心のメンテナンスは「伝える」仕事をする人には特に大事

前回、「心も適度に動かして、老廃物を出そう!」という記事で、「心の掃除をしよう」と書いたけれど、心の掃除をするメリットは、「自分が楽になる」以外にもあると思う。

それは、こういうこと。

心の老廃物が洗い流される

繰り返していると心がちょっとずつ軽くなってくる

 (自分がまず楽になる)

心がちゃんと動くようになってくる

 (自分は楽しくなってくる。外に向けて動き出したくもなる)

心のエネルギーが外にも伝わっていく

そのエネルギーを人が受け取り始める

 

うまく行けば、こんな良い流れが生まれる。

ものを伝える仕事は、心を伝える仕事

 

私は文章を書く仕事をしているけれど、それは、

「文章という“ツール”を使って、心を伝える仕事」

だと思っている。

 

「心」だけでなく、「エネルギー」を伝えている、とも言う。

 

物を売る文章の場合でも、自分が「すごくいい」と思って、その感情を思い切り込めて書いた文章って、人にも伝わる。

 

以前仕事で書いていたメルマガは、「ひたすら物を売りますよ」系のものだったんだけど、それを読んでくれていた人と会ったときに、

「遊部さんの文章は、感情が伝わってくるから好き」

と言われたことがあった。

 

ものすごい営業系のメルマガなのに、「好き」と言ってもらえたのが、そのときは驚きだった。

でも今なら、ちょっと分かる。

 

当時の私は、「これをいくつ売らなきゃ!」みたいな必死さは全然なくて、「これ、本当にいいから、その良さを体験しないと損だよ!」という想いを本気で込めて書いていた。

物を売るタイプのメルマガには、「そんなに売り込まれても……」と不快に感じさせるものもあるけれど、それはきっと、書く人が「売らなきゃ」という思いで書いているんだろうな。

「これ、私、超好きなんだけど!」という純粋な想いで書いていたら、受け取った相手がうっとうしさを感じることって、ほとんどない。

(ま、好みはあるから、全員に好まれるのは無理だけどね)

 

発信する側の心が、純粋に良いエネルギーで動いていて、それを純粋にまっすぐ発信するなら、受け取った人は不快にならない。宣伝文であっても。

 

文章でなくて、トークでも同じ。

営業トーク、セミナーや講演で話すときも、発信者の心が純粋に動いているかは、とても重要。

 

心を伝えるためには、心を整えてあげることが大事

 

ということで、初めに書いたことに戻るんだけど、

だから、「発信する人」は、「心ができるだけピュアに動くように、心のメンテナンスをするといいよ」と思うんだ。

 

伝わる文章が、必ずしもうまい文章のわけじゃないし、伝わる言葉が必ずしも流暢にしゃべられたものじゃない。

文章や語りのスキルより、大事なのは、発信する人の心の動き。

 

そんなことに、ちょっと意識を向けてみると、文章や話し方がきっと変わる。

 

★プレゼント中!★
このブログのエッセンスをぎゅっと凝縮した
「しあわせに生き、しあわせに働くための 10のステップ」プレゼント中!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
ライター・小説家

東京出身・千葉県市川市在住
早稲田大学第一文学部卒

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

★小説家としては「九州さが大衆文学賞」「坊っちゃん文学賞(佳作)」などの受賞歴、佐賀新聞連載・小説NON掲載などの実績があります。

★ライターとしては、社会保険労務士の知識を活かし、産経新聞や人事系雑誌に執筆、共著出版などの実績があります。

>> 詳しいプロフィール
>> 「しあわせに生き、しあわせに働くための10のステップ」プレゼント中!
>> オフィス言の葉サイト



ABOUTこの記事をかいた人

遊部 香

オフィス言の葉代表・起業家支援ライター 「あなたの想いを 届く言葉に」をモットーに、主に起業家の文章支援をしています。