良い気分でいると願いが叶う理由

『引き寄せの法則』関係の本を読むと、よく「良い気分でいる」ことが大事だと書いてある。

『ザ・シークレット』には、「感謝することが大事」とか、「願いが叶うと期待して待つことが大事」とか、そんなことが書かれている。

『引き寄せの法則』が物語になったと言われる『サラとソロモン』にも、「気分よくいること」が大事ということが、繰り返し書かれている。

 

そして、その『サラとソロモン』で、「引き寄せの法則」の重要なポイントが分かったと公言されている奥平亜美衣さんは、「いい気分」でいると、ソースとつながる回路が開くから、願いも天からすっと入ってこれて、叶うのだ、というような説明をしている。

 

私自身は、そういう本を読んできて、「確かに、前向きな気分で、いろいろなことを楽しんで生きているときのほうが、いいことが起きているよなぁ」と、一応、「いい気分でいると願いが叶う」理論を受け入れてはいたのだけれど、あと一歩、肚には落ちていなかった。

 

でも最近、ようやく、多くの人が伝えようとしていることがどういうことか、分かってきた気がする。

……ということで、今日はその「分かってきた」内容をシェアします!

 「願い」が型を作り、「良い気分」が型に入る原材料になる

以前、「『ザ・シークレット』で引き寄せの法則なんて……と思った人こそ『実践 引き寄せの法則』を読んで!」という記事でも書いたように、私が「引き寄せの法則」らしきものに最初に触れたのは、浅見帆帆子さんの本だった。

 

その最初に読んだ浅見帆帆子さんの本『あなたは絶対! 運がいい』にこんなイラストがある。

これは、型に粘土を入れて固めると、型どおりの粘土の作品ができるように、

現実世界も、「こうなったらいいな」と思い描くものが「型」になり、そこに「プラスのパワー」を入れることで、現実化するのだ、ということを示している。

 

浅見帆帆子さんは、「プラスのパワー」を増やすには、「人に小さな親切をする」「家族を大事にする」「近所の人に挨拶をする」という小さな徳を積むことが大事、というような書き方をしていて、「精神レベルが高い人」「低い人」という表現も使っている。

しかも、帆帆子さんの本は、『ザ・シークレット』が日本ではやる前に出たものだから、「引き寄せの法則」という言葉は使われていない。

だから、「なんか似たようなことを言っているように思えるし、両方とも“確かに、そうだな”と思えるんだけれど、理論としては腑に落ちないところがある」という感じだった。

 

でも、この「プラスのパワー」を「徳」に限定せず、「いい気分」に変換すると、帆帆子さんのイラストと解説が一番わかりやすいな、と思った。

 

つまり、「こうなったらいいな」と思うことで「型」を作っておき、それは放っておいて、普段「いい気分」で過ごしていると、勝手にその「型」に原料が注ぎ込まれていって、気づいたら、願った通りの現実が「かたどられている」と。

 

良い気分も大事だけど、願いを具体化するのも大事

 

『ザ・シークレット』が流行った頃は、「願いを具体的にイメージする」ということに重きが置かれていたけれど、最近は逆に「良い気分でいる」ことの重要性を語る人が多い気がする。

 

でも、自分の実体験から言うと、やっぱり両方大事。

 

「願い」に集中しすぎると、「でも、叶わないかも」「どうやって叶うの? そこまでの道が思い描けないし、無理じゃない?」とネガティブな気分に陥り勝ち。

だから、「願い」をぼんやりとでも思い浮かべたら、あとは忘れて、今、熱中できることをやったり、今、いい気分になれることに意識を向けていい。

 

ただ、まったく「願い」を思い浮かべないと、せっかく型に入れる材料があるのに、思ったような形に結晶化しない。

それももったいないかな、と。

 

ぼんやりとでも「あ、こんなのがいい」と思っておくと、気づいたときに現実化していたりする。

 

「あ、そういえば、こんなのが欲しいって思っていた」「そういえば、こんな生活をしたいって半年前に考えていた」……そんなふうに忘れた頃に、以前夢見たことが現実になっている。そういうのは、けっこういいな、と思う。

 

 

まとめ:良い気分でいると願いが叶うから……

 

ということで、「願い」+「良い気分」が、願いを叶えるポイント。

 

ただ、「願い」が頭で考えただけの、あまり心が動かないものの場合、それは宇宙の流れと合っている「願い」ではないから、叶わないことも多い。

願い自体が、「良い気分」でいるときに、ふっと浮かんだものだと、「願い」+「良い気分」の効果がさらに高まって、現実化する。

 

だから普段から、「どうしてもこうしたい」「これは嫌だ」と頑なにならず、力を抜いて、「良い気分」でいることが、やっぱり大事。

 

願いを詳細に思い描いても、それは「型」のディテールを細かくするだけで、「型」に流し込む原料は増えないからね。そこをお忘れなく。

 

★「良い気分になるのが難しい」という人は、まずは自分の心を満たしてあげよう★

満たされない気持ちをなくす5つの方法

 

★プレゼント中!★
このブログのエッセンスをぎゅっと凝縮した
「しあわせに生き、しあわせに働くための 10のステップ」プレゼント中!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
ライター・小説家

東京出身・千葉県市川市在住
早稲田大学第一文学部卒

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

★小説家としては「九州さが大衆文学賞」「坊っちゃん文学賞(佳作)」などの受賞歴、佐賀新聞連載・小説NON掲載などの実績があります。

★ライターとしては、社会保険労務士の知識を活かし、産経新聞や人事系雑誌に執筆、共著出版などの実績があります。

>> 詳しいプロフィール
>> 「しあわせに生き、しあわせに働くための10のステップ」プレゼント中!



コメントを残す