人と同じことができなくて あたりまえ。同じ人が一人もいないようにうまれてきたんだから

 

ちょっと前に「きっと、うまくいく」という映画を見た。

「インドの未来を担うエリート軍団を輩出する、超難関理系大学ICE」を舞台にしたコメディ。コメディだけど、学歴社会への批判がしっかり込められている傑作。

3人の仲間のうち、教授から目をつけられている一番の問題児(ランチョー)は、成績優秀で、いつも1番を取っている。他の2人は頑張っているのに、いつも成績は一番下。

 

そんな成績下位の友人に、ランチョーが言った言葉が心に残った。
※うろ覚えのセリフなので、正確ではないです。

僕は科学に底知れぬ情熱を持っている。だから良い成績が取れる。

でも、お前の情熱は、科学にはない。他のところにある。ただそれだけのこと。

 

人は、情熱を持てることに取り組んだとき、恐ろしいほどの力を発揮する。

でも、多くの人は、自分の情熱の向かう方向に、進んでいない。

それは、周りからの期待があり、周りの人の目があるから。

 

そして、情熱のないところで頑張っては、

「なんで、うまくできないのだろう。

なぜ自分は、他の人のようにちゃんとできないのだろう」

と、思う。

 

でも、それが、本当は当たり前。

 

誰も他の人のようには、本当はできないし、生きられない。

器用な人はそれができちゃったりもするけれど、でも、やっているうちに心の渇きに気づく。

 

地球上のすべての人が、心から愛した人と結婚したいと思っても、そう大した争いは起きないように、みんな嗜好は異なっている。

だからきっと、みんなが心から情熱を傾けられることを仕事にしようとしても、今ほどゆがんだ世界にはならない。

 

一つ一つ違ったピースがぴたっと一つの世界を作り出すパズルみたいに、一人一人が情熱に導かれるまま進んでいけば、今より争いは減り、みんな、もっと満足いく生き方ができるようになり、世界だって、もっと素敵に輝くんじゃないだろうか。

 

「なんで、みんなみたいに、ちゃんと、できないのだろう」

「なんで、あの人みたいに、うまくできないのだろう」

そう思ったときは、もしかしたら間違った方向に進んでいるという合図なのかも。

 

あなたにはもっと、あなたの才能を発揮できる場所がある。

 

 

★プレゼント中!★
今、メルマガ登録頂いた方に、
「しあわせに生き、しあわせに働くための 10のステップ」プレゼント中!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
ライター・作家

東京出身・千葉県市川市在住

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

文章を書くのが仕事であり、趣味。純粋な趣味として、花や風景の写真を撮っています。

写真と「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」になる文章を合わせた本を来年あたり出版したいと思っています。

小説も書いています。文学賞受賞歴も多数あります。

>> 詳しいプロフィール
>> 遊部香のインタビューを受けたい方はこちら
>> 「しあわせに生き、しあわせに働くための10のステップ」プレゼント!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です