人からの評価・批判なんて気にしなくていいよ。だってそれは……

前回の「他人との比較から抜け出す たったひとつの方法」という記事でも書いたのだけれど、最近、私は以前より、人のことが気にならなくなった。

ゼロにはならないけれど、3分の1くらいには減った。

 

その理由の一つとして、前の記事では、「自分の持ち場を決めたから(そして、それ以外の場所での勝負を放棄したから)」ということを書いたのだけれど、もう一つ理由がある。

 

それは……

 

人の自分に対する評価は、「自分に対する評価」のようであって、

実は「(言った)人の、その人自身に対する評価」であったり、

「自分自身の自分に対する評価」でしかなかったりすると分かってきたから。

 

人からの評価は、「自分自身の自分に対する評価」でしかない

 

後者の方が分かりやすいので、後者から説明するけれど……

 

以前からこのブログにも書いているように、

「人は、自分で自分をどう扱うかによって、人に自分をどう扱って欲しいかを伝えている」

の。

このあたり、詳しくは下記の記事に書いています。

自尊心を高める(1):自分で自分をどう扱うかが重要

 

つまり、自分自身を大切にしている人は、人からも大切に扱われ、「どうせ自分なんて」と思ったり、実際自分のことを後回しにしている人は、人からも軽んじられることが多くなる。

 

だから、人から軽く扱われた場合、

「やっぱり自分はその程度の人間なんだ」

と思ったら、同じことが繰り返されてしまう。

 

この場合、本当にやらなくてはいけないのは、まず、自分の自分に対する評価を上げてあげること。

 

自分の欲求をきちんと満たしてあげるとか、自分との約束を守るなどして、自分の自分に対する信用を増していけば、自然と、人からの評価も上がる。

 

人からの評価は、「(言った)人の、その人自身に対する評価」であることも多い

そしてもう1つ、注意したいのは、評価というのは、評価する側の人間に大きく左右されるということ。

 

基本的に、自分がしっかり満たされていて、自分で自分の心を良い状態に保っていられる人は、人のことを批判なんてしない。

「もっと、〇〇したほうがいいよ」とアドバイスをすることはあるかもしれないけれど、言われた人が「批判された」「攻撃された」と感じるような物言いはしない。

 

だから、「批判された」「攻撃された」と感じた時には、それを真正面から受け止めるのではなく、その前に、言った相手はどんな状況・状態でその言葉を口にしたのかを冷静に考えてみることが大事。

 

たとえば「お前は何も分かっていない」などと言われたとする。

親でも、上司でも、先生でも誰からでもいいけれど。

 

そのとき、「あぁ、自分は世間知らずなんだ」「自分はダメだ」と思ってしまう人も多いだろうと思う。

 

でも、そんな言葉を吐く人の内側には、「自分のことをもっと分かってもらいたい」という欠乏感がある。

 

大きな夢を語ったとき、「そんなの無理」「そんな、夢物語だよ」と言われたときも同じ。

そういう風に、夢を否定する人は、大抵、自分の夢をあきらめた人。

 

そうやって、向けられた言葉、自分に対してなされた評価を、自分の心の中に入れる前に、ちょっと距離を置いて見つめてみる。

それは本当に正しい「自分に対する評価」なのだろうか? と。

 

一度、そうやって、自分の中に取り入れる前に「吟味する(ぎんみする)」過程を作ることで、次第に人からの評価が気にならなくなってくるはず。

 

だって、人のことを真に正しく評価できる人なんて、本当はいないんだから。

自分の評価・価値を決められるのは、本当は自分だけ。

それなら、自分を最大限認めてあげよう。

そうすれば、人からの評価なんて、気にならなくなる。

そして、もっと自分を生きられるようになるからね。

 

★プレゼント中!★
このブログのエッセンスをぎゅっと凝縮した
「しあわせに生き、しあわせに働くための 10のステップ」プレゼント中!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
ライター・小説家

東京出身・千葉県市川市在住
早稲田大学第一文学部卒

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

★小説家としては「九州さが大衆文学賞」「坊っちゃん文学賞(佳作)」などの受賞歴、佐賀新聞連載・小説NON掲載などの実績があります。

★ライターとしては、社会保険労務士の知識を活かし、産経新聞や人事系雑誌に執筆、共著出版などの実績があります。

>> 詳しいプロフィール
>> 「しあわせに生き、しあわせに働くための10のステップ」プレゼント中!