自分と深くつながれば、人ともつながる

 

昨日「モニタリング」で、メンタリストDaiGoさんが、相手が選んだカードを当てる挑戦をしていて、面白かった。

 

将棋の名人・加藤一二三さんは、2連敗したのだけれど、俳優の小泉孝太郎さんは、2戦目で1勝した。

 

DaiGoさんの、
「こうやって舌を出すのは、嘘をついたとき」とか
「負けず嫌いの人はここにカードを置きやすい」とか、
そういう分析もさすがだったのだけれど、


その前に、小泉孝太郎さんは、
「DaiGoさんは裏を読んでくるだろうから、僕は素直にいきます」
と宣言。

 

実際2戦目のときには、秋の食べ物を本当に自分が好きな食べ物の順番に並べた。


でも、普通の人は、自分が本当に好きな順番でなく、
あくまで勝負として順位を考えて、カードを置くから、
DaiGoさんはそこに惑わされ、2戦目は敗北したみたい。


それが、すごく面白いな、と思った。



今は、大部分の人が、感覚とか想いでなく、頭で考えて行動してる。


そういう世界では、たくさんの知識や経験がある人が、強い。


たくさん本を読んだり、必死に受験勉強をして成果を出した人が評価されるのは、
そういう世界だから。



でも、みんながもっと心で生き始めたら、どうなんだろう。

 

心理学者ユングの説に「集合的無意識」という考え方がある。

集合的無意識

一人ひとりに顕在意識があり、その下に無意識があるというのは、誰でも認めている知識だと思うけれど、無意識をもっと深く掘り進めていくと、人間全員、同じ根っこでつながっている、と。

 

だから、田園風景を見ると、田舎で育った人でなくても「懐かしい」と感じたりするし、「あ、この人に連絡しようかな」と思ったときに、相手から連絡が来るようなシンクロニシティが起こったりする。



自分の心に従って動いている人の行動は、知識や理論で勝負している人には、「読めない」「意味不明」な行動に見えるだろう。


でも、知識や分析は外に置いておいて、自分も心の声を聴いて生き始めたとき、きっと「あぁ、分かる」となるはず。

 

 

そして、そういう方向にもっと世界が進んでいったら、言語がなくても、かなりの部分まで、人は人とコミュニケーションできるんじゃないだろうか、と思ったりする。



前の「自分が進むべき方向は、自分の心が一番知っている:文章の「職人」として生きる決意表明」でも書いたけれど、人は言葉によってコミュニケーションしているように見えて、実は、その言葉に載せた想いでやりとりしているにすぎないと思うから。




私は、知識で人の考えを読もうとか、スキルで人を思いのままに動かそうとか、そういう思想は嫌いだけれど、でも昨日のDaiGoさんの潔い負け方は、なんか良かったな。


ま、まだまだ言葉なしに人と人がコミュニケーションできる世界は先の話だろうから、今は適度な知識やコミュニケーションのスキルも必要なのだと思うし。



でも、今日思ったのは、自分の内側をしっかり見つめる先にある可能性。


自分の潜在意識のさらに奥に、心地よく人とつながれる可能性がある。


 

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
インタビューライター


千葉県市川市を拠点に「インタビュー記事作成」「WEB文章設計・ライティング」などをしております。

が、このブログは8割がた趣味で運営しています(笑)

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

文章を書くのが仕事であり、趣味。純粋な趣味として、花や風景の写真を撮っています。

写真と「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」になる文章を合わせた本や、素敵な仕事人の名言を集めた本を出版したいと思っています! 出版社とつなげてくれる方がいたら大歓迎♪

>> 詳しいプロフィール
>> オフィス言の葉のサイト
>> 花の写真はインスタグラムで更新中

★遊部香からのお知らせ★
あなたを魅力的に見せるインタビュー記事を執筆します!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です