しあわせに生き、しあわせに働くための10のステップ・詳細解説

世界はあなたに優しいですか?

という問いで始まる冊子、「しあわせに生き、しあわせに働くための10のステップ」はお読みいただきましたか?

冊子では、「しあわせに生き、しあわせに働くための10のステップ」を各ステップ1ページで簡単にご紹介しました。

文字数としては5000字程度の短い冊子なのですが、

「とても癒された」

「今、悩んでいることのヒントがあった」

「家族にも読んでもらいたいと思った」

「温かい気持ちになれた」

「励まされた」

「自分が漠然と思っていたことが、整理されて文章化されているのに驚いた」

など、様々な反響をいただきました。ありがとうございます。

 

もしまだお読みでない方は、こちらから受け取れます!
 
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

(一応、メルマガ登録特典ですが、ダウンロードURLを受け取ってすぐにメルマガ解除もできますので、お気軽に)

 

しあわせに生き、しあわせに働くための10のステップ・詳細解説

で、冊子は「エッセンス」だけ集めたものなので、冊子にも、

※各ステップの詳しい説明は随時ブログでも更新しています。「ここはよく分からない」という部分がありましたら、ブログも覗いて頂けると嬉しいです。

と書きました。

 

でもそれだけでは不親切なので、一応、各ステップとどの記事が対応しているのかも書いていこうかな、と思い、この記事を作成しました。

「よく分からない」「ここでつまづいているんだよな」と感じる部分の理解を深めるために、活用いただけたら幸いです。

 

1.すべての答えは、自分のなかにあると知る

答えは自分の中にしかない

↑ この記事は、是非、読んでもらいたいものです!

他人のゴールを勝手に決めるな!

↑ 人のことは分からないという話を書きましたが、逆に言うと、自分のことは自分が一番知っているんだから、人のアドバイスなんて全部聞く必要なんてないよ、ということでもあります。

 

2.自分の内側にもっと意識を向ける

心の声に 耳を澄まそう

↑ 外からの刺激をシャットアウトする時間って大事、という話。

しあわせな人とは、自分で作れるちいさなことに、しあわせを感じられる人

↑ 自分と向き合ってみると、自分が今まで好きだと思っていたものと、本当に好きだと思っていることのずれにも気づけたりする。

凪……ぼーっとする時間を作ってみよう

↑ 悲劇は、自分の心の声を無視することから始まる

 

3.自分の心を大切にする

自分の評価は、いつだって自分で決められる

↑ 自分で自分にダメだしするのをまずやめよう。

大丈夫。それが「最善」だから。

↑ 今のままの自分を認めてあげよう

 

4.まずは自分をしあわせにすると決める

自分が良い状態でなければ、人なんて助けられないよ

↑ 結構反響があった記事。「いい人」ほど人を助けようと思って、自分が疲弊する。まずは自分を満たすことが先決。

ぱっと動けないときは、自分のハートに栄養を上げよう

↑ 上の続きの記事。

一緒にいて心地よい人と、疲れる人の違い

↑ 自分で自分をしあわせにできている人が、人をしあわせにできる人

 

5.できるところから行動に移す

「断る」ことで、自分との絆は深まる

↑ 断るというのには勇気がいるけれど、自分の心を大切にするためには「断る」ことも大事。

心の動く行動をしよう

↑ 自分の心が喜ぶことをやってみよう

 

6.自分の力を拡大させていく

思いこみを1つ手放すと、世界はまた1つ優しくなる

↑ これはダメ、あれはしたら大変なことになる、と思っているのは、ただの「思いこみ」かも。「思いこみ」をちょっとずつ外していこう。

 

7.自分にある力を認める

欠けているものなんて、ないよ

↑ 自分の心との対話が進むと、ありのままの自分がいとおしくなる。そうなったとき、自分の中に「欠けているもの」なんてないと気づく。

病気を治すのは薬じゃないよ

↑ 体に自然治癒力という力が本来備わっているように、心にも本来、すごい力が眠っている。

 

8.しあわせを感じる

しあわせとは心の状態のこと

↑ 今、この状態の自分に満足感を覚えることができれば、人はいつでもしあわせになれる。

 

9.欠けたものを埋めるためじゃなく、楽しむために生きる

多くの人は自分にはなにかが「欠けている」と思い、その欠如を補うために行動している。

でも、自分で自分の心を満たせるようになれば、「欠けている」ものなんてないと気づける。そうしたら、行動は楽しむためにすればいい、と気づく。

人と同じことができなくて あたりまえ。同じ人が一人もいないようにうまれてきたんだから

自分の心の真ん中がどこにあるか意識して生きる

 

10.世界ともつながる + そして流れに乗る

自分と深くつながれば、人ともつながる

↑ 自分の心と向き合う日々は、決して「孤独」でつらい日々じゃない。自分の心と向き合い、穏やかな心で過ごせるようになると、同じような波長で生きている、心地よい人たちとつながれるようになる。

しあわせな人は軽やか 自分が自由だって知っているから

↑ 自分を信じられるようになると、世界も信じられるようになる。なぜかは分からないけれど、そんなふうに「成長」している人が多いように感じる。

だからこそ、冊子の最初に問いかけた言葉になる。

「世界はあなたに優しいですか?」

これからも、このブログでは、多くの人が自分の可能性に気づき、そして世界の優しさとつながれるように、言葉を発信していきたいと思います。

 

★プレゼント中!★
今、メルマガ登録頂いた方に、
「しあわせに生き、しあわせに働くための 10のステップ」プレゼント中!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
ライター・作家

東京出身・千葉県市川市在住

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

文章を書くのが仕事であり、趣味。純粋な趣味として、花や風景の写真を撮っています。

写真と「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」になる文章を合わせた本を来年あたり出版したいと思っています。

小説も書いています。文学賞受賞歴も多数あります。

>> 詳しいプロフィール
>> 遊部香のインタビューを受けたい方はこちら
>> 「しあわせに生き、しあわせに働くための10のステップ」プレゼント!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です