他人との比較から抜け出す たったひとつの方法

「たったひとつの……」というタイトルはクリック率が高いんだって。

なんて、マメ知識の披露はいいとして……(笑)

 

最近、ふと気づいたことが、

「あ、私、前より人のことが気にならなくなってきたなぁ」

ということ。

 

以前は、人からどう思われるかとか、他の人の行動とかが気になっていたけれど、最近、それがずいぶん減った。

ゼロにはならないけど、3分の1くらいにはなったかもなぁ。

 

それって、なんでだろうと思ったのだけれど、多分、

「自分の持ち場はココ」と決めたからなんだろうと思う。

 

以前も、口先では「文章力だけで食べていく」なんて言っていたけれど、

 

「そのためには、やっぱりライターとしての仕事を獲得するための営業力が大事だよね」

とか

「まずは安いセミナーとかイベントを開いて、多くの人と接触しないといけないよね」

とか

「色々な集まりにもっと顔を出さないといけないよね」

とか、色々考えていた。

 

つまり、自分が得意でない「営業」「集客」「イベント開催」「講師」「多くの人との交流」みたいなものも、全部自分でやらなきゃーってなっていた。

 

でも、得意じゃないし、好きでもないから、腰が重くて、動けない。

で、動けない自分を責める。

 

そして、積極的に動き回っている人のことを見ては、比較して落ち込む……。

 

ということが多かった。

 

そういうときって、比較して落ち込むから、例えば、自分が苦手な「営業」が得意な人とか、「イベント開催」が得意な人を見るのがなんか嫌で、だから気づくと、半分無意識に距離を置いたりしていた。

 

でも、

「自分の持ち場は、文章を書くこと。

だから、それが苦手な人の役に立つぶん、自分が苦手なことは人に助けてもらおう」

と思ったら、ふっと楽になった。

 

 

実際、去年は、大阪でWEB制作をしている友人(でもあり、素敵な仕事人でもある)田川さんのWEB制作案件に、「文章&写真撮影」で関わらせてもらったのだけれど、本当、自分の得意なところだけを任せてもらえて、とても良かった。

田川さんにも「香さんに文章を任せられて、本当、楽だった」と言ってもらえたし、こういうwin-winの関係もあるのだな、と。

作ったのは、「堺話し方学院」のサイト

お近くの方は、是非、体験授業だけでも行ってみてね♪

 

で、そういうことが分かってくると、意識がこんな風に変わった。

それは、自分が苦手なことを得意としている人を見たときに、

今までは「(自分のダメさが痛感されるから)なんか嫌だなぁ」と思っていたのが、

「あ、この人にはいつか助けてもらえるかもしれない。いつか一緒に何かできるかもしれない」という思考に、気づいたら変わっていた。

 

これって、小さいことに見えて、実はすごく大きい。

 

「頻繁に人と自分を比較してしまって、自分はダメだと落ち込む」と言っている人は、実は、ある意味、自信家なのかもしれない。

 

きっと、その人は、Aでも、Bでも、Cでも、Dでも、Eでも、全部の種目に自分が参加しようと思っているのだろうから。

「自分は100メートル走に出るから、リレーやマラソンには出ません」と決めれば、長距離選手のことなんて気にならないはず。

でも、中途半端に「100メートル走も、リレーも、マラソンも……やり投げも、走り幅跳びも、重量上げもやります」なんて思っているから、他の種目の選手が気になってしまうんだ。

 

そんなことに最近、はっと気づいてしまった。

私は一体、何種目にエントリーしていたんだ!って(笑)

 

ということで、人生も折り返しのような年齢になってようやく、エントリーする種目を減らすことにしました!

もし、人との比較で疲労を感じている人がいたら、「自分が本当に自信をもってエントリーしたい種目はどれ?」と、自分に問いかけることをお薦めします!

それでも人が気になる場合は、種目をどんどんニッチにしていくのもポイント。

たとえば「100メートル走」だとライバルは多いけれど「100メートル走 42歳女子 市川市民の部」にするとかね。

あ、私は走るの遅いんで、どんなに絞り込んでも、100メートル走は1位になる自信、全くないけど……あくまで例として(笑)

 

★プレゼント中!★
このブログのエッセンスをぎゅっと凝縮した
「しあわせに生き、しあわせに働くための 10のステップ」プレゼント中!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
ライター・小説家

東京出身・千葉県市川市在住
早稲田大学第一文学部卒

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

★小説家としては「九州さが大衆文学賞」「坊っちゃん文学賞(佳作)」などの受賞歴、佐賀新聞連載・小説NON掲載などの実績があります。

★ライターとしては、社会保険労務士の知識を活かし、産経新聞や人事系雑誌に執筆、共著出版などの実績があります。

>> 詳しいプロフィール
>> 「しあわせに生き、しあわせに働くための10のステップ」プレゼント中!
>> オフィス言の葉サイト