やらなきゃいけないことが多すぎる!と思う人に伝えたいこと

大学時代、社会人になった先輩が部室に来て、こんなことを言っていた。

「社会人になると自由な時間が減るから、大学時代みたいに、なんでもかんでもはできなくなる。 

 でもその分、自分が本当にやりたいことだけに絞れる。それが時間が少なくなる利点だと思う」

その先輩は、「社会人になると、10,000円が、大学時代の1,000円の感覚になるから」と言いながら、景気よくおごってくれたり、格好いい人だった。

 

「時間がない!」と追い立てられる理由

最近、私は以前よりもずいぶん時間に追い立てられることが減った。

ま、今でも「あー、お迎えの時間まであと〇時間なのに、きゃー!」ってなっていることもあるけど(笑)、でも、以前より、あまり焦らず、子供と一緒に夜寝ちゃっても、ま、それはそれでいいか、くらい緩く生きられるようになってきた気がする。

それは、ひとつ、口癖を手に入れたから。

どんな口癖かというと、

「所詮、それは枝葉末節に過ぎない!」という言葉。

ま、人には言わず、心の中でだけ言っているんだけど。

でもなんか、ちょっと文学者っぽくていい響き?!

 

バタバタして、「時間がない!」となっていたときは、何でもかんでもやろうとしていた。

実際にはやらないとしても、「やらなきゃ」という意識があった。

 

たとえば、

イベントとか開催するのが得意なAさんのSNSを見ては、「やっぱりフリーで活動するなら、イベントの主催くらいできないといけないよね」と思ってみたり、

ブログのアクセス数が月何十万というBさんを見ては、「自分のブログのアクセス数ももっと伸ばさなきゃ」と思ってみたり、

色々な人のSNSに積極的にコメントをつけて回っているCさんを見ては、「そういうつながりを作らないといけないよね」と思ったり。

 

実際にできるのは一部でも、「やらなきゃ」「やらなきゃ」って気持ちはどんどん膨らんでいって、常に焦りと、「時間がない!」という気持ちでいっぱいだった。

 

「 やらなきゃいけないこと」は本当に大切なこと?

でも、そういうものから一度全部離れて、自分は本当に何がやりたいんだろう、ということを見つめたとき、自分の心の奥の奥にあったのは、私は、

「とにかく人の心を動かす文章を書いていたい」

ということだった。

小説なり、このブログで書いているような「想い」を込めた文章。

 

5年前にフリーになり、3年7か月前に子供が生まれ、慣れない子育てと、「フリーで仕事しているんだから、営業して、新規の仕事を取らなきゃ」という想いとで、自分の本当の気持ちに蓋をしていたけれど、外からの情報を(できるだけ)シャットアウトして、自分の心の声を聴いてあげれば、心は自分の本当の「核」を教えてくれる。

 

私は、せっかく見つけた、というか、再会したその「核」をちゃんと自分の「幹」に据えようと決意した。

そして、それ以外は、「幹」ではない「枝葉末節」であると、しっかり認識することにした。

 

きっとAさんはイベント開催が、Bさんはブロガーとして影響力を持つことが、Cさんは多くの人と接するのが好きで、大切にしたいことなんだろう。

でも、自分にとって大事なのは、そこじゃない。

そう分かったら、AさんやBさんやCさんみたいに、そのことを頑張らなくたっていい。

 

そんなふうに自分のことをちゃんと認識したり、自分はこれを大事にして生きると決意したら、人が何をしていてもあまり気にならなくなったし、自分が本当に大事にしたいことを、本当に大事にできるようになった。

 

だから、もし、他の人がしていることを見て「自分ももっとやらなきゃ!」って思ったり、全然違うたくさんのジャンルのことに手を出して、忙しくなっているなら、こう薦めたい。

まず、自分の幹を見つけること。

それから、それ以外は「枝葉末節」だと位置づけること。

幹以外を全部捨てる必要はないけれど、あくまで一つの細い枝だよ、と。

 

太い木は、枝の1つや2つ台風などで折られても、全然動じず、そこに立っている。

そんな姿に人は勇気づけられたりする。

幹をしっかり育て、どっしり立っている人には、そんな安定感や安心感がある。

★プレゼント中!★
今、メルマガ登録頂いた方に、
「しあわせに生き、しあわせに働くための 10のステップ」プレゼント中!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
ライター・作家

東京出身・千葉県市川市在住

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

文章を書くのが仕事であり、趣味。純粋な趣味として、花や風景の写真を撮っています。

写真と「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」になる文章を合わせた本を来年あたり出版したいと思っています。

小説も書いています。文学賞受賞歴も多数あります。

>> 詳しいプロフィール
>> 遊部香のインタビューを受けたい方はこちら
>> 「しあわせに生き、しあわせに働くための10のステップ」プレゼント!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です