しあわせな人とは、自分で作れるちいさなことに、しあわせを感じられる人

自分がしあわせを感じるときって、どんなときなのだろう?

と、改めて考えてみた。

 

最近は、そんなふうに、自分の心と対話している時間が多い。
8月頃からあえて、そうしている。

予定は積極的に入れず、時間の余白を作っている。

 

外からの刺激を減らして、
人と会っているときも、「今、自分はどう感じているのか」と、
できるだけ自分の心を観察してみてきた。

 

そうすると、結構おもしろくて、
自分が今まで好きだと思っていたこととか、信じていたことが、
案外、そうでなかったと気づけたりする。

 

人の期待に応えようと頑張ってきた人とか、
人の目が気になる人ほど、
自分に目を向けることが少ないから、
自分に対する認識が間違ってしまうんだと思う。

 

でも、だからこそ、意図的に、
意識を外でなく、内に向けてみるって、
おもしろい。

 

「自分は今、どう感じている?」って
常に自分に問いかけていると、
「相手は今、自分をどう見ている?」という疑問を
差しはさむ余地がなくなってくる。

 

自分の「今は心地いい」という感覚を大切にすると、
本当に自分に合うものが分かってくる。

そして、少しずつ、自分の本当の核を取り戻していき、
「自分」が自分の中でクリアになる。

それって、大事。

 

魅力的で、人を引きつける人って、
自分で自分の好きとか、自分の核をしっかり分かっていて、
その核の自分を生きている人だと思うし、
人にいい影響を及ぼせるのも、
そういう核がしっかりしている人だと思うから。

 

そうやって、自分の感覚を大切にして過ごしてきて、
いろいろ分かってきたことがあるけれど、

自分がしあわせを感じるときって、

  1. 緑のなかにいるとき(特に大きな木がある公園が好き)
  2. きれいな花の写真を撮っているとき
  3. フロー状態で文章を書いているとき
  4. ごきげんな息子と遊んでいるとき(ふきげんな息子は却下(笑))
  5. 自分の文章や写真をいいと言ってもらったとき

なのかなぁ、って思ってきた。

 

で、1~3の状態って、一人で勝手に作れるものだなぁ、と。

 

たとえば賞とか、大きなお金とか、人からの承認とか、
そういうものを「しあわせ」の基準にしちゃうと、
なかなかしあわせになれないけれど、
しあわせって、もっと簡単に作れるものだよね。

 

特に私の「1」とか、
本当に好きなのは、立川の昭和記念公園くらい大きな公園だけど、
マンションのすぐ隣にも小さな公園があって、
イチョウと桜の木が生えていて、藤棚もあって、
その藤棚の下で、10分くらい、ぼーっと空を見上げると、
なんかそれでも、しあわせかも、なんて思った。

 

しあわせな人とは、小さなことでしあわせを感じられる人。

さらに言えば、その小さなことを、自分で作れる人。

しあわせな人とは、 自分で作れる小さなことに しあわせを感じられる人

 

今日は、こんな文章の書き方が心地よかったので、
そうしてみた。
次回はまた変わるかも(笑)

写真に入れる文字を、手書きにできたら、
もっといいなぁ~。
いずれ、検討っ!

★プレゼント中!★
このブログのエッセンスをぎゅっと凝縮した
「しあわせに生き、しあわせに働くための 10のステップ」プレゼント中!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
ライター・小説家

東京出身・千葉県市川市在住
早稲田大学第一文学部卒

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

★小説家としては「九州さが大衆文学賞」「坊っちゃん文学賞(佳作)」などの受賞歴、佐賀新聞連載・小説NON掲載などの実績があります。

★ライターとしては、社会保険労務士の知識を活かし、産経新聞や人事系雑誌に執筆、共著出版などの実績があります。

>> 詳しいプロフィール
>> 「しあわせに生き、しあわせに働くための10のステップ」プレゼント中!
>> オフィス言の葉サイト



ABOUTこの記事をかいた人

遊部 香

オフィス言の葉代表・起業家支援ライター 「あなたの想いを 届く言葉に」をモットーに、主に起業家の文章支援をしています。