高野山・奥の院の樹木の力がすごい

1週間ほど前、1泊2日で高野山一人旅をしてきた。

 

去年くらいから、何度か「高野山」情報が来て、なんとなく気になっていたものの、実際に動くまではいかず……でも3月に急に、「4月中旬までに高野山にいくべき」というメッセージのようなものを受け取り、その日に新幹線と宿(お寺)を予約。

ふと来るメッセージは、きちんと受け取らないとな、と、最近特に思う。

 

高野山は、千葉県の私の家から行くと、電車や新幹線やケーブルカーやバス、合計7つの交通手段を使い、片道6時間ほどかかるという恐ろしい遠さ(^^;)

そのため、1泊2日の高野山旅行はかなり「弾丸」な感じだったけれど、行って良かった。

今まで、伊勢神宮や出雲大社には行ったことがあったけれど、なんで高野山に行っていなかったのだと、過去の自分にびっくりするくらい(笑)

高野山は今、結構話題になっているスポットだと思うけれど、観光客の半分くらいが外国人(欧米系)なのも驚いた。片道6時間で遠いとか言ってちゃいけない。

 

特に奥の院の雰囲気はすごかった。

奥の院というのは、今でも空海が瞑想をしていると言われている御廟まで続く約2キロの参道で、「高野山」と「山」にあるだけあって、森の道。

「御廟のふもとに眠ると極楽浄土に行かれる」という信仰があったそうで、その2キロほどの道には、20万基を超えるお墓がある(信長、秀吉、謙信など武将から、皇族関係、芸能関係の人など)。

 

そのお墓の数(しかもほとんどのお墓は古いもので、苔むしていて、またなんともいえない存在感がある)にもすごく、圧倒されるけれど、されにその参道の“この世ならざる気配”を作り出しているのが、樹齢何百年という杉や檜の木々。

私は結構、木が好きな人なので、この“あなたよりずっとずっと前から生きています”的な木々に囲まれ、しあわせだった!(笑)

 

私が行ったときは、初日は冷たい雨、翌日は暑いほどの晴天の日で、雨と晴れ、両方の雰囲気を味わえるぞ、と、2日とも奥の院へ出向いた。

初日は本当、夕方だったのもあり、凍えそうに寒かったけれど、その分、人もとても少なく、木々と満足いくまで語り合え(って書くと、変な人っぽいけど……ま、変な人だからいいや)、満足だった。

 

そこでまた色々メッセージを受け取り、ありがたく胸に刻んでいるのだけれど、それはここには書かない。

ただここには、お気に入りの木々の写真を並べるだけにする。

この写真から、なにか感じてくれる人がいたら、嬉しい。

そして感じるものがあったら、遠くても是非、高野山に足を向けてみて欲しい。

 

高野山奥の院

 

高野山奥の院

 

高野山奥の院

★プレゼント中!★
このブログのエッセンスをぎゅっと凝縮した
「しあわせに生き、しあわせに働くための 10のステップ」プレゼント中!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

ライター・小説家
東京生まれ。千葉県市川市在住
早稲田大学第一文学部文芸専修卒

「九州さが大衆文学賞」大賞(小説「NON」に掲載。佐賀新聞に連載)・「坊っちゃん文学賞」佳作・「さいたま市スポーツ文学賞」大賞・「伊豆文学賞」佳作など

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

>> 詳しいプロフィール