「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」はそう多くない

最近、インタビューの頻度を下げている。

「次の人を紹介してください」と言わないようにしたので、それだけで必然的に件数が減るのだけれど、自分からもあまり知り合いに頼まなくなった。

それは、素敵な仕事人約40人と、素敵な起業家約10人の50人ほどにインタビューしてきて、「しあわせに生き、しあわせに働く」ために必要なことが何なのか、自分の中で分かってきたから。

様々な職業の人に会ってきたし、同じ職業でもたどってきている人生はそれぞれで、一人ひとりの人が辿ってきた道筋とか、仕事内容を聴くのは今もとても楽しい。

でも、このブログのインタビューの目的は「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」を集めるということだったのだけれど、インタビューをしていくうちに、
「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」は集めるほどないんじゃない?
と気づいた。

しあわせに生きるために必要なことって、そんなに多くない。

結局、しあわせに生き、しあわせに働くために必要なことって、要約するとこれくらい……

  • 自分自身を大切にすること
  • 自分の軸を持つこと
  • 自分には力があることを思いだし、自分の力を信用すること
  • 自分の感覚を大切にすること
  • 行動も言葉も枝葉末節で、すべての核にあるのは「エネルギー」(「波動」と言っても「気」と言ってもいいけど)であると実感すること

 

それができたら次は

  • 自分を超えた流れを信用すること
  • それに身をゆだねること
    (「自分の感覚を大切にする」を日々積み重ねていくと、直感が研ぎ澄まされる)

これだけ分かっていれば十分なんだよね。

そしてね、この1つ1つは、結局、本やブログを読んだって、本当には分からない。

体感してみて初めて「あ、そういうことか」って分かる。

本を読んだりして、知識を積み重ねておくことで、体験したときに「あ、これが」って分かるから、無意味ではないんだけど。

でも、頭で理解しているだけじゃ、無意味。

感じたり、肚に落ちたりすることが大事。

 

人生の3つの段階

昨日、佐藤由美さんが、素敵なブログ記事をシェアしていたのだけれど、人生には3つの段階があるという話がとても腑に落ちた。

→ https://ameblo.jp/naho-earthgypsy/entry-12205379202.html

3つとは、

  • 頭(思考)の人生
  • こころの人生
  • たましいの人生。

「やりたいことをやろう」というアドバイスが有効なのは「こころ」の段階の人にとってで、「頭」の段階の人にはまだ届かない。

「たましい」の段階に入った人には、「やりたいことだけやる」から卒業するように言う、と。

これを読んで、素敵な仕事人のなかにも、2パターンの人がいる訳が、「分かった!」という気がした。

 

私は9月に「「素敵な仕事人」定義の見直しと今後のブログの方向性」という記事で、

「理論を大事にして、『こうやったらこうなる』という成功法則に乗っ取って頑張って、それで成果を出している人には、もう興味がない」

みたいなことを書いた。

それは「頭(思考)の人生」を歩んでいる人には、(経済的にすごく成功しているように見える人でも)インタビューしたいとは思わない、ということだった。

そう書くずっと前から、私は感覚的に、「頭」で成功している人には魅力を感じていなくて、「素敵な仕事人」の大部分は、「心」で生きている人だった。

 

素敵な仕事人には、「経済的に成功しそうだから、これをやる」と職業を選んだ人はいなくて、みんな、「好きなことを続けていたら仕事になっていた」とか、「違和感を覚えたら、稼げていたことでも手放して、もっと自分が心地よく思える方へ方へと進んできた」とか、そんな人たちだった。

ただ、そんなふうに「好き」「楽しい」「心地よい」が大事という人が多かったのだけれど、自分が本当に尊敬する人(下田先生桑原先生)からは、「自分」を超えろというようなメッセージをもらっていた。

 

下田先生は、こう言われていた。

あれをしたい、これをしたい、というのは私欲。
好き、嫌いというのも私欲。

私がこうしたい、あぁしたい、という私欲で考えていくと、つらくならない?と思う。

世の中「私」の思い通りになんてならないんだから。

でも、もっと遠目になって、自分のお役目は何かということを考えると、宇宙の法則に乗れると思う。自分のお役目というのは、神様が、一人一人に決めているもの。

こういう言葉を聞くと、「あ~、やっぱり、好き嫌いで決めちゃダメなのか」と思ったりしたのだけれど、でも、「3つの段階」の話で分かった!

単純に、私は「頭」から「心」の段階に行くのに四苦八苦しているレベルで、だから「魂」のレベルに到達している人の言葉がよく理解できなかったのだ!(‘◇’)と。

 

でも、自分の「好き」「嫌い」とかの感情とか、感覚を研ぎ澄まさないと、ひらめきも、神からのお告げ(?)も来ないと思うんだよね。

だから、やっぱり、「頭」で長く生きてきた人にとっては、「結局自分は何が好きなの? 本当は何がしたいの?」といちいち確認し、その時その時の自分の感情や感覚を確かめるリハビリの時期って大事。

そういうリハビリをちゃんとやると、「心」で生きることが普通になって、しあわせも感じられるようになるし、実際に環境もしあわせに整ってくる。

そうしたら、「自分の魂の仕事ってなんだろう」って考えればいい。

まだ「頭」の人も多いから

その前の、頭で色々こねくり回して考えては、行き詰って、苦しい日々を送っている人に「好き、嫌いとか言わないで、天命を考えなさい」と言っても、酷!……って、今はなんか思う。

そして、今の世の中、まだまだ「頭で考えて行き詰っている人」と「心で生きたいと思い始めたけれど、なかなか頭で生きることから抜け出せない人」がたくさんいる。

だから、自分もまだまだそこであがきながらも、「心で生きよう」「こうやったら、心で生きる感覚が分かるよ」って、呼びかけていきたいなって思うんだよね。

それが、魂で生きている人から見ると、エゴに見えるかもしれないけれど、私は大事な段階だと思うから。

そして、そうやってあがいているうちに、気づいたら「心」で生きるのは当たり前になって、「あ、もう、好き嫌いとかじゃなくて、もっと神様に自分を使ってもらおう」って感じられるようになると思うから。

まとめ

ってことで、今日書きたかったことは、「段階に応じて、しあわせに生き、しあわせに働くヒントは違うけど、どっちにしても、大事なことはそう多くないよ」ということ。

そして、こんなブログを書きながら、矛盾したことも言うけれど、「一番大事な『しあわせに生きるヒント』は自分のなかにあるよ(感覚と感情)」ということ。

 

そんなことを、今後も写真と文章で伝えていくブログにしたいと思います。

そして、頻度は落としながらも、インタビューも続けていきます。

できたら今後は、「魂」のレベルで生きている人にインタビューしていきたいかな。

そしてブログでは、自分が「頭」から「心」への移行段階で色々「実践」するなかで感じたこと、分かったこと、自分が自分にかけてあげたい言葉などを、シェアしていけたらと思います。

そんな感じで良ければ、今後もおつきあいください<m(__)m>

★更新情報はメルマガで!★
しあわせに生き、しあわせに働くヒントを、メルマガでもお届けしています。
今なら素敵な仕事人から学んだ「しあわせに働くヒント集」を無料プレゼント!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
インタビューライター


千葉県市川市を拠点に「インタビュー記事作成」「WEB文章設計・ライティング」などをしております。

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

文章を書くのが仕事であり、趣味。純粋な趣味として、花や風景の写真を撮っています。

写真と「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」になる文章を合わせた本や、素敵な仕事人の名言を集めた本を出版したいと思っています! 出版社とつなげてくれる方がいたら大歓迎♪

>> 詳しいプロフィール
>> オフィス言の葉のサイト
>> 遊部香のインタビューを受けたい方はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です