他人のゴールを勝手に決めるな!

視聴率もいいそうで、あまりドラマを見ない私も『陸王』は楽しみに見ている。

今週は第6回の放送だったのだけれど、タイトルにある

「他人のゴールを勝手に決めるな!」

は、第5回放送で、こはぜ屋社長・宮沢(役所広司)が、息子・大地(山﨑賢人)に言う台詞。

 

なんか、この言葉、心に残った。

 

なぜ宮沢がこの台詞を言ったのかというと、大地が、過去に会社を倒産させた飯山や、足の怪我でスターの位置から転がり落ちてしまった茂木のことを、憐れんだ言葉を口にしたから。

 

大地も、悪気があったわけではなく、

「なんであんなに頑張っている2人が、そんなつらい目に遭ったりするんだ」

という想いで言ったのだけれど、

 

宮沢は、さらに広い視点で二人のことを見ていて、

「まだ2人とも、ここで終わったわけじゃない。これからがある」

という意味で、この言葉を伝えた。

いいシーンだった。

 

でも、この言葉が心に残ったのにはもう一つ理由があって、『陸王』の台詞が意図していたのとは違うと思うのだけど、

結構私たちって、人のことを勝手に判断していることが多いな、

って感じるから。

 

人に何かアドバイスしようとするとき、往々にして、人は、ずれたことを相手に言ってしまうように思う。

 

それは、他人には、人の「ゴール」が分からないから。

 

そして、相談する人も、迷っているといういうことは、自分で自分の本当の「ゴール」に気づけていないから。

 

 

たとえば、本当は一人でコツコツ何かを研究して、論文とかまとめたり、新しいことを発見したりすることが好きなのだけれど、今現在は、家庭教師の仕事で生計を立てている人がいた場合。

 

その人が、自分の心の声を無視して生きていたらきっと、人に相談する内容って、

「家庭教師の仕事だけで食べていきたいんだけど、自分で営業して、直接生徒を獲得する方法ってないかなぁ」

みたいなことになる。

 

で、そう訊かれた側は、

「教育関係の交流会に行くといいんじゃない?」

とか

「今はSEOを考えてブログを書くといいらしいよ」

とか、なにか知っている情報を提供しようと頑張る。

 

でも、このアドバイスって、本当に相手のためになっているのかと考えちゃうと、「なってる?!」って疑問が出てくる。

 

最近思うのは、「頑張っているのに、どうしても成果が出ない」っていう場合、努力の方向が間違っていることが多いんじゃないかな、ってこと。

 

あとは、方向はあっているんだけれど、自信がない、つまり自己肯定感が低いために結果がついてこない。

 

結果が出ない理由って、結局この2つだけなんじゃないかと最近思い始めた。

 

 

前にブログでも紹介した『きっと、うまくいく』という映画でも、3人のうち1人だトップの成績で、あとの2人は落ちこぼれなんだけれど、優秀な成績を獲っている1人があとの2人に言ったのは、

「お前は、いくじがないからダメなんだ。神頼みをやめれば結果が出る。

お前は、本当の情熱がここにはないからダメなんだ」

というような台詞だったけれど、今はなんかこの台詞がものすごく腑に落ちる。

 

と、脱線したのだけれど、結局言いたいのは、

自分が進むべき道を知っているのは自分だよ

ということ。

 

そして、

だから、人のことに余計な口出しをしたり、余計な気をもむより、まずは自分のことをちゃんとやろう!

ということ。

 

もちろん、アドバイスを求められたら、親切心で何か言っちゃうけど……、でも、最近は、表面的なアドバイスは問題をこじらすだけかもしれないな、という恐れは持って、アドバイスしたいなと思っています。

★プレゼント中!★
今、メルマガ登録頂いた方に、
「しあわせに生き、しあわせに働くための 10のステップ」プレゼント中!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
ライター・作家

東京出身・千葉県市川市在住

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

文章を書くのが仕事であり、趣味。純粋な趣味として、花や風景の写真を撮っています。

写真と「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」になる文章を合わせた本を来年あたり出版したいと思っています。

小説も書いています。文学賞受賞歴も多数あります。

>> 詳しいプロフィール
>> 遊部香のインタビューを受けたい方はこちら
>> 「しあわせに生き、しあわせに働くための10のステップ」プレゼント!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です