世界がどう見えるかは、人それぞれ

うちの旦那は「ポケモンGO」が始まった頃から、コツコツ続けているのですが、最近うちの息子(4歳)が、旦那のスマホで「ポケモンGO」をすることにはまり始めました。

で、私が保育園の迎えに行くと、「ポケモンGOは(ないのか)?」と言われるので、数週間前に仕方なく、自分のスマホにも入れることにしました。

でもこれ、意外と面白いですね。

夜の人気のない道にも、「ポケモンGO」のアプリを通して世界を見ると、モンスターたちがいるし、うちの近くの公園には、江戸時代からあるという大きな灯篭(?)みたいなものが立っているのですが、ひっそりと建っているその灯篭が、「ポケモンGO」の世界では、モンスターたちが闘うジムになっているのです。

なんか、世界が二面になったような、不思議な感覚を覚えます。

 

以前、ダイビングをしていた頃、「海の中にはもう一つの世界がある」というキャッチフレーズが、とてもいいな、と思いました。

初めて海に潜ったとき、あぁ、私は世界を一つしか知らなかったのだ、と、本気で感じましたし。

 

そんなふうに、世界って、実はすごい多面的なものなのかもしれないな、なんて感じます。

別にアプリを通さなくても、海に潜らなくても、何かちょっと知識が増えただけで、世界が違って見えたりもします(私は運転免許証をとるために勉強したとき、一つ世界が変わったような気がしました。……ま、新しく標識の意味を知った、と言うだけですけどね(笑))。

 

よく、コミュニケーションの話でも、
「自分と相手が見ているのが同じものであっても、見え方は違う」
と言われます。

見え方は違うから、「分かれ」と思うだけでは不十分で、きちんと伝えようと思って伝えないと、想いは伝わらない、と。

 

そんなふうに見え方の違いは、デメリットになることもありますが、世界を広げるメリットにもなるのかもしれません。

 

なんて真面目なことを書きながら、頑張ってモンスターを捕らえ、ジムでコツコツ戦わせているこの頃です。

 

※こういう軽い話も気軽に書こうかと思い、「日々のこと」「日々の気づき」というカテゴリーを作ってみました。読む人にはあまり関係ないかと思いますが、私の気分です。

 

★プレゼント中!★
このブログのエッセンスをぎゅっと凝縮した
「しあわせに生き、しあわせに働くための 10のステップ」プレゼント中!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
ライター・小説家

東京出身・千葉県市川市在住
早稲田大学第一文学部卒

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

★小説家としては「九州さが大衆文学賞」「坊っちゃん文学賞(佳作)」などの受賞歴、佐賀新聞連載・小説NON掲載などの実績があります。

★ライターとしては、社会保険労務士の知識を活かし、産経新聞や人事系雑誌に執筆、共著出版などの実績があります。

>> 詳しいプロフィール
>> 「しあわせに生き、しあわせに働くための10のステップ」プレゼント中!
>> オフィス言の葉サイト



コメントを残す