自分のペースで生きられると、パフォーマンスが上がる

久しぶりに3日連続の更新です。

最近週1更新ペースだったので、急にやる気が出たかのように見えますよね(笑)

もしかしたら、これからは毎日更新すると決めたんだろうか、などと思われているかもしれません。

でも本当は逆で、「徹底的に不定期更新にする(メルマガも不定期発行に)」と決めてみました!

 

そうすると不思議なことに、色々書きたいことが出てきたので、「書きたい」という想いに任せて、書いています。

 

旬なアイディアを殺さない

この1年くらいは週1回水曜日にメルマガを発行していたのですが、そこに「ブログ更新情報」を載せることにしていたので、毎週1回、大抵月曜日か火曜日に慌ててブログを更新していました(^-^;

そしてメルマガには、ブログに書いている以外にも「もうひとつ“しあわせに生きるヒント”を載せる」というルールにしていたので、毎週2つのネタが最低でも必要だったのですね。

そんなルールがあると、「来週困らないように」と、複数のネタが思い浮かんでも、次週のために取っておく、みたいな運用になったりもしていました。

思いついたときに、軽くメモはしておくのですが、でも、そのメモを見て書く記事って、「旬じゃない」感じもするんですよね。

 

やっぱり、ふと思い浮かんだときに伝える、書きたいと思ったときに書くって、ちゃんとエネルギーが載る、大事な行動の気がします。

 

依頼先がある仕事の場合は、自分のペースで働くというのは難しい場合もありますが、でも、期日に余裕のある仕事を受けるようにすると、案外、どこかのタイミングでは「あ、今、やりたい」と思うときがあるので、最近は仕事でも、できるだけそういう時機を大事にしています。

根が心配性なので、以前は、頼まれたことはできるだけ早く仕上げないと、と思って、無理してでも「早く」やっていたんですけどね。

でも、「気分が乗っている」という状態のエネルギーを活かすのって、結構、いろいろなことで重要かな、と思うこの頃です。

 

全体的なバランスも

特に最近は、「小説」に力を入れていきたいと思っているのですが、小説を書く場合、「構想期」「執筆期」「修正期」(名前は適当)と大きく3つの時期が必要です。

 

「執筆期」は「書く」時期なので、書くことにとにかく時間とエネルギーをかけます。そういう時期は、ブログなど他のものを書くことはできるだけ減らしたくなります。

 

でも「構想期」は、「書きたい」という気持ちはあるけれど、まだ書く内容が固まっていない時期なので、こういう時期は、「書きたい」欲求をブログなどで発散するのも、自分にとってはいいかな、と。

「構想期」に構想が固まらないうちに書き始めて、話が破たんするとか、小さくまとまって、つまらなくなる……というのがよくやりがちな私のミスなので(^-^;

 

そんなふうに、他のものとのバランスもとりつつ、このブログは、今後もマイペースで更新していきたいと思います!

 

みなさんも良ければ、自分の気分が乗るペースやタイミングというものを、意識してみてくださいね。

 

「日本人は『調子に乗る』というのを悪いことだと思いがちだけれど、本当はいいこと」とテレビでコメントしている人がいました。

本当、そうだな、と思います。

私は自分の子供も、調子に乗れるときは、乗らせてあげたいと思うし、自分も調子がいいときは、その波に乗り続けたいと思います!

 

★プレゼント中!★
このブログのエッセンスをぎゅっと凝縮した
「しあわせに生き、しあわせに働くための 10のステップ」プレゼント中!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
ライター・小説家

東京出身・千葉県市川市在住
早稲田大学第一文学部卒

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

★小説家としては「九州さが大衆文学賞」「坊っちゃん文学賞(佳作)」などの受賞歴、佐賀新聞連載・小説NON掲載などの実績があります。

★ライターとしては、社会保険労務士の知識を活かし、産経新聞や人事系雑誌に執筆、共著出版などの実績があります。

>> 詳しいプロフィール
>> 「しあわせに生き、しあわせに働くための10のステップ」プレゼント中!
>> オフィス言の葉サイト



コメントを残す