『虹の岬の喫茶店』コミック誕生秘話が素敵だった

一昨日の夜は、小説家の森沢明夫さんを囲む「もりちゃんを囲む会」に参加してきました。

森沢さんと言えば、書くもの書くもの映画化される大先生ですが、「もりちゃんを囲む会」の第1回は、森沢さんが一番最初の小説「海を抱いたビー玉」を出したすぐ後くらいに開催されたので、今回でこの会も10周年!

そして私は、第1回から、ほとんど休むことなく、会に参加し続けています!

なのに、森沢さんとちゃんと話した記憶が数回くらいしかない(^-^;

 

……と書くと、積極的な人が森沢さんを独占してしまって、控えめな人は話しかけられない、みたいな状況を想像しがちだけれど、そんなことではなく……。

単純に、「囲む会のメンバー」と会って、話をするのが楽しいから、森沢さんとは別のテーブルで勝手に盛り上がっている感じ。

(そんな常連メンバーのことを、「囲まないメンバー」と呼んでいるくらい(笑))

 

そんな、面白い会です。

 

で、その囲む会には、森沢さんの「虹の岬の喫茶店」を漫画化した天沼琴未さんも去年くらいから来られていて、一昨日は、初めてきちんと話ができた。

 

 

 

 

 

森沢さんにも久しぶりにサインをもらった。

(いや、ちゃんと本は出たら買っているんだけど、毎回、サインをもらいに行くのもなんか違う気がして……)

 

小説(原作)が好きだと、それの映画化とか漫画化に対して何か言いたくなってしまう、みたいな人も多いみたいだけれど、私は、「虹の岬」は、小説もいいし、漫画はさらにいいと思う。

 

森沢さんが描きたかった世界がしっかりと尊重されていて、さらにそれに天沼さんのセンスとか想いも載せられていて、より良くなっている感じ。

 

「虹の岬」は吉永小百合さん主演で映画化されているので、喫茶店のオーナーのイメージが吉永小百合さんになってしまっている人も多いと思うけれど、最初にちょっと「あれ?」と思っただけで、私は、琴未さんの描く女性の像はすっと入ってきたな(漫画では、普通の年配の女性として描かれている)。

 

 

で、今回琴未さんと話していて、見せてもらったのが、このイラスト。

 

これは琴未さんが、「虹の岬」を読んで、そこからイメージした映像をラフスケッチしたものだそう。当時、琴未さんは森沢さんと知り合いだったわけではなく、ただ一人の読者であり、Twitterのフォロワーだったとか。

 

でも、それをTwitterでアップしたところ、森沢さんがそれに気づいてくれて、その後、とんとん拍子に今回の漫画化に行き着いたというシンデレラストーリー。

 

琴未さんはもともと青年誌で漫画を描いていたのだけれど、精神的にしんどくなったのもあって、その仕事から離れていて、当時は、精神的にも仕事の状況としても、どん底に近い状態だったそう。

でも、森沢さんの小説に一読者として癒され、救われ、だから純粋にその世界を表現したいと思ってイラストにして、アップした。そうしたら、森沢さんとつながり、仕事にもつながった。

琴未さんは、「森沢さんとの出会いによって、すべてが本当に良くなっていった。このTwitterの投稿の日は、大事な記念日」と言われていたけれど、本当にそうなんだろうな。

 

最近、よく思うのだけれど、「こういう行動をしておいた方が、きっと後のためにいいだろう」とか「ここは押さえておかないと、あとでまずくなる」とか、人は計算で動きがちだけど、人生の転機って、そんな「計算」からは生まれないものの気がする。

 

もちろん、やるべきだと感じることはやったほうがいいけれど、本当に大事なことだけをやっていたら、あとの流れは、自然と生まれるんじゃないかな、と。

 

どうやったって、必要な人とは繋がるし、必要なことはやってくる。

 

チャンスの女神は前髪しかないとか言われるけれど、チャンスの女神は、気づいてもらえなければ、またぐるりと一周して、目の前を走ってくれる。

 

それくらい、本当は世界って優しい場所なんじゃないかと、なんか思うんだよね。

 

 

ということで、私にも、きっとそろそろどこかからいい話が……来たらいいなぁ(笑)

 

 

森沢さんもブログで、

「近い将来、このなかから小説家仲間が出る気がしています(^^)v」

と書いてくれていたし、頑張ろう~。

→ https://blogs.yahoo.co.jp/osakana920/72194435.html

 

★『虹の岬の喫茶店』のコミック、お薦め♪ 癒されるし、なんか想像力をかきたてられる世界観と空気感がある。

★プレゼント中!★
今、メルマガ登録頂いた方に、
「しあわせに生き、しあわせに働くための 10のステップ」プレゼント中!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
ライター・作家

東京出身・千葉県市川市在住

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

文章を書くのが仕事であり、趣味。純粋な趣味として、花や風景の写真を撮っています。

小説も書いています。文学賞受賞歴も多数あります。

>> 詳しいプロフィール
>> 「しあわせに生き、しあわせに働くための10のステップ」プレゼント!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です