淋しさや孤独を感じるのは、人間関係のせいじゃないよ

 

最近、ふと思った。

以前は、「淋しいな」と感じると、「最近、人と会っていないからじゃないか」と考えたり、実際、人と会う約束を増やしたりしていた。

 

あ、補足すると……

一時期すごい頻度でインタビューしていたせいで、私のことを「社交的な人」と思っている人が多いみたいなのだけれど、実は、全然違う。

基本、一人でマイペースに過ごすのが好き。

 

ありがたいことに、仕事も家で自分のペースでできるものが多いので、平日のほとんどは、家でパソコンに向かったり、それに飽きると、仕事の場所を変えたりして、本当、マイペースで働かせてもらっている。

そして、気づくと、「あれ? 最近、人に会ってないなぁ」ということが起こる(笑)

 

以前は、

「こんなんじゃいけないんじゃないか」

「もっと積極的に人に会いに行かないと」

「セミナーとか勉強会にもたまには参加しないと」

という焦りがあったり、

淋しさや孤独感を感じると、「人との接触が足りなすぎるんだ」と思ったりしていた。

 

でも最近、本当にそうなのかなぁ? と感じてきた。

 

「あれ? 最近、人に会ってないなぁ」と思うくらいのときって、自分のやるべきことに集中していて、実は、淋しさとか孤独とか感じていない。

そんなことを感じる余白がないくらい、何かに没頭している。

そういうときって、実はしあわせ。

 

そこまで考えて、分かった。

 

淋しさとか孤独って、

人とのつながりが切れて感じるんじゃなくて、

「自分自身」とのつながりが切れたときに感じるんだ! と。

 

  • 自分が本当にやるべきだ(&やりたい)と思っていることを、外的な理由で後回しにせざるを得ない時期が続いたり、
  • 自分の感情を押し殺して生きなくてはいけない状況が続いたり、
  • 何らかの原因で凹んで、「どうせ自分なんてダメだ」と自分の本当の力とのつながりを失ったり……

 

淋しさや孤独の原因って、本当はそこにあるんじゃないか?!と思った。

 

 

欠乏からの行動は、いい結果にはつながらない、ということはこのブログでも繰り返し書いてきたけれど

欠けているものなんて、ないよ

2017.11.16

心の動く行動をしよう

2017.11.02

 

「淋しい・孤独」→それを埋めるために「人に会う」という行動をする

という流れの場合、それは、淋しさや孤独をさらに感じさせる結果に終わる可能性も高い。

 

だからやっぱり、人に会うのも、自分が自分としっかりつながって、しあわせだなぁ、っていうときにしたほうがいい。

 

それは、「淋しいときに人に頼るな」という厳しいことでもあるのだけれど、

見方を変えれば、
「淋しさも孤独も、自分一人でどうにでもなるから、怖いものじゃないよ」ということでもある。

 

淋しさは、本当の自分と離れてしまっているよというメッセージ。

そういうときほど、他人とじゃなくて、自分とたくさん話をしてあげよう。

 

★プレゼント中!★
このブログのエッセンスをぎゅっと凝縮した
「しあわせに生き、しあわせに働くための 10のステップ」プレゼント中!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
ライター・作家

東京出身・千葉県市川市在住

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

文章を書くのが仕事であり、趣味。純粋な趣味として、花や風景の写真を撮っています。

小説も書いています。文学賞受賞歴も多数あります。

>> 詳しいプロフィール
>> 「しあわせに生き、しあわせに働くための10のステップ」プレゼント!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です