待つ時間は、エネルギーが溜まる時間

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします!

ということで、本題。

 

新年とか新学期とか、節目の時には「新しいことを始めよう」と意気込みがち。

それは悪いことではないのだけれど、そうやって節目に意気込んで始めたことって、案外続かなかったりする。

それはなぜかというと、多分、

「節目」という「外のこと」基準で動いているから。

「節目」と関係なく、「やりたいなぁ」が「あぁ、本当にやりたい」「やるぞ!」に熟成してくるのを待って始めたことは、続く。

そんなこと、ない?

 

もし「あ、そうかも」と思ったら、「節目」とか外のことに振り回されず、自分の内側にもっと意識を集中してみるといい。

人の目を気にして「そろそろやらなきゃ」と思って始めるのも、「節目」を意識するのと同じ。それも意識が外に向いている。

 

動けないとき、決められないときって、焦るけれど、その時間って、実は無駄じゃない。

そういう動けない時間、迷っている時間は、内側にエネルギーを貯めている時間。

 

焦って早く始めて、すぐに息切れするより、じっくり力をため込んで、長く、自分のペースで続けられた方がいい。

 

エイブラハムの言葉にも……

こんな感じの内容がある。

  • ステップ1は、「コントラスト(望まないこと)を経験して、願望が生まれる」こと。
  • ステップ2は、「その願望が波動の世界で現実になる」こと。
  • ステップ3は、「ヴォルテックスに入り(いい気分でいること)、その願望を受け取る”受け取りモード”になる」こと。
  • ステップ4は、「ステップ3に熟練する」こと。
  • ステップ5は、「ステップ1に戻っても、自分に怒りを持たない」こと。

 

つまり、ステップ3ですぐに動いてしまうと、失敗する。「あ」といいアイディアが思い浮かんだとき、すぐに人に話して「そんなの無理だよ」と言われると、せっかくのアイディアもつぶれてしまう。

だから、そのアイディアに勢いが出るまで(より詳しいことを思いついたり、自分のなかで「やってやる」という意思が固まったりするのを)少し待つ必要がある、それが「ステップ4」だと。

 

私もこのブログで、ちょっとやりたいなと思っていることがあるのだけれど、まだアイディアが漠然としているので、ちょっと寝かせている。

でも、色々自分のなかで考える時間も楽しい。

 

動かないときは、「止まっている」ときだと思うと、苦しくなる。焦りが出る。

でも、動かないときは、内側が熟成しているときだと思えば、案外楽しい。

 

焦りがちな人は、そんなふうに思考の転換をしてみよう。

 

★プレゼント中!★
このブログのエッセンスをぎゅっと凝縮した
「しあわせに生き、しあわせに働くための 10のステップ」プレゼント中!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

ライター・小説家
東京出身・千葉県市川市在住
早稲田大学第一文学部卒

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

★小説家としては「九州さが大衆文学賞」「坊っちゃん文学賞(佳作)」などの受賞歴、佐賀新聞連載・小説NON掲載などの実績があります。

★ライターとしては、社会保険労務士の知識を活かした記事、書籍執筆の他、企業のメルマガ・サイトの文章執筆、インタビュー記事作成などをしています。

>> 詳しいプロフィール
>> 「しあわせに生き、しあわせに働くための10のステップ」プレゼント中!
>> 無料で読める小説『星からの手紙』はこちら