行き詰まりや孤独を感じるのは、自分が閉じているから

この1週間くらい、プチ・スランプに陥っていた。

「なんか書けない……」とか、

「なんか気持ちが晴れない……」とか、

そんな感じ。

 

そういうときは次第に、

「このままで大丈夫なんだろうか」

という不安が芽生え始め、

 

それを放っておくと、

「あぁ、どうしよう。どうにかしないと。

なんで、こんな、もやもやが晴れないんだろう」

という想いがループする。

 

でも、

「なんで、こんな、もやもやが晴れないんだろう?」

という思考は、「もやもや」する状態にフォーカスしているから、さらに事態を悪化させる。

 

理由を探ることは、問題を解決することにはならない。

 

しかも、「なんで、もやもやが晴れないんだろう」という思考は「もやもや」を敵対視しているから、さらに「もやもや」を「問題」にしてしまう。

 

気持ちが晴れない原因は、間違ったものに思考をフォーカスさせているから。

 

だから、まずは思考の向きを整えてあげる。

 

「なんか気持ちが晴れないな」「なんか、もやもやが続くな」という現状を、まずはいったん、受け入れる。

 

それから、本当はどういう心の状態になっていたいのかをイメージする。

 

そう考えたとき、ふっと出てきたのは、

もっとちゃんと世界とつながっている感覚でいたい、

という答えだった。

 

そこで、なんか思い出した。

自分が「しあわせに生き、しあわせに働く10のステップ」で書いた……

  • 世界はあなたに優しいですか?
  • しあわせとは、自分自身に力があると100%信じられる心の状態だと思う。

という2つの言葉。

 

この冊子、実は、

夜、何かにとりつかれたかのように、1時間半、ものすごく集中して書ききったもの。

だから、自分が書いたものなのだけれど、何かに書かされたもののようにも感じている。

 

そのせいか、久しぶりにその冊子の内容を読み返したら、今の自分にもすごい気づきがあった。

 

それは……

世界の優しさは、太陽の光のように、雨のように誰にでも分け隔てなく降り注いでいるものだよなぁ、ということ。

 

そして、その優しさをきちんと浴びられているとき(その優しさとつながれているとき)、人はしあわせを感じられるのだけれど、遮られてしまったとき、しんどさとか、淋しさとか、孤独感を感じるんだよなぁ、と。

 

でも、そのつながりを遮るのは、他の誰でもなく、自分。

 

意図して、そのつながりを断ち切る人はいないと思うのだけれど、

「自分なんてダメだ」

「なんかうまくいかない。どうしてうまくいかないんだろう……」

「もっと(自分の力で)どうにかしなくては」

と、自分へダメ出ししたり、今の状況のマイナス部分ばかり見たり、変に力が入っているときって、

実は、世界の優しさを拒絶している。

 

せっかく大きなじょうろで水をもらっているのに、頑なに傘を差して、水をもらわず、

「喉が渇いた」「このままでは干からびてしまう」

と、苦しんでいる感じ。

 

天からはいいものが降り注いでくるのに、槍でも降ってくるみたいに考えて、頑丈な屋根を作ろうとしている感じ。

 

あぁ、もったいない!

もっとせっかくのそこにある天からの恵みを受け取らないと。

なんてことに気づいた最近でした。

 

上手くいかない、つらい、淋しいと思っているときほど、

リラックスして、世界を感じてみる。

世界の恵みが降り注いでいるイメージをする。

意外とそれだけで心の状態は回復に向かうものかも。

 

そんなふうに世界の優しさを思い出させてくれる冊子、是非お手元に!(お、最後は宣伝か?!(笑))

「10のステップ」プレゼント!

 

★プレゼント中!★
このブログのエッセンスをぎゅっと凝縮した
「しあわせに生き、しあわせに働くための 10のステップ」プレゼント中!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
ライター・作家

東京出身・千葉県市川市在住

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

文章を書くのが仕事であり、趣味。純粋な趣味として、花や風景の写真を撮っています。

小説も書いています。文学賞受賞歴も多数あります。

>> 詳しいプロフィール
>> 「しあわせに生き、しあわせに働くための10のステップ」プレゼント!