人といて疲れるもうひとつの理由

 

昨日、「一緒にいて心地よい人と、疲れる人の違い」という記事を書いたけれど、かなり自分のことを棚にあげていた……(^-^;

 

でも、その記事で、

昔は誰と会っても(古い友達以外)疲れたんだけど、最近は、疲れずに会える人と、やっぱりすごく疲れる人と、区別はできてきたかな(笑)

と書いたのだけれど、「昔は誰と会っても疲れた」という部分に、実はもう一つの「人と会って疲れる理由」が隠れている。

 

 

だって、ブラックホール人間じゃない、相手に問題がない人と会っても、自分が疲れる訳だから、その場合、原因は自分の方にある!

 

 

つまり、実は人と会って「疲れるなぁ」と思った場合、原因の半分(以上)は、自分にある。

 

相手がブラックホール人間の場合は、多分お互いに。相手が満たされている人の場合は、自分の側に。

 

 

どういうことかというと、人と会って疲れるというのは、自分がブラックホールと化しているっていうこと!

エネルギーを吸われる側も疲れるけれど、エネルギーを吸いこもうとする側も、結構パワーが必要。

 

 

よく「外向的な人は、矢印が外に向いている。内向的な人は、矢印が内に向いている」と言われる。

私は典型的な「矢印が内を向いている」人間だった。

 

つまり、人と会っていても、「この人はどんな人なんだろう」という意識よりも、「この人にどう見られているのだろう」ということに意識が向いてしまっていた。

 

 

それって多分、自分にすごく自信がなかったからだと思う。

 

だから、大勢人がいるところに行くと、「自分はここにいてもいいのだろうか」と思い、一対一で人と話していると、「自分なんかと話していて、この時間はこの人にとって価値があるんだろうか」と考えていた。

 

そして、不安だから、相手から「楽しかった」とか「会えてよかった」とか、そんな言葉を求めていたんじゃないかな、と思う。

 

それって、むちゃくちゃ、ブラックホール!!(笑)

 

 

ま、今も完全にそれを克服できたわけじゃなく、やっぱり大勢人がいるところは苦手だし、そういう場だと無意識に下半身に力が入っているみたいで、あとでふくらはぎがだるくなる(自分でも、意味が分からないんだけど(^-^; でも旦那は、「飲み会の時は、ずっとジョッキを握っているからか、あとで腕が痛くなる」と言っていた(笑))。

 

でも、インタビューを本当たくさんの人にさせてもらってきて、最近は純粋に「この人はどういう人なんだろう」「どんな経験があって、ここに辿り着いたんだろう」という興味が湧くから、内側にベクトルを向ける余裕がなくなってきた感じかな。

 

気づいたら、自分が相手にどう見えているかという意識は薄くなっていた。

 

 

でも、やっぱり「会うとすごく疲れる人がいる」というのは、自分自身にもまだ原因があるなと思う。

本当に満たされていて、外にエネルギーを普段から発散している人だったら、相手に吸われる前に、相手に必要なものを自然と与えられているはずだからね。

 

 

 

ということで、私もまだまだ日々反省な段階です。

でも、ブログでは、偉そうなことも発信します!(笑)

 

ただ、「人といて疲れる」というのと、「一人でいる時間が大事」というのは、全然違う次元の話だと思っている。私は「人といても疲れない人」になりたいとは思っているけれど、それでも、一人でいる時間は、多分ずっと好きだと思うし、大事にしたいとも思っている。

 

★プレゼント中!★
このブログのエッセンスをぎゅっと凝縮した
「しあわせに生き、しあわせに働くための 10のステップ」プレゼント中!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
ライター・小説家

東京出身・千葉県市川市在住
早稲田大学第一文学部卒

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

★小説家としては「九州さが大衆文学賞」「坊っちゃん文学賞(佳作)」などの受賞歴、佐賀新聞連載・小説NON掲載などの実績があります。

★ライターとしては、社会保険労務士の知識を活かし、産経新聞や人事系雑誌に執筆、共著出版などの実績があります。

>> 詳しいプロフィール
>> 「しあわせに生き、しあわせに働くための10のステップ」プレゼント中!
>> オフィス言の葉サイト