人からの評価が気になったり、人に自分の意見を語りたくなる理由

自分自身とのつながりが強くなり、自分の内側にある力に気づけるようになると、どんどん、「外側」のことが遠く感じられるようになる。

 

それって、「ひきこもる」とか悪いことじゃなくて、「心に余裕ができる」ということ。

人に意見を否定されたとき

以前は、人が自分と違う意見を口にしたとき(特に自分が意見を言ったあとに「自分はそうじゃなくて……と思う」とか言われたとき)、

反射的に「でも」と反論したり、実際に反論しないまでも、反論したくなることが多かった。

 

でも最近は、反射的に反論することはなくなった。

まず、「へぇ、この人はこう考えるんだ」ということを冷静に聞き、

たとえ相手がちょっと攻撃的な感じであっても、

「なんでこの人は、攻撃的な口調なんだろう」と考えられるようにもなってきた。

 

ま、年の功っていうのもあるのだろうけれど、それとは別に理由があるとしたら、

今の私は自分自身を無条件に認めているから、

なのだと思う。

 

人の評価によって価値は変わらない

以前は、人に「そうだよね」「その考え方いいね」とか言ってもらわないと不安だったから、人にも同意や共感を求めていた。

 

でも、

「人にどう思われようが、評価されようがされまいが、自分自身の価値は変わらないよね」

ということが分かってくると、

人からの評価とか、同意とか、共感に以前ほど価値を置かなくなる。

 

もちろん、共感してもらえたら嬉しいというのはあるし、自分の出した意見を「いいね」と言ってもらえるなら、それに越したことはないのだけれど、

自分の考えや想いを否定されても、自分がその考えや想いを大事だと思ったら、大事にすればいいだけ。

 

ま、仕事上で出したアイディアが上の人に否定されれば、実現できずに終わっちゃって悲しい、ってこともあるだろうけれど、

でも、そのアイディアはまたどこかで、いつか生きるかもしれないし、そのアイディアが採用されようが、されまいが、あなたの価値に変わりはない。

そのアイディア自体の価値にも変わりはない。

 

人の評価や反応に振り回されるのは、自分の力を人に渡してしまうこと

だからね、最近思うのは、

人からの評価や反応が気になったり、人からの反論が気に障ったりしたときには、

「あ、自分は今、力を失っているな。自分の力を人にあけわたそうとしてしまっているな」

と自覚するといいんじゃないかな、ということ。

 

私も、やっぱり一生懸命に書いた文章を否定されたら凹むけれどね、

でもそういうとき、「やっぱり自分はダメだ」と思うんじゃなくて、

「ここで落ち込んでいたら、力をさらに失うことになるぞ」って考える。

 

ダメだと言われて、「あぁ、ダメなんだ」と思ったら、そこ止まりだけれど、

「いや、でも自分はやっぱりこれに価値があると思う」と信じられれば、

人にもその価値が分かるようにもっと磨こうと思えるし、

結果的に、「外側」の世界も動かす力になると思うんだよね。

 

7つの習慣』の「私的成功は必ず公的成功に先立つ」という言葉は有名だけれど、

本当の意味で「成功」するためには、自分の内側を整えること、自分自身の力に自分自身で気づくことが、まずは欠かせない要素なんじゃないかと思う。

そして自分の内にある力に気づいたら、それを簡単に人に渡さないこと。

 

★プレゼント中!★
このブログのエッセンスをぎゅっと凝縮した
「しあわせに生き、しあわせに働くための 10のステップ」プレゼント中!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
ライター・作家

東京出身・千葉県市川市在住

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

文章を書くのが仕事であり、趣味。純粋な趣味として、花や風景の写真を撮っています。

小説も書いています。文学賞受賞歴も多数あります。

>> 詳しいプロフィール
>> 「しあわせに生き、しあわせに働くための10のステップ」プレゼント!