かんじんなことは、目に見えないんだよ

私は、社労士登録はもう辞めたのだけれど、社労士向けのセミナーの企画とか、その告知文を書くとか、そういう仕事はまだしている。

そして、今、社労士業界や人事担当者に熱いのが「働き方改革」。

 

働き方改革というと、一般の人は「長時間労働を減らすこと」とだけ思いがちだけれど、人事の世界では、もう一歩進んで「生産性を上げる」ということがもう一つのテーマになっている。

同じ量の仕事があって、それをこなす人数が変わらないなら、「残業しないで早く帰れ」と言ったところで、「じゃあ、家に持ち帰って、こっそり仕事をしますよ」ということにしかならない。

 

鳴り物入りで始まったプレミアムフライデーも、「プレミアムフライデーに早く帰るために、他の日の残業が増えた」と答えた人が半分近くいるという結果も出ている。

ただ「労働時間を減らそう」だけでは、何の解決にもならない。

 

ほんとうなら、新しい人を入れて、一人にかかる負担を減らして、「だから早く帰ろう」が理想なのだろうけれど、今は人手不足だし、新しい人を雇う余裕がないという会社も多い。

そんななか、苦肉の策として出てくるのが、

「一人ひとりの生産性を上げる」ということ。

 

「生産性を上げる」というのは、一見、耳障りがいい言葉なんだけど、突き詰めていけば、「無駄をなくす」ということなんだよね。

でも、案外、大事なことって、一見無駄に見えることのなかにあったりする。

 

このあいだ、生産性について考えていて、思い出したのは、元同僚のこと。

以前の会社は、私が入社したころは、なんかすごくギスギスとしていて、毎月のように人が辞める会社だったのだけれど、その元同僚が入社してきて、雰囲気が変わったんだったな、と。

その人は、一見ちょっと頼りないし、あまり計算とかするタイプじゃないから、上の人からは誤解されたりして、ちょっと損な役回りではあるんだけど、その分、純粋に「いい人」。

その人が入ってくるまでは、みんな自分の仕事にいっぱいいっぱいで、隣の席の人が困っていようが、見てみないふりをしているようなところがあったけれど、その「いい人」は、後先考えず、「あ、僕、やろうか」とか、さらりと言えてしまう。

それで、自分がいっぱいいっぱいになったりもするんだけど……(^-^;

でも、そういう人は、今度は誰かから助けてもらえる。

 

生産性とか、数字とか追い求めちゃうと、本当は大事な、こういうものが抜け落ちてしまうような気がする。

 

「かんじんなことは、目に見えないんだよ」というのは、『星の王子さま』の有名なセリフだけれど、かんじんなことほど、目には見えないし、数字にも反映されないし、一見「無駄」や「非生産的」に見える。

でも、それを切り捨てた先には、砂漠みたいな、殺伐とした世界しかない。

 

「かんじんなことは、目に見えないんだよ」という台詞のあとに、キツネはこうも言う。

「あんたが、あんたのバラの花をとてもたいせつに思っているのはね、そのバラの花のために、ひまつぶししたからだよ」

「ひまつぶし」……これも一見、無駄に見えるけれど、そんなものが、心を育てる。

 

企業活動やビジネスにおいては、数字も大事なんだろうけれど、どんな活動も、やっぱり人と人とのつながり。

そして、人は、目に見えるものだけで、動くわけじゃない。

人は感情で動く。

 

だから、私も、あまり損得とか、効率は考えすぎず、いいな、とか、やりたいな、と思ったことを大事に、今後も動いていきたいな、と思う。

困った人に、さっと手を差し伸べられるくらいの、心の余裕もできるだけ、持ちながら。

 

★プレゼント中!★
このブログのエッセンスをぎゅっと凝縮した
「しあわせに生き、しあわせに働くための 10のステップ」プレゼント中!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
ライター・小説家

東京出身・千葉県市川市在住
早稲田大学第一文学部卒

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

★小説家としては「九州さが大衆文学賞」「坊っちゃん文学賞(佳作)」などの受賞歴、佐賀新聞連載・小説NON掲載などの実績があります。

★ライターとしては、社会保険労務士の知識を活かし、産経新聞や人事系雑誌に執筆、共著出版などの実績があります。

>> 詳しいプロフィール
>> 「しあわせに生き、しあわせに働くための10のステップ」プレゼント中!