心が疲れやすい人にお薦めしたい3つのこと

新学期が始まり、普段から心が疲れやすい人は、さらに精神的な負荷を感じる時期かもしれません。

私も、子供の転園(3歳児クラスに上がるのを機に、認可保育園に移ることになりました)があり、色々バタバタし、精神的・物理的な負荷も大きくなっています。

(転園すると、また慣らし保育から始まるので、今日も明日も、2時間しか預かってもらえません……。すでにフル復帰しているママには、この「慣らし保育」はキツイですね)。

ただ、そんななかでも、以前より、随分、心がタフになったなと感じています。

今日は、心が疲れやすかった私が、心の疲れを軽減できるようになった考え方のコツを3つご紹介したいと思います。

 

心が疲れやすい人にお薦めしたいこと その1 「一度選択したら、後悔しない」と決める

心が疲れる大きな原因は2つあって、

  • 1つは「自分を責めること」
  • もう1つは「今更どうにもならないことを、うじうじ考えること」

だと思います。

 

だからまずは、一つ一つの選択をちゃんと意識的に行い、そして一つの道を選んだら、後悔しないようにしましょう。

ま、後悔しないようにしましょう、と言っても、最初はなかなか難しいと思いますが、まずは「『後悔しない』と決める」ことからです。

 

  • どちらにしようか迷ったときには、きちんと納得いくまで迷った後に、「こっち」と決める。
    (大きなことほど、頭で考えるより、直感で決めたほうが、間違わないように思う)
  • 自分の意志で「こっち」と決めたぞ、と、ちゃんと自分で納得する 
  • 納得して決めたのなら、ちょっと「あれ?」と思うことがあっても、後悔はしない。「あれ?」が大きくなったら、改めて「それを辞める」「さらに違う道に進む」という選択をし直す。
    (一度選んだら、絶対その道を進み続けなくてはいけない、なんてことはありません。人生、結構、どこからでもやり直しは効くものです)

是非、そんなことを意識してみてください。

 

「本当にこれで良かったのだろうか」とうじうじ考えていても、前には進まないですし、エネルギーはものすごく消耗します。

だから、「ほかの道に改めて進む」という決意を今できないのなら、「この道を正解にする」と決め、「うじうじ」は、できるだけ早く終わらせましょう。

 

心が疲れやすい人にお薦めしたいこと その2 自分を責めるのをやめる

上にも書きましたが、「自分を責める」のは、ものすごいエネルギーの消耗です。

エネルギーを消耗すると、自分に自信が持てなくなり、自分の軸が揺らぎ、「自分がいけなかったんじゃないか」「〇〇さんの考えの方が正しいんじゃないか」「世間一般の常識の方が正解なんじゃないか」という思考に取りつかれ、「自分は間違っている」と自分を責める方向に思考が向かいます。

それがさらに自分を消耗させ、自分の軸を揺らがせ、自分より「外」に答えがあるように思い、「外」と違う自分を責め……さらにさらに、自分を消耗させます。

 

なんという、悪循環!

 

まずは自分を責める癖を半分くらいに抑えられれば、エネルギーは倍増し、自分の軸が確かになり、そうすると「今回は失敗してしまったけれど、誰でもそういうこともあるよね。次は気をつければいい」とか、「〇〇さんの考え方にも一理あるけれど、私も間違っていないよね」と思えるくらいの自信が取り戻せます。

すると、さらに自分を責める頻度が減り、自分の中にパワーが戻ってきます。

 

これは別に「自分が100%正しく、人は間違っている」と思えとか、自分と違う意見の人を攻撃しろということではありません。

 

ただ、「人と意見が違っても、そんな自分をまず受け入れてあげる」「常識通りに動けなくても、そんな自分も受け入れてあげる」「失敗したり、感情をあらわにしてしまったりしても、そんなこともあると、ありのままの自分を認める」ということです。

 

自分に寛容になれる人は、人にも寛容になれるものです。

 

「自分を責めなくなったら、わがまま放題になって、社会の害になるんじゃないか」なんて心配する必要はありません。

むしろ、自分の内側にパワーを持った人が、周りの人にも社会にも、貢献できるのです。

 

 

心が疲れやすい人にお薦めしたいこと その3 人は人と思う

 

人はとかく、人と比べたがる生き物です。

ある程度、それはまぁ、仕方ないことだと思います。

でも、人との比較で自分の心が無駄に消耗しているなと気づいたら、やめてみましょう。

 

……と言っても、難しいとは思うのですが、人との比較から抜け出す方法は、「自分」に意識を向けることです。

 

  • 自分は何が本当は得意なのだろう?
  • 何に本当に心が動くのだろう?
  • 自分に本当に似合うものは何なのだろう?
  • 自分は今、本当は何を感じているのだろう?

そんなふうに自分としっかり向き合ってみると、次第に周りが気にならなくなってきます。

 

たとえば、自分に本当に似合う服や色を知っている人は、その年の流行になど、ほとんど左右されません。自分を分かっていないから、周りの情報に流されるのです。

 

まずは、徹底的に自分と向き合い、できるだけ「外」に向ける意識を薄れさせましょう。

 

あと、私は結構責任感が強く、期待されるとそれに応えようと頑張って……頑張りすぎて疲弊しちゃうタイプだったのですが、最近はそれも、「その期待は誰のもの? 私の物ではなく、〇〇さんのもの」と、所有を明らかにするように意識しています。

そうすると、その期待と、ちょっと距離が置けるんですよね。

 

今は、自分の自分に対する期待にはちゃんと応えようと思いますが(自分が心からそうしたいと思っているなら、ということ)、外からの期待には、「無理のない範囲で」を意識しています。

 

自分を持っていないと、そういう「期待」すら、自分のものなのか、人のものなのか分からなくなっちゃうんですよね。

 

この半年で、自分の意識ががらりと変わり、そうすると、去年前半までの自分の思考や生き方が、恐ろしく感じられます……(^-^;

 

まとめ:心が疲れやすい人にお薦めしたいこと

その1 「一度選択したら、後悔しない」と決める

まずは選んだ道を正解にする、と決める。

それでも後悔するようなら、「改めて違う道を選択する」と決める。

その2 自分を責めるのをやめる

不必要に自分を責める癖がある人は、それを半分にするだけで、自分のなかにパワーが戻り、自分を肯定できるようになり、そうするとさらに自分を責める癖が減っていきます。

その3 人は人と思う

人のことより、自分のことにもっと意識を向けましょう。

自分のことをきちんと理解できている人は、周りに簡単に振り回されることがありません。

 

「心が疲れやすい人」とは、「自分の軸が定まっていない状態の人」だと思います。

軸が定まっていれば、自分の軸を中心にして独楽のように回るだけですが、軸がないと、あっちこっちへ振り回され、無駄にエネルギーを消耗してしまうのです。

まずは「自分の軸を持つ」ことを大事にしてみるといいんじゃないかな、と思います。

 

★プレゼント中!★
このブログのエッセンスをぎゅっと凝縮した
「しあわせに生き、しあわせに働くための 10のステップ」プレゼント中!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
ライター・作家

東京出身・千葉県市川市在住

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

文章を書くのが仕事であり、趣味。純粋な趣味として、花や風景の写真を撮っています。

小説も書いています。文学賞受賞歴も多数あります。

>> 詳しいプロフィール
>> 「しあわせに生き、しあわせに働くための10のステップ」プレゼント!



コメントを残す