人の意見は「薬」みたいなもの

日本橋にある薬祖神社では、毎年10月の平日に「薬祖神祭」という祭りがあり、その祭りが行われた次の週末に「くすりミュージアム」に行くと、「薬祖神祭」で配られた(売られた?)写真のような「薬壺」つきの笹がもらえます。

ということを、3年前に知ってから、毎年「薬祖神祭」の日程を調べ、その次の週末に「くすりミュージアム」に行くというのが、遊部家の行事のようになっています(笑)

ま、うちの子がほとんど風邪をひかず、年に数回しか保育園を病欠することがない、というのが、この「薬壺」のおかげか、遺伝子的な要素なのかは分かりませんが……でも、子供が産まれてから毎年のように行っていると、インフルエンザの予防接種くらい、この行事は大切なもののようにも感じてきます(笑)

 

というのは、前置きで、この「くすりミュージアム」、なかなか勉強になります。

展示は一フロアだけで、30分もいれば全部見られる程度のものですが、ゲーム形式で学べるものなどもあり、小学生以上(10歳以上かなぁ)の子供がいたら、面白いかな、という内容。

 

で、好感が持てるのが、

「病気を治すのは薬ではない」

と最初にはっきり言いきっているところです。

 

あくまで病気を治すのは体の力。

少しくらいのアンバランスなら、体の力で元に戻せるけれど、病気の力があまりに強かったり、体の力が弱まっていたりすると、体の力だけでは病気が直せない。

そんなときに、薬がバランスを整える「助け」になる。

と。

 

本当、そうなんですよね。

 

でも、10年くらい前までは(もしかしたら5年くらい前までかも)、薬が病気を治してくれると思っていました。

で、そういう思考だったときって、自分の思考の基礎に「自分では何もできない。自分には大した力はない」という考えがあったように感じます。

 

そういう思考があるから、自分の体の力も信じられないし、自分の心や思考の力も信じられなかった、というか。

 

だから、人生の正解は、自分の内側にあるなんて思いもせず、外側、人の意見に正解を求め続ける日々でした。

 

でも、自分のことをもっと信頼できるようになった今は思います。

人の意見とか、人の力って、「薬」みたいなものだな、と。

 

どういうことかというと、

「本当は、自分の力だけで、全部どうにかなる。

でも、バランスを欠いて、自分だけではどうにもならないときは、取り入れてみるといい」

そういうものだな、と。

 

たとえ体がバランスを欠いても、ちょっとくらいなら、自分の体の力で戻せます。

それと同じように、たとえ人生で困難に出会っても、本来は自分の力、自分の選択で乗り切れるのです。

でも、心が弱ってしまって、自分の選択に自信が持てなくなってしまったり、不安という雑念が多すぎて、自分の心の声が聞こえなくなってしまったときは、人に頼るのもありだな、と。

 

友達のカウンセラー・さわとんが以前、

「本当は、自分の悩みには自分で答えが出せる。

もう一人の自分が答えをきちんと教えてくれるはずだから。

でも『もう一人の自分』が機能しなくなったときにだけ、代わりに助けになるのがカウンセラー。

だから、カウンセラーはできるだけ早く、必要とされなくなるのが理想」

というようなことを言っていました。

好きな言葉です。

 

人の意見に人生の大きなヒントをもらったり、人の言葉に励まされたり、人の存在に救われたり……そういうのも、人のなかで生きている人間には、素敵な経験です。

でも、「本当はすべてを解決できる力は自分のなかにある」そう思えたとき、本当の人生が始まるようにも思います。

そんな力強さを持てたとき、人生は今までと、まったく違ったものに見えるはずです。

 

もしまだ、人の意見のなかに「正解」があると信じているなら、もう正解を外に探すのはやめませんか?

自分のなかにこそ答えはあり、自分のなかにこそ、本当の力はありますよ。

 

★プレゼント中!★
このブログのエッセンスをぎゅっと凝縮した
「しあわせに生き、しあわせに働くための 10のステップ」プレゼント中!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
ライター・小説家

東京出身・千葉県市川市在住
早稲田大学第一文学部卒

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

★小説家としては「九州さが大衆文学賞」「坊っちゃん文学賞(佳作)」などの受賞歴、佐賀新聞連載・小説NON掲載などの実績があります。

★ライターとしては、社会保険労務士の知識を活かし、産経新聞や人事系雑誌に執筆、共著出版などの実績があります。

>> 詳しいプロフィール
>> 「しあわせに生き、しあわせに働くための10のステップ」プレゼント中!
>> オフィス言の葉サイト



コメントを残す