意識は今、どこにあるか?

瞑想習慣が続いています!

まだ2か月くらいですけど、やっぱり日々に変化は感じますね。

 

瞑想のメリットについては、以前の記事にも書きましたが、

瞑想を続けるコツ

本当、心が静まっている時間が増えました。

 

大分前に書いた下記の記事でも、

瞑想を1週間続けて感じた3つの変化とお薦めCD

 

以前、気功の本か何かで、人は「気」を丹田など「肚」に溜めているときが一番力が出るのだけれど、頭で考えすぎてばかりいる人は、頭に気が上ってしまって、体が不安定になり、結果として心も不安定になると読んだことがあります。

私も「頭に気が上ってしまっている」状態が多いなと自覚しているのですが、その「気」がちょっと、「肚」に戻ってきているような感覚がある、といえばいいでしょうか。

 

と書きましたが、最近、

「今、自分の中心はどこになっているか?」

「自分の意識はどこにあるか?」

を頻繁に意識するようになりました。

 

そして、大きく分けて3つの状態があるな、と気づきました。

丹田(肚)に意識があるとき → 一番心が落ち着いている状態

  • やることがたくさんあっても焦らない。
  • 何か突発的な出来事があっても、慌てない。
  • 目の前の出来事を距離を置いて、客観的に見ることができる

 

胸のあたりに意識があるとき → 自分の軸からブレかけている

  • 人の態度や人からの評価が気になる
  • 漠然とした不足感を覚える
  • 外の出来事に感情を揺さぶられる

 

頭に意識がある → 外の出来事に振り回されている状態

  • やるべきことがたくさんあって終わらない、どうしよう! など、パニックになる
  • 目の前の出来事を解決する力は自分にはないと思う
  • 自分には価値があるのか、不安を覚える

 

以前は、最後の「外の出来事に振り回されている状態」でも、それはもう自分ではどうすることもできないと思っていました。

でも、最近、

  • まずは深呼吸するなり、体をほぐすなりして、自分で体の状態をコントロールできるという感覚を取り戻し、
  • それから、頭や胸に上がってしまっている意識を、ゆっくり肚に落としていく意識を持てばいい

ということが分かってきました。

良い状態のとき、意識(気)が肚にあるのなら、意識が肚にないと気づいたら、そこに戻すようにすればいいわけですから。

 

なかなか「意識が肚にある落ち着いた状態」を体感していないと、それを自ら作り出すことは難しいと思うのですが、一日十分、十五分でも静かに座って目を閉じる時間を作り、「意識が肚にある状態」が分かってくると、日常でもそれを作り出せるようになってきます。

 

「普段外のことに振り回されがちで、それを変えたい!」と思っている方は、是非、瞑想習慣を作ってみてください。

無音のなか、座禅を組むのが一番いいと思いますが、「それは無理!」という人は、好きな音楽をかけて、ただ目をつむっているだけでもいいと思います(寝なければ)。

一週間も続けてみると、自分の心と体の変化に気づくはずです。良ければ、試してみてくださいね。

 

★プレゼント中!★
このブログのエッセンスをぎゅっと凝縮した
「しあわせに生き、しあわせに働くための 10のステップ」プレゼント中!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
ライター・小説家

東京出身・千葉県市川市在住
早稲田大学第一文学部卒

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

★小説家としては「九州さが大衆文学賞」「坊っちゃん文学賞(佳作)」などの受賞歴、佐賀新聞連載・小説NON掲載などの実績があります。

★ライターとしては、社会保険労務士の知識を活かし、産経新聞や人事系雑誌に執筆、共著出版などの実績があります。

>> 詳しいプロフィール
>> 「しあわせに生き、しあわせに働くための10のステップ」プレゼント中!
>> オフィス言の葉サイト



ABOUTこの記事をかいた人

遊部 香

オフィス言の葉代表・起業家支援ライター 「あなたの想いを 届く言葉に」をモットーに、主に起業家の文章支援をしています。