大丈夫。それが「最善」だから。

 

すごく前のブログにも書いたけれど、

「人は皆、自分の最善を尽くしている」

という言葉、なんかいいな、と思う。


こういうふうに思うと、ちょっと冷静になれる。

人に対してもそうだけれど、自分に対しても。

 

 

たとえばちょっと体調がすぐれなくて、頑張れないとき。

そういうときは、頑張らずに、休むのが「最善」かもしれない。

 

 

未来を決めきれなくて、迷いのなか、立ち止まってしまうとき。

それは、立ち止まって、手を止めて、考えるのが「最善」かもしれない。

 

 

動いていない、進んでいない自分に、「こんなでいいのか?」と思いがちだけれど、これが、今の「最善」だと、認めてあげる。

 

「これでいいんだ、今は」と言ってみる。

 

そうすると、ムダな力が抜ける。



そうやって力を抜いて、リラックスしたほうが、よいアイディアも浮かぶし、体調も早く良くなるだろう。


大丈夫。あなたは、今できる、「最善」をちゃんと選択している。

 

 

★プレゼント中!★
このブログのエッセンスをぎゅっと凝縮した
「しあわせに生き、しあわせに働くための 10のステップ」プレゼント中!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

ライター・小説家
東京生まれ。千葉県市川市在住
早稲田大学第一文学部文芸専修卒

「九州さが大衆文学賞」大賞(小説「NON」に掲載。佐賀新聞に連載)・「坊っちゃん文学賞」佳作・「さいたま市スポーツ文学賞」大賞・「伊豆文学賞」佳作など

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

>> 詳しいプロフィール