自分のためより、人のためを優先したほうがいい人もいる

私のブログの人気No.1記事である「自分の心を満たす5つの方法」には、こう書いた。

◇まず自分が元気に、しあわせになる

  ↓

◇すると自分を好きになり、自分に自信が湧いてくる

  ↓

◇自信が持てると、もっと世界を広げたくなる。挑戦したくなる。

  ↓

◇また、自分がしあわせになると、人にも優しくできるようになる

  ↓

◇「良質な仕事」という社会貢献もできるようになる

自分ファーストのブーム

日本人は特にだと思うけれど、「人のために生きてこそ価値のある人生」みたいな価値観が根強くて、「自分を優先させる」ということに対して、多くの人が罪悪感を抱いてきた。

でも、そうじゃないでしょう?

まず自分がしあわせでなくて、誰をしあわせにできるっていうの?

ということを言い始める人が少しずつ増えてきて、今は「自分ファースト」が一種のブームみたいになっている。

 

私自身は、根はかなり協調性がなく(笑)、

「やりたいことを、やりたいときにやって生きたい!」という人。

なので、「人のため」に自分を抑える生き方にストレスを感じてきた一人で、上記の「ブーム」到来はWELCOMだった。

 

でも、世の中には、「自分」を優先し、自分をしあわせにして始めて、そのしあわせのおすそ分けのように人をしあわせにできる人と、その逆の人がいるらしい。

と、昨日会った人が話していた。

 

「人のため」で生きたほうがいい人もいる

その人は、脳波を測定して、人をタイプ分けする診断を受けたそうなのだけれど、そのなかのタイプに、「人のことをまず考えたほうがいいタイプ」というのもいるのだとか。

 

そして実際、その測定を受け、「人のことをまず考えたほうがいいタイプ」と分類された人は、

「最近、『まず自分のやりたいことを探して、やりましょう』とよく言われるけれど、自分は人に喜ばれることが一番うれしくて、「自分のやりたいこと」と言われても、分からなかった。

それで、自分はおかしいんじゃないかと思っていたけれど、自分はそういう性格なのだと知れてよかった」

と言っていたそう。

 

答えは自分のなかにしかない』ということは、このブログに何度も書き続けているけれど、このブログはやっぱり、遊部香という個人が書いているものだから、私の目線でやっぱり書いてしまう。

私は自分のやりたいことを優先することで、心が満たされたよ、とか。

でもそれは、あくまで私の例。

そうすることでは心が満たされない人もいる。

 

自分にとっての正解は、人の正解と違う

 

多くの人が言っていることや、著名な人や権威ある人が言っていることは信じがちだけれど、それが「自分にとっての正解」かは分からない。

 

私もインタビューしてきて、いろいろな人に色々なことを教えてもらったけれど、その結果、頭が混乱した(笑)

自分の軸がもっとできてからだったら、もっと違ったのだと思うけれど、当時は、人の話を聴けば聴くだけ、自分を見失っていったように思う。

 

人の意見を聴くことはいいのだけれど、それを自分のなかに入れるか入れないかは、やっぱり自分の心に聞いてからにすることが大事。

 

「まずは自分の心を満たすことが大事」「そのためには自分がやりたいことをやる時間を作る」なんていう言葉を読んでも、

「私はでも、目の前の人のためにできることをして、喜んでもらえたとき、一番魂が喜ぶ!」

と思うなら、それを優先したらいい。

 

逆に

「目の前の人にできることをやっていけば、人生は開ける」

と言われても、自分はそこにワクワクを感じないと思ったら、自分がワクワクすることを、人のことなんていったん忘れて、やり続ければいい。

 

そういうタイプの人は、「自分が楽しいから」「自分が心地よいから」という理由で作ったものが、人の心を癒したり、人に元気を与えたりする。

 

大事なのは、「私の心は、どう感じているか」。

自分の心や魂が喜んでいたら、それが正解の方向。「やらされ感」があるなら、間違った方向。

ただそれだけだな。

 

アドバイスはときに呪いに

このあいだ本屋で文庫コーナーを見ていたら、『アドバイスかと思ったら呪いだった』という本が目に入って、秀逸なタイトルだな、と思った。

この本を読んではいないんだけど……、人のアドバイスをまともに信じたために、「呪い」に掛った人って、本当、たくさんいるんじゃないかな。

 

私は「(自営業なんだったら、)ちゃんと人にたくさん会って『営業』しないと、やっていけないよ」という呪いに以前はかかっていたけれど、最近は営業らしい営業なんて欠片もしていないけれど、意外と仕事はある。

 

自分の人生に取り入れたくない、人の「説」「論理」「思想」は、それを「正しい」と自分が信じてしまわなければ、自分の人生に適用されない。

 

以前は、人の意見、アドバイスをそのまま実行できない自分を「行動力がない」とか、自分でも批判したりしていたけれど、今は思う。

「『動けない』という素直な気持ちで、私を間違った方向に行くのを止めてくれた私、ありがとう」と。

 

もっと自分の心の動きを信用して生きよう。

人は人。自分とは違う価値観を持ち、性格をしている他人。

 

人と自分はタイプが違うと思って、距離を取ったうえで、人の意見は聴いてみる。それが大事。

 

★こちらの記事もどうぞ★

自分の意見と人の意見をきちんと区別している?

★プレゼント中!★
このブログのエッセンスをぎゅっと凝縮した
「しあわせに生き、しあわせに働くための 10のステップ」プレゼント中!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
ライター・小説家

東京出身・千葉県市川市在住
早稲田大学第一文学部卒

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

★小説家としては「九州さが大衆文学賞」「坊っちゃん文学賞(佳作)」などの受賞歴、佐賀新聞連載・小説NON掲載などの実績があります。

★ライターとしては、社会保険労務士の知識を活かし、産経新聞や人事系雑誌に執筆、共著出版などの実績があります。

>> 詳しいプロフィール
>> 「しあわせに生き、しあわせに働くための10のステップ」プレゼント中!



コメントを残す