欠けているものなんて、ないよ

 

ちょっと前、「心の動く行動をしよう」という記事で行動には2種類あるということを書いた。

 

それは、「面白そう、と心が動いたからする行動」「これをしておかないとまずいな、という恐怖からする行動」だと。

 

 

その記事を書いた後に、改めて思ったのだけれど、

「恐怖」とまではいかなくても、人が行動する動機の多くを占めているものに、

「欠けているものを補うため」

という理由もあるな、と。

 

 

振り返って考えてみると、私もそういう行動をたくさんした。

  • 今のままの自分ではダメな気がして、勉強をして、資格を獲る
  • 経験が不足していると思って、タダみたいな仕事をする
  • 人脈がないと思って、異業種交流会に行く

などなど……。

 

資格のために勉強するとか、一見ポジティブに見えるけれど、行動の動機が「欠乏感」なら、それは正しい方向に進むものじゃないなって最近は思う。

 

私が社労士資格を活かせなかった話は、もう何度もしているから、ここではしないけど(笑)

知りたい人は、このあたりをどうぞ。

私が社労士を辞めたわけ:資格で起業の落とし穴

 

素敵な仕事人インタビューも最初の頃は、「自分にはなにもわからないから、教えて下さい」というスタンスだった気がする。

 

それを、「なんでも素直に受け取る姿勢がいい」と言ってくれる人もいたけれど、今考えると、当時は、本気で自分のなかの「欠乏」を信じていて、だから素直になんでも受け取れたんじゃないかな、とも思う。

 

でも、インタビューの数をこなしたからかもしれないのだけれど、ちょっと立ち止まったときに、はっと気づいちゃったんだよね。

 

あれ? なんで私、自分のなかに欠乏があるって前提で動いているんだろう?って。

 

しあわせになる本当の答えを知っているのは私だし、

(同じように、あなたがしあわせになる答えを知っているのは、あなた)

自分の中に必要なものはすべてあるのに、なにを焦ったり、足りないと思ったりしていたんだろう、と。

 

そして、一度そう気づくと、「別に外からなにか自分の中に引っ張ってくる必要なんて、ないよね?」というところに落ち着き、必要(だと感じられる)行動がすごく減った。

 

 

最近、人に会うのは「何かを得るため」でも「何かを与えるため」でもないと思っている。

そうではなくて、共鳴とか、共同でなにかを創るのを楽しむためだなって。

 

共同で作るといっても、作品や仕事を作るのに限らず、新しいアイディアにたどり着くとか、その場の空気を良いものにするとか、そんなのも含めて。

 

人に限らず、気持ちよい自然のなかにいたら、その場の空気感と共鳴しているのを感じるし、行動するのは、そうやって心地よく共鳴できるものを探して、だな。最近は。

 

 

素敵な仕事人インタビューも、ただ「教えてください」みたいなのは、もういいかな、と思っている。

最近、どんどん過熱していって、1記事が1万文字とかになってきて(純粋に、私のせい(^^;))、色々な意味で重くなりすぎてきたので、もうちょっと、緩くいこうかな、と(笑)

 

その人の人生を全部聞くというより、今の想いを聴いて、それに対して自分はどう感じたという記事を書くとか、もっと対談みたいな形にするとか、かな。

 

さわとんと話した後に書いたこの記事くらいの感じ?

自分実験で「違和感センサー」が立つと、結果、自分への信頼度が高まる

しばらくは、今までの形でのインタビューは休んで、新しい形を探ろうかなとも思っている。

 

と、ちょっと脱線したけれど、「恐怖」じゃなくても、「欠乏」を感じて行動している人が多いなぁ(そして自分も本当、そうだったなぁ)と思ったので、書いてみました。

 

本当のしあわせって心の状態でしかなくて、だから、しあわせになるために、外からひっぱってこなきゃいけないものなんて、本当は何もないんだよね。

そして、「自分のなかにすべてがある」と思えると、逆に必要なものが、自分に流れ込んでくる。

世界ってそんな感じ。

 

★プレゼント中!★
今、メルマガ登録頂いた方に、
「しあわせに生き、しあわせに働くための 10のステップ」プレゼント中!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
ライター・作家

東京出身・千葉県市川市在住

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

文章を書くのが仕事であり、趣味。純粋な趣味として、花や風景の写真を撮っています。

写真と「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」になる文章を合わせた本を来年あたり出版したいと思っています。

小説も書いています。文学賞受賞歴も多数あります。

>> 詳しいプロフィール
>> 遊部香のインタビューを受けたい方はこちら
>> 「しあわせに生き、しあわせに働くための10のステップ」プレゼント!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です