凪……ぼーっとする時間を作ってみよう

昨日の新聞に、「自分が性同一障害だと思いこんで、戸籍上の性別を変えてしまったけれど、戻したいという人が出てきている」という記事が載っていた。

新聞の記事の要旨は、「だから、戸籍上の性別を戻す制度も作るべきだという議論が始まっている」ということなのだけれど、ちょ…ちょっと待った!と思った。

 

戸籍上の性別を変えるための条件に、手術で性転換を行っているということが入っている。

ということは、戸籍上の性別は戻せたとしても、手術してしまった体は戻らないわけでしょう?

それのほうが、大変なことだよね?!と。

 

そもそも、実際には性同一性障害でないのに、「自分は性同一性障害だ」って思いこんじゃうってどういうこと?!って思うのだけれど、朝日新聞の記事で紹介されていたのは、下記のような事例。

「子供の頃から吃音があり、周りとなじめなかった。性同一性障害の人の集まりに参加するようになり、周囲となじめない『自分もそうなんだ』と思いこんでしまった」

なるほど……。

 

確かに、すごく分かるんだけど、なんか、これって、すごくまずい。

外にしあわせを求めても……

これって、「今の状態」「今の自分」に満足できない人が、

「もっといい仕事につけたら」「素敵な人と結婚できたら」「子供を授かったら」「年収〇万円になったら」「立派な家を手に入れたら」「資格を獲ったら」「〇〇を手に入れたら」

幸せになれる!

 

って思うのと、同じ構図なんだけれど、「内(今の自分)」を否定して、「外」にばかり何かを求めても、「内」は満たされないままのことが多い。

(本当の性同一性障害の人は、手術をして、戸籍を変えることで、自分の内側とのバランスが取り戻せるわけだから、もちろん、ポジティブな行動だと思うけれど)

 

若者のストレスの原因

最近の若者は昔よりストレスが多いとよく言われるけれど、その原因は、「内」を見つめる時間があまりにもない環境のせいなんじゃないかと思う。

たとえば買い物のレジの順番を待つとか、信号を待つような時間。常に本を持ち歩いていた私でも、さすがにこんな短時間では本を取り出したりせず、ぼーっとしていた。

 

でも今は、そんな隙間時間でも、みんなすぐに携帯を取り出す。

そして大抵は、ネットやSNSをチェックする。そして、外部の刺激を常に入れ続ける。

 

そうやって、外部の刺激を入れ続け、自分の感情や思考と向き合う時間をとることなく日々を過ごしていくと、外の情報が「正しい」ものになり、自分の中に判断の基準がなくなっていく。

 

そうすると、自分が好きな色、好きな食べ物、本当に一番好きなこと、これだけは譲れないと思うポリシーみたいなものも……どんどん「自分」の感覚が薄れて、分からなくなっていく。

 

その最たるものが、「自分の本当の性別さえ分からない」という状態なんじゃないか、と。

 

 ぼーっとする時間も大事

現代社会は忙しいから、「ぼーっとする」なんて、一番の時間の無駄遣いに見えると思う。

でも、外からの刺激を入れず「ぼーっとする」(ぼーっとするのに罪悪感があるなら、座禅を組んでも、ヨガをしてもいいけど)時間こそ、自分とつながり、自分の感情や思考を整理する大事なチャンスなんじゃないかな、と最近思ってきた。

 

眠っているあいだに知識が整理されるとは聞くし、時間を置くことで激しい感情は収まるだろうけれど、睡眠時間以外に、感情や思考を整理する時間も必要。

 

本当にいろいろあって頭が混乱しているときは、ノートなどに思いを書きつけるのがお薦めだけれど(最初は別にまとめようとせず、ただ思いついたことを書き殴るだけでOK)、ぼーっとしているだけでも、「あのとき腹が立ったのは、あの人のこの言葉を、自分がこう感じたせいだな」とか「じゃあ、今度は冷静に、あの人にはこう返事をしよう」とか、ある程度は考えがまとまる。

 

そういう感情の整理をしないで、「あーむかつく」とだけ思いながら、SNSを見ていると、さらに「あー、この人はハワイなんかにいるのか、羨ましい」「あーこの人は、こんないいものを食べているのか、羨ましい」「あー、この人にはこんなに『いいね!』やコメントがついている、自分にはあまりつかないのに」とか、より一層、思考を混乱させてしまう。

 

頭が疲れている気がしたら、たまには何もせず、ぼーっとする時間を作ってみるといいと思う。

ランニングみたいな、あまり思考を使わず、単調なことを繰り返す運動もいいかも。

私は大学生の頃に一番最初のサイト(ホームページ)を作ったのだけれど、そのタイトルは「凪」というものだった。

凪というのは、風が止まる時間。

その言葉に込めたのは、

「たまには立ち止まってみよう。そうすることで、大事なことが見えてくるよ」

というメッセージだった。

 

外の成功を追い求め、自分が本当に望むものを描く暇もなく動き回っている人が、当時身近にいて、その人に向けて発したかったメッセージ。

 

それがちょうど20年前の1997年だった。

私が発信したいメッセージは、一回りして、またここに戻ってきたのかもしれない。

これは今も「凪」サイトのトップページに使っているもの。「凪」に雲が流れていくのかは疑問だけど(笑) 気分で写真とコメントを変えながら、トップページの画像にしていた。

これもまた、今やっていることと変わらない。

色々あって、色々身に着けて、でもそぎ落として、元の自分に戻ってきたのかもしれない。人間、核の部分はそう変わらない。

それを否定せず、大事にしてあげることが、本当はしあわせになる一番の道。

★更新情報はメルマガで!★
しあわせに生き、しあわせに働くヒントを、メルマガでもお届けしています。
今なら素敵な仕事人から学んだ「しあわせに働くヒント集」を無料プレゼント!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
インタビューライター


千葉県市川市を拠点に「インタビュー記事作成」「WEB文章設計・ライティング」などをしております。

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

文章を書くのが仕事であり、趣味。純粋な趣味として、花や風景の写真を撮っています。

写真と「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」になる文章を合わせた本や、素敵な仕事人の名言を集めた本を出版したいと思っています! 出版社とつなげてくれる方がいたら大歓迎♪

>> 詳しいプロフィール
>> オフィス言の葉のサイト
>> 遊部香のインタビューを受けたい方はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です