自分の評価は、いつだって自分で決められる

自己肯定感を高めたい、もっと自分に自信を持ちたいという人はたくさんいる。

そういう人の多くは努力家で、

・この資格を手に入れられたら
・年収が○万円になったら
・もっと良い地位を手に入れたら
・子供を産んだら……

自分にもっと自信が持てるようになるだろうと考える。



でも、そういうふうに考える時点で、あなたは今のあなたにダメ出ししている。

その資格がない、その稼ぎがない、その地位がない自分ではダメだって。



自分の自己肯定感を下げているのは、周りの人じゃなくて、あなたのそのダメ出しだって、まず気づこう。



ちょっとずつでいい、リハビリだと思って、少しずつ、今の自分を認めてあげる。



疲れていて頑張れなかった日の自分も、些細なことイライラしてしまった日の自分も、困っている人に手を貸す余裕がなかった日の自分も、弱音を吐いてしまった日の自分も……。

自分で自分を認める。



同時に自分のちょっとわがままに思える欲求も可能な範囲で叶えてあげる。



そんなことをコツコツ続けていって、今まで、嫌だなと思っていた自分の一面も自分の大事な一部だと思えたとき、人からの評価が前より気にならなくなっている。

別に、資格も、すごい稼ぎも、地位も、なければないでいいか、と思えてくる。



そう心から思えたとき、「自己肯定感」も上がっていることに気づく。



そして、自分を認められるようになったあなたは、自然と魅力を発し始め、人からも評価され始める。その結果として、以前、切望していたものを、軽々と手に入れたりもする。

でも、その頃になるとあなたは「あぁ、手に入ったな」とだけ思う。
以前のように切望したり、執着していないから。



自己肯定感をあげるために切望したものは、手に入らない。それは、分不相応だから。



だから、外に求める前に、まず、内側だよ。

★プレゼント中!★
今、メルマガ登録頂いた方に、
「しあわせに生き、しあわせに働くための 10のステップ」プレゼント中!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
ライター・作家

東京出身・千葉県市川市在住

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

文章を書くのが仕事であり、趣味。純粋な趣味として、花や風景の写真を撮っています。

写真と「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」になる文章を合わせた本を来年あたり出版したいと思っています。

小説も書いています。文学賞受賞歴も多数あります。

>> 詳しいプロフィール
>> 遊部香のインタビューを受けたい方はこちら
>> 「しあわせに生き、しあわせに働くための10のステップ」プレゼント!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です