思考に「賢い判断」を邪魔させない

今月になって、子供→旦那→私と順番で体調を崩しました。でも、基本、3人とも基礎体力はあるようで、数日で復活して、今は元気です。

特に子供はすごい体力がある方で、数日食欲が落ちたものの、それ以外の症状が出ることもなく、元気に保育園に通い続けました。

 

でもうちの子は普段から、他に注意が向いてしまうと、食べることがどうでもよくなってしまうタイプ(食べることに執着がないよう)。

だから、食事をほとんど食べず、「食べられない」と言っても、本当に具合が悪いのか、遊びたいからそう言っているのかの判断には迷うところも……。

それで一度、「牛乳ぐらい全部飲んで」と旦那が無理に薦めてしまったのですが、そうしたら牛乳を飲むなり、リバース。

牛乳やコーンスープなど好物を残すときには、無理に薦めてはダメだということを学びましたね。

 

大人は体が受けつけなくても、「弱っているときほど栄養を摂らなきゃ」などと言って、人に食べることを薦めたり、自分でも無理して食べてしまったりしますが、動物は体が弱っているときには、栄養をむしろ取り入れずに休むのだとか。

子どもの方が、「思考」に汚染されていない分、きちんと動物的な勘は働くんだな、と感じることも多いです。

 

色々な知識が入ってしまっている大人は、体の声よりも、思考を優先してしまったりしますが、体が弱っているときは、まず、体の悲鳴にきちんと耳を傾け、その声を尊重してあげないといけません。

ただ、弱っているときに、正しい判断をするためには、普段から、「思考」と「体の声」「心の声」の区別をしっかりとつけて生きることも大事ですね。

 

大人はつい、「子供は何も分かっていないから、大人が教えないと」と思いがちですが、大人が子供より詳しいのは、この社会のルールにであって、本当の「生きる術」を知っているのは子供の場合も多いものです。

 

特に頭で考えても分からない問題や、体の問題にぶち当たった時は、思考を休ませて、体や心がくれる答えに耳を澄ませてみましょう。

 

★最後に★

多分、今年最後の更新です。

今年はかなり更新頻度が落ちていましたが、来年はもうちょっと発信していく年になるような気がします。ブログの形態をちょっと変えていこうかなとも思案中。

もしかしたらまだ年末、更新するかもしれませんが、とりあえず……

今年もありがとうございました! 来年もよろしくお願いします!

 

★プレゼント中!★
このブログのエッセンスをぎゅっと凝縮した
「しあわせに生き、しあわせに働くための 10のステップ」プレゼント中!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
ライター・小説家

東京出身・千葉県市川市在住
早稲田大学第一文学部卒

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

★小説家としては「九州さが大衆文学賞」「坊っちゃん文学賞(佳作)」などの受賞歴、佐賀新聞連載・小説NON掲載などの実績があります。

★ライターとしては、社会保険労務士の知識を活かし、産経新聞や人事系雑誌に執筆、共著出版などの実績があります。

>> 詳しいプロフィール
>> 「しあわせに生き、しあわせに働くための10のステップ」プレゼント中!
>> オフィス言の葉サイト