一緒にいて心地よい人と、疲れる人の違い

今日は、素敵な仕事人インタビューも受けてくれたイラストレーター・茶谷順子さんの個展に行ってきました。

茶谷さんとは会うの、今日で4回目ですが、なんかずっと前からの友達のような感覚でつきあえる、好きな人の一人。

絵もこんな感じで、ほっこりできて、あったかい。(絵葉書と付箋を購入♪)

飾ってあった絵も素敵だったけれど、オーダー絵画もあるらしく、自分たち家族3人の写真を渡して、そこからイメージしたものを描いてもらえたりしたら、なかいいかも~、なんても思ったな。

でも、髪のないこの子たちだから可愛いのか……??
★茶谷さんの個展情報はこちら
https://www.jchatani.com/

疲れそうなところとは距離をおいている時期

このブログもちゃんと読んでくれているという茶谷さんには、なぜか「香さん、疲れているのかなと思った(けど、元気そうでよかった)」みたいに言われたのだけれど……そうかな?(^-^;

文章が短くなったからでしょうか???

 

でも最近、省エネモードで生きているような気はしている。

そんな無理しなくていいじゃん、と。

今まで、「5」エネルギーが必要なところにも、「10」必要なところにも、全部に「10」注ぎ込もうとしていたのを、「5」のところは「5」に留めている感じかなぁ。

 

人付き合いもSNSとの付き合い方もそうで、ちょっとでも「疲れそう」と思うところからは、距離を置くようになった。

でも、今は色々自分のなかの変化を試している時期の気もする。

 

ちょっと外と距離を置いて、内側に力を溜めたら、もっとたくさんの人と疲れずつきあえるようになって、色々なことを「力は抜いていて、心は込めて」スムーズにできるような気がする。

一緒にいて心地よい人と、疲れる人

そう、あと、昔は誰と会っても(古い友達以外)疲れたんだけど、最近は、疲れずに会える人と、やっぱりすごく疲れる人と、区別はできてきたかな(笑)

一緒にいて疲れる人って、一見、自信満々にみえて、パワーにみなぎっていても、なんか多分、奥の方にものすごい欠如感を抱えている。

その欠如感が、ブラックホールみたいに私のパワーも吸い込んでいくから、疲れちゃうんじゃないかなぁって。

最近は、なんかそんなイメージがある。

※「そんなことないって言って」というのは、「どうせ私は〇〇だから」とネガティブなことを言って、否定してもらうのを待つような感じ。それは結構、欠如が分かりやすいタイプだけど、自信満々に見せて「すごいって思ってくれ」というのも、やっぱり欠如。

 

一方で、茶谷さんは、口では「お金もあんまりないし~、頭もないし~、あるのは、優しい友達くらいだよ~」とか言っていたけれど、なんか、ちゃんと満たされている感じがして、だから安心して話ができる。

適当な図だけど、こんなイメージ。
(よく見ると、すごい歪んでいる(^-^; なんちゃってA型だからなぁ)

内側を自分で満たせるから、外から何かを引っ張ってこようとはせず、逆に人に与えられる感じ。
「自分が良い状態でなければ、人なんて助けられないよ」という記事でも書いたことと近い)

 

女性起業家とか、SNSでキラキラした投稿をしているけれど、その奥にブラックホールを感じることもある(^-^;

前にライフコーチのNaokoさん

直子さん

「みんな、美しいから、その人に会いたいと思うのかな? 完璧だから素敵だと思うのかな?

本当の魅力は、陰影や凸凹にあるんじゃないかと私は思っている。

と言われていたけれど、飾れば飾るだけ、なんか本人の「隠したい」という想いが透けて見えて、逆に見ているこっちが苦しくなっちゃうような……、最近、そんな感じ。

 

そうやって、「こういうの、疲れる」「疲れるから、やめた」という発言が最近多いから、やっぱり疲れているように見えるのだろうか(笑)

 

外に見える行動的には、かなり低空飛行状態ですが、本人の心の状態は良く、ひきこもりながらも、最近、精力的に小説を書いています♪ やっぱり小説とか、好きな文章を書いているときが一番、しあわせ(^^)

★この記事の続き記事もあります。「人といて疲れるもうひとつの理由

★更新情報はメルマガで!★
しあわせに生き、しあわせに働くヒントを、メルマガでもお届けしています。
今なら素敵な仕事人から学んだ「しあわせに働くヒント集」を無料プレゼント!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
インタビューライター


千葉県市川市を拠点に「インタビュー記事作成」「WEB文章設計・ライティング」などをしております。

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

文章を書くのが仕事であり、趣味。純粋な趣味として、花や風景の写真を撮っています。

写真と「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」になる文章を合わせた本や、素敵な仕事人の名言を集めた本を出版したいと思っています! 出版社とつなげてくれる方がいたら大歓迎♪

>> 詳しいプロフィール
>> オフィス言の葉のサイト
>> 遊部香のインタビューを受けたい方はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です