自分にあるものは、すべて自分の強みだ

昨日は久しぶりに滋賀県の社労士仲間(私はもう社労士じゃないですが)に会った。

9年くらい前、前職の会社が主催する大阪のセミナーに遊びに行ったことがあり、そこで1回会っただけの人(笑)

Facebookで緩くつながっていたのだけれど、ここ数か月、「なにか同じようなことを考えている人の気がする」とお互い思った感じで、急接近し、再会に至った。

こういうのって、面白い。

今回は、SNSで分かりやすく距離を縮めた感じだけれど、そのとき会うべき人とか、波長が同じ感じになっている人とは、偶然再会したり、急にふっと思い出したりするものなんだろう。

自分の内側の情熱とつながる

そんな滋賀の社労士仲間・青山さんは、テレビのカメラマンを10年くらいしてから、社労士資格を獲ったという、変わった経歴の持ち主なのだけれど、さらに去年、数か月入院するような病を患ったのを機に、「自分が本当にしたいことは、こういうことだ!」という気づきがあり、今は、ストレングスファインダーコーチとして、また新しい領域に踏み出している。
(画像はfacebookから拝借)

私は、社労士の資格を獲ったものの、どうもその周辺の仕事には情熱が湧かない……という理由で、社労士資格を捨てちゃった人間なのだけれど、「周りの期待とか、目は、もういい! 私はやりたいことをやって生きていくんだ!」という、私の宣言に、同じ匂いを感じ取ってくれたらしい(笑)

青山さんも言っていたけれど、本当、自分の情熱とつながると、たいして苦もなく、周りからは「努力している」と思えることもできちゃう。でも、そこにつながっていないと、頑張っている割には空回りしちゃう(もしくは、全然頑張るエネルギーが湧かない)。

青山さんは、「自分が本当にしたいことは、手続きの仕事じゃなくて、もっと内側から会社を変えるようなことなんじゃないだろうか」と、本当にやりたいことに気づいたときのことを、

「モーゼが海を割ったときみたいに、さーっと目の前が開けた」

と言っていた。

私はどちらかというと、試行錯誤しながら、ちょっとずつ「あ、もう、これいい」と思っては捨て、「あ、こっちのほうがいい」と思っては、道を変え、じわじわ本来進むべき道を切り拓いて今に至った感じだけれど、病気とか、なにか大きなことをきっかけに気づきに至る人は、そんな感じなのかもなぁ。

 

陽明学の書にも書かれているらしい

最近、桑原先生下田先生も、私の尊敬する社労士の先生たちは、陽明学の勉強をしているのだけれど、青山さんも陽明学の講座に出るために、昨日は滋賀からわざわざ出てきたらしい。

そして、こう言っていた。

「陽明学にも、自分の内側とつながったことなら、ぱっと動けるというようなことが書いてある。昔の人も、そうやって内側の情熱とつながった人が、薩摩や長州から歩いて江戸まで来て、明治維新につながるような行動をしていったんだ」

つまり、歩いて薩摩や長州から東京に来ることを考えたら、新幹線で滋賀からセミナーのために出てくることくらい、大したことじゃないらしい!

本当、内側の情熱とつながれるかは重要だよね。

 

昔から陽明学の学者は、政治を動かしていた有名な人たちの参謀としてそばにいた

だから今、中小企業の社長の、一種の参謀としてそばにいる社労士も陽明学を学べば、中小企業が内側から良くなり、社会も変わるはずだということで、今、一部の社労士が陽明学を勉強しているそう。

 

私自身は社労士を捨てちゃった人間だけど、「ヒト・モノ・カネ」と言われる経営のなかで、「ヒト」にフォーカスした仕事を選んだ社労士には、本当に魅力的な人が多い。

そしてそんな、もともと魅力的な人たちが、さらに視野を広げて、社会のために動いているのだと思うと、なんか心強く、そして嬉しく思うなぁ。

 

強みは人それぞれ

青山さんがしているストレングスファインダーコーチングというのは、34の資質のうち、どれが優位に働いているかを診断して把握し、強みを伸ばし、弱いところを意識するというものらしい。

TOP5の資質だけでも、3,300万通りあるということで、つまり人はそれくらい多様で、違っていて当然だということなのだそう。

私などは、本当に色々な人に会ってきたからか、「そりゃ、みんな、違うよね」ということが実感として分かっているけれど、その違いが腑に落ちていない人がリーダーなどになると、

「なんで俺はできるのに。お前はこんなこともできないんだ」

みたいになっちゃうとか。確かにそうかも。

 

心理学でもコミュニケーションは、「相手と自分は別の人と理解すること」が最初の一歩と言われるけれど、そうだよなぁ。

 

違いを理解できていないと、「なんでお前は」ともなるし、「なんで〇〇さんは、あんな活躍しているのに、私は……」みたいにもなる。

得意なこともあれば、苦手なこともあって当たり前。

そう本音で思えたとき、人は自分のことを一つ、受けいれられるようにも思う。

 

青山さんが話していた言葉で、一番印象に残ったのは、こんな言葉。

「一つのことを長く続けてきた人には、その強みがあるけれど、僕のように色々なことをやってきた人間の強みは、たとえば社労士とコーチと映像とという3つのハーモニーを一人でも作れることだなと、今は分かった」

私も本当、キャリアチェンジしすぎて、我ながら意味不明な人生を歩んできたので、「この道一筋何十年」みたいな人に以前はコンプレックスを感じたりもしたけれど、最近はなくなったな。

一つ、深めてきた強みがある人は、それを誇りにすればいいし、そうでない人は自分のなかの「ハーモニー」に誇りを持つ。そんな考え方もいいよね。

「僕は、社労士をやりたい、コーチをやりたいと思っているわけじゃなくて、自分が持っているものを全部合わせて、会社や社会を良くすることをしたい」

みたいに言われていた言葉も、いいなと思った。本当、職業の枠にとらわれる必要もないよね。

人生、無駄なことなんて、何もないし、人の魅力は、本当、誰でも平等で、そして職業の名前一つでなんか表せないほど、深い。

なんてことを、確認しあえた、楽しい時間でした♪

 

★青山さんのストレングスファインダーのサイト★
http://strengthsfinder-coaching.com/

 

アイキャッチ画像はうちの稲ですが、「農家」もしている青山さんから、お米ももらっちゃいました。今年は自分でも田んぼ活動したし、お米を作っている人に随分会った年だった。そういう同じものが集まってくる感じも面白い。

 

★プレゼント中!★
今、メルマガ登録頂いた方に、
「しあわせに生き、しあわせに働くための 10のステップ」プレゼント中!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
ライター・作家

東京出身・千葉県市川市在住

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

文章を書くのが仕事であり、趣味。純粋な趣味として、花や風景の写真を撮っています。

写真と「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」になる文章を合わせた本を来年あたり出版したいと思っています。

小説も書いています。文学賞受賞歴も多数あります。

>> 詳しいプロフィール
>> 遊部香のインタビューを受けたい方はこちら
>> 「しあわせに生き、しあわせに働くための10のステップ」プレゼント!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です