「断る」ことで、自分との絆は深まる

「NOと言えない日本人」とはよく言われるけれど、私も「断る」ことが苦手。

フリーで働いているから、色々調整はしないといけないし、そのなかで断ることもあるのだけれど、あやふやな態度をとって、「向こうから断ってくれないかなぁ……」と期待したりすることも多いかも……

 

なんだけど、最近、自分の心と向き合い、「今、自分はどう感じているのか?」と自分の感覚に意識を集中するようにしているので、自分の感じ方に対する感度がすごい強まってきた。

 

それで、今までは、なんか気乗りしなくても「やったほうがいいよなぁ」と思うことは、重い腰を上げて、やっていたのだけれど、

「そういうことは、もうできない!」

という感じになってきている。

 

草刈さんがインタビューで、「もうお金では動けなくなっている」と言っていたけれど、それに近い感覚なんだろうな。
(私はまだ、自分が思っている倍以上の金額を提示されたら、嫌でもやっちゃうかもだけど(笑))

 

で、この1か月で数回、自分にとっては結構勇気を振り絞って、「断る」という選択をしたことがあったのだけれど、その結果、分かったことが色々あった。

それはこんなこと……

 

自分が「断る」のを恐れている理由

  • これを断ることで、他の仕事の依頼に響かないだろうか
  • その先にあるチャンスを自ら潰すことにならないだろうか
  • 断るということは、流れを止めることで、自分がしてはいけないことではないのだろうか

 

結局、この視点で思っているのは、「自分には力がない」ということ。

大きな流れに従うのが、自分がすべきこと、と無意識のうちに考えていることに気づいた!

 

だから、実際に断る前の、「断ろう」と決めた時点で、自分の内に力が戻ってきたのを感じた。

そうか、選択権は自分にあるんだ!と。
(もちろん、相手にもあるけれど、自分にも自分の領域分の選択権がある)

この気づきは大きかったな。

そして、いまのところ、断ったことによる弊害は何もおきていない。

 

断ってみて分かったこと

実際、断ってみて分かったのは、
「嫌だな」という自分の気持ちに正直になって行動することは、
自分との信頼関係を強くするものだな、ということ。

 

仕事や誘いを断ることで、相手とのつながりは切れたり、浅くなったりするかもしれない。

でも、本当に大切な自分との関係は良くなる。

 

本当にお互いにとって必要な人だったら、ちょっと頼みを断ったくらいで関係は切れないと思うし、誰よりも一番関係の深い「自分」のことを、ちゃんと尊重してあげてもいいよね。

 

以前のブログの記事で、

「自分で自分をどう扱うかによって、人は他人に、自分をどう扱ってほしいか暗に伝えている」

という言葉を書いたけれど、人に敬意をもって接してもらいたいと思うなら、まず、自分で自分を敬意をもって扱うべき。

 

そして、自分自身の選択をしっかり尊重してあげられる人は、人の選択も尊重してあげられる。

つまり、依頼を断られても、「あぁ、そうか、これじゃあ、条件が合わないよね」とか「これはあまり心が動かない誘いだったね」とか考えて、深刻にならず、スルーできる。

 

お互い、断ったり、断られたりすることにストレスを感じなければ、人に頼むことも楽になる。

ちょっと助けてもらいたいことがあったときに、気軽に頼める。

そうすることで、世界は広がる。いいことだらけだ。

 

★プレゼント中!★
今、メルマガ登録頂いた方に、
「しあわせに生き、しあわせに働くための 10のステップ」プレゼント中!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
ライター・作家

東京出身・千葉県市川市在住

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

文章を書くのが仕事であり、趣味。純粋な趣味として、花や風景の写真を撮っています。

写真と「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」になる文章を合わせた本を来年あたり出版したいと思っています。

小説も書いています。文学賞受賞歴も多数あります。

>> 詳しいプロフィール
>> 遊部香のインタビューを受けたい方はこちら
>> 「しあわせに生き、しあわせに働くための10のステップ」プレゼント!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です