成功する人としない人の違い:メジャー批判する人が成功しないわけ

今日は、少し前のメルマガに書いて、けっこう反響があった内容を、記事にまとめてみます。

メルマガの登録はこちらから♪
毎週水曜日の夕方、ブログの更新情報とプラスαのしあわせに生きるヒント1つを掲載し、配信しています!

登録いただいた方には、「しあわせに生き、しあわせに働くための10のステップ」をプレゼントしています!

→ http://vitarals.com/post_lp/mag

 

「芸術家」意識が高い人に多い「メジャー批判」をする人

前に「芥川賞・直木賞・本屋大賞の違い:純文学とエンターテイメント小説の違い」という記事の最後に、

小説に限らず、自分で作品を作っている人と話すと、「これは芸術性が低い(からダメ)」とか、「薄っぺらい」とか、逆に「分かる人に分かればいいという態度は傲慢だ」とか「小説は楽しめてなんぼだ」とか、色々みんな意見を持っているけれど、

結局のところ、ただの好みだから!って話だと思う。

「人と合わせる必要もないけれど、人に自分と合わせてもらう必要もない」

と書いたのだけれど、前者の「これは芸術的じゃないからダメ」「大衆受けを狙った作品を作るなんて邪道」みたいな考え方の人って、けっこう多いように感じる。

私自身は長く小説を書いてきて、「小説仲間」も多かったし、大学時代は役者を目指して劇団をいくつか転々としたし、音楽をやっていっている人と会うことも多かった。

大学時代出会った人のなかには、今は俳優として頻繁にテレビに出るようになっている人や、誰もが知っているグループのメンバーとして歌っていたりする人もいる。

でも一方で、9割9分の人は芽が出ず、「普通の社会人」になり、そのまま表現活動を辞めてしまっている。

その違いは何なのか……?

 

「メジャー」になって成功する人の共通点

 

当時は、「才能」と「運」なんだと思っていた。

でも、改めて客観的に考えると、それだけじゃないな、と思う。

役者として成功したAさんと、アーティストとして成功したBさんのことを改めて考えると、他の人とは違う共通点があった。

それは

  • 人は人と割り切り、自分を貫く孤高さがあった(決して、協調性がないわけではなく、自分できっちり優先順位をつけて、それを守るような姿勢があった。他の人が7年生、8年生になったりするなか、Aさんは2年であっさり退学を決めたし、当時は劇団員ではあったけれど、いつも一人、他の人と離れて発声練習をしていた印象が強い)
  • 先輩後輩が厳しい社会でも、後輩を見下すような姿勢は取らず、誰に対してもフラットで、自分の成功を自慢しなかった(当時から2人ともテレビやラジオに出ていたけれど、それをネタに収録時の笑えるエピソードを話してくれたり、「あ、まぁ、ラジオやってるんだ」と軽く言うくらいだった)
    ※逆に、8年生まで劇団に残りながら、いまいちパッとしなかった先輩ほど、人を見下すような態度を取った。今でも忘れられない人がいる(^^;))

 

去年まで色々な人にインタビューしてきて辿り着いた答えと似ているんだけど、結局、生きるために大事なことって、この2つなのかもしれない。

  • 『自分』を生きること
  • みんな等しく価値ある存在だと心底思って生きること
    (これは、思いこもうとしても、多分できず、ある段階に達すると自然に「みんな平等なんて、当たり前だよね」という感覚になるんだと思う)

もちろん、才能と運も大事だと思うんだけどね、でも「自分を生きる」ことで才能は一番発揮され、「みんな等しく価値がある」と信じる心が、人との良い関係を築かせ、それが「運」を運んできてくれるのだとも思う。
(運って多くは、人が運んできてくれるもの)

 

メジャー批判する人が成功しないわけ

それとは逆に、「表現」をしている人のなかには、成功している人(メジャーになった人)を批判する人も多かった。特に大学時代は、斜に構えている人も多かったからね。

映画とかドラマでもよくこんな台詞を聞くけれど、まさにこんな感じの人たち。

「奴ら(有名なバンドやアーティスト)は、メジャーになるために、自分たちの音楽性を捨てて、大衆受けするものを作り始めた。

俺たちは、音楽大衆におもねるような音楽なんて、絶対に作らない」

でも、そう言っている人たちがその後、成功したという話はほとんど聞かないんだよね。

当時は分からなかったけれど、今はその理由が分かる。

ここでの問題は2つ。

1つは「人のことばかり気にしている」から。

メジャーになった人が「大衆」を意識しすぎだと言っているわりに、こういう言葉を言う人は「メジャーになった人」をずっと意識している。

逆に、成功する人はライバルに強くは意識を向けていない。

羽生選手とかイメージすると分かりやすいと思うけれど。ただ淡々と、自分に今、何ができるか、自分の力を以前より磨くためにはどうすればいいか、を見つめ、そのためにできることをやっている。

さっき書いた役者のAさんが、一人で黙々と発声練習をしていたのと同じ。

2つ目は、上記の発言は「欠如」を前提としているから。

なぜ、ライバルを批判する言葉を口にするのかというと、「シェアは限られている」と思っているから。

シェアという言葉は分かりづらいかもしれないけれど、音楽の話でいうと、「音楽を聞く人、ライブに行く人の総数は変わらない。だから、AやBやCの音楽が人気になれば、自分たちの音楽に関心を示す人は減る」と考える、ということ。

でも、本当にそうかというと……

そんなことはない!

芸人の又吉さんが芥川賞を受賞したとき、又吉さんはこんなことを言っていた。

僕が芥川賞を獲ったことがきっかけで、文学に興味を持ってくれる人が増えたら嬉しい。

成功している人は、こういう考え方をしている。

でも、マイナーで終わる人は、「芸人だから芥川賞を獲れたんだ。大した実力でもないくせに」と思い、まるで自分のチャンスをメジャーな人に奪われたように感じる。

この考え方の違いって、実はすごく大きい!

……ということに、私も最近、気づいた(笑)

少ない椅子を争う意識ではなく、自分の存在によって椅子自体を増やしてしまえ!という意識で生きている人は、やっぱり強い。

自分もそういう意識で生きたいと思います!

 

まとめ:メジャー批判して、マイナーで終わる人にならないために

あなたが何かの分野で「メジャーになりたい!(成功したい!)」と思っているのなら、次の3つのポイントを意識してみてください!

  1. 人よりも自分にしっかり意識を向ける。
    自分の強みは何なのか、自分の力をもっと磨くにはどうしたらいいのか、そこに集中する。
  2. 自分を大切にするのと同じくらい、人も大切にする。
    自分にも人にも同じだけの、ものすごい価値があるのだということを信じて、日々を送ってみる。
  3. 少ない椅子を取り合う意識ではなく、椅子自体を増やすくらいの気持ちで生きる。

今日の記事が何かあなたの人生のプラスになれば幸いです!

★プレゼント中!★
このブログのエッセンスをぎゅっと凝縮した
「しあわせに生き、しあわせに働くための 10のステップ」プレゼント中!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
ライター・小説家

東京出身・千葉県市川市在住
早稲田大学第一文学部卒

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

★小説家としては「九州さが大衆文学賞」「坊っちゃん文学賞(佳作)」などの受賞歴、佐賀新聞連載・小説NON掲載などの実績があります。

★ライターとしては、社会保険労務士の知識を活かし、産経新聞や人事系雑誌に執筆、共著出版などの実績があります。

>> 詳しいプロフィール
>> 「しあわせに生き、しあわせに働くための10のステップ」プレゼント中!
>> オフィス言の葉サイト



ABOUTこの記事をかいた人

遊部 香

オフィス言の葉代表・起業家支援ライター 「あなたの想いを 届く言葉に」をモットーに、主に起業家の文章支援をしています。