になる
  3. もやもやとはちゃんと向き合う

 

★プレゼント中!★
このブログのエッセンスをぎゅっと凝縮した
「しあわせに生き、しあわせに働くための 10のステップ」プレゼント中!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
ライター・小説家

東京出身・千葉県市川市在住
早稲田大学第一文学部卒

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

★小説家としては「九州さが大衆文学賞」「坊っちゃん文学賞(佳作)」などの受賞歴、佐賀新聞連載・小説NON掲載などの実績があります。

★ライターとしては、社会保険労務士の知識を活かし、産経新聞や人事系雑誌に執筆、共著出版などの実績があります。

>> 詳しいプロフィール
>> 「しあわせに生き、しあわせに働くための10のステップ」プレゼント中!